ブログ発表の場を移しました。今後はSNSとの連携等の機能面において、より優れたブログサービスで、皆様に小泉の意見をお伝えしてまいります。
    今後ともよろしくお願いいたします!!

    http://www.koizumikazuma.jp/
    または
    https://nagano-koizumikazuma.blogspot.jp/


    保健所共同化を断念

    小泉の主張が通った。
    本日午前中、長野県を含めた自治体との会議の席で、長野市は県との保健所共同設置検討を打ち切ると通告。午後には市議会福祉環境委員会でその旨の説明があった。市民の宝である長野市保健所を、「売れ」と迫る長野県庁の暴論を、市はついに排撃したのだ。
    1999年、中核市を目指すと決めたとき、市民の生命と健康を自らが守る決意で、県から独立した独自の保健所を設置したのが、我らが長野市だ。その経緯に照らせば、また地方分権の潮流に沿えば、これを半分よこせと言う長野県庁の厚顔無恥な言い分を聴く義理など、長野市には毛ほどもない。それなのに、加藤市長は平成27年10月、県庁で阿部守一知事の言うがまま、軽率にも保健所共同設置の検討を約束してしまった。
    「1年やってできないものは、2年やってもできない」と加藤市長はしばしば口にする。しかしこの件はなぜか例外だったようだ。この間、予定されていた市と県の中間とりまとめもできない状況下で、県は周辺市町村を巻き込んだ圏域会議を6回に渡って強行。長野市の外堀を埋める策を巡らした。しかし昨年3月来、圏域会議は1度も開くことができないほどに、議論は膠着。踏むべき手順を踏めなかった県の無理が噴出し、今日の決着となった。
    小泉はこの間、2度の本会議一般質問と、異例とも言える委員外議員発言許可を得て、共同設置に徹底して反対。議場外でも、直接、市長に反対の意見を伝えてきた。
    この明白な失政を、市長はどのように市民に説明するのだろうか。加藤市長は、県知事から保健所共同設置を持ち掛けられたときに即答せず、持ち帰って検討すると返すこともできたはずだ。加藤氏は、自らの誤れる判断を反省するべきだろう。議会や保健所職員の抵抗に逢いながら耳を傾けず、徒に議論のための時間と経費を空費するだけでなく、市民を不安に陥れ、保健所行政に混乱を招いたのだから。
    9月議会で加藤氏には反省の弁を訊きたい。
    「もう、終わったことなのだから、よいではないか」
    と済ませる訳にはいかない。市と県の保健所が、偶然に同じ市内にあるというだけの単純な理由で、市の独自の行政機関を長野県と共同運用することが適当と判断した加藤氏なら、今後も同様な失敗が繰り返される恐れがある。市立図書館と県立図書館は、共同化して一つにすることが適当だろうか? 或いは、同じ長野医療圏に属する長野市営病院と須坂県立病院は、どうなのか? あるいは、長野市は県庁と一本化するべきなのか? こう考えれば、加藤市長の政策判断の誤りは一目瞭然だ。

    会議やそのための資料作りに多大の労力を注ぎこまなければならなかった市保健所職員は、しかし疲弊して諦めることもなく、長野市の至宝である市保健所をよく護った。無定見で先走る市長と保健福祉部長の下で、よく耐えて彼らを説得し、正論を通してくれた。それは、どんなに困難で勇気が要る作業だったろう。一度でも企業や官僚組織に身を置いたことことがある人なら、よく分かるはずだ。一度トップが決めた方針をひっくり返すことは、なかなか難しいということを。それを成し遂げた市の職員には、感謝を捧げたい。
    この件で長野市行政は株を上げ、加藤市長は下げた。



    関係記事:
    市は強気でモノを言うべし!! -県との保健所共同設置




    絶対止めたい!! 「ありき」で市民無視の保健所共同設置-燃えてます!



    【国は「長野市にメリットなし」と指摘 !! 長野市民の権限を守れ!】 - 市・県保健所共同設置「検討」は結論ありき



    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    10分遅れの時計
    【権堂・イトーヨーカドー前のアーケードに設置された時計】何年も前から、10分遅れたまま。イトーヨーカドーの存在に寄りかかり、身近な顧客の満足度向上を顧みない象徴にも見える。

    小泉の一般質問は、明日14時25分前後からと見込まれている。傍聴・視聴よろしくお願いします♡

    さて、権堂にアリオ出店の話である。小泉は、アリオ出店のための権堂再開発に税金を投入することは、ごく慎重に検討すべきだと考えている。明日の一般質問では、この件についても問いたい。
    過去の関連記事。

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1561.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1566.html

    フェイスブックでの小泉からの問いかけにも、多くの市民が懐疑的な声を上げている。


    市議会まちづくり対策特別委員会と権堂の意見交換会が、先月8日に開催され、小泉も委員として出席した。そこでの権堂代表の方々の主張は、ユニークではあるものの、市民に十分に受け入れられる内容だろうかと小泉はいぶかしむ。


    権堂商店街理事長の発言から抜粋
    「ここが中心なんですから。ここが長野市のスタートなんです。この長野市の中心を使わないでやっていれば、アリの地獄に落ちていけばみんな引っ張られて全部落ちていきますので。」
    「リノベーションと言っていますが、税収は上がりますか。上がっているという例を聞いてみたいと思います。」


    権堂商店街の魅力の減衰と地盤沈下は、今に始まったことではない。権堂どころか、バブル崩壊後は長野市全体の経済は大きな打撃を受けた。だが、長野市はその危機に対処してきている。権堂が「長野市の中心」と力説されるが、長野市民の全てがそう思っているわけではないことを、権堂の方々は知っておくべきだろう。
    「リノベーション」とは、遊休の古民家や古い店舗を改装(リノベーション)して利活用することで、街を活性化させようとするムーブメントのことを言っていると思われる。これは全国的な潮流で、中でも長野市は成功していると言われている。

    権堂のリノベーションの例 
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000004602.html

    だが権堂商店街理事長は、税収が上がらないリノベーションは無意味だと言わんばかりだ。少なくとも、未利用だった店舗で事業を営む者が現れれば、そこに所得が生まれ、課税の対象となるはずなのだが。
    権堂の主張は危機を煽り、新規参入に露骨な不快感を見せるだけで、傾聴したが何ら益するところがなかった。凡そ客観的で冷静な議論ではない。長野市のために権堂にアリオが必要だとする論拠は、結局この程度のものなのだ。

    小泉の一般質問の通告内容

    ◎なぜ、権堂にアリオの話が市民不在の既定路線で進むのか 
    ・平成27年11月、権堂地区の団体から市長あてに「平成24年2月長野市策定の長野市権堂地区再生計画」に同団体の検討結果を位置付けるよう唐突な陳情があった。A1,A2街区に大型ショッピングセンターゾーンを設定するもので、市の権堂地区再生計画評価・検討部会ではその陳情に合わせた計画変更の作業を進めている。正に結論ありきだ。
    市長は今議会冒頭の議案説明で、権堂地区の再整備に関し、「地元構想案の策定を注視しつつ、その支援のあり方」については「議会の皆様をはじめ、市民の皆様のご意見をお聞きしながら慎重に判断」すると発言されたが、一方で事務方は前のめりな対応となっている。権堂にアリオ出店を見込む再開発事業に市の公金を注ぎこむ事の可否について、市長の現在の考えをうかがう。 

    ・市は公表していないが、29年度から33年度までの第三期中心市街地活性化基本計画案では、「権堂地区の核店舗となる総合スーパーの再整備」を課題として、現イトーヨーカドー周辺地域に「権堂地区大型商業施設整備事業」を想定している。権堂再生計画が改定されていないこの時期の案としては、時機尚早であり、ここでも結論ありきの議論になっていないか。

    ・昨年3月9日の市の評価・検討部会の資料によれば、集客イベントの際に独自の販促をしなかったとアンケートに答えた権堂商店街関係者の割合が実に75%。この結果を受けて「個店の自助努力だけでは限界」と資料は結論付けているが、「個店の自助努力なしでは限界」と結論付ける方が普通だ。さらに権堂商店街の55%が後継者なしと答えている。仮にアリオが来たとしても、これでは持続可能性が確保できるとは考えられない。権堂商店街は、一体どうするつもりなのか。

    ・まちづくり長野の説明では、権堂の地権者の意向聴取を67%終えた時点で、反対者はいないとのことであった。では「賛成」とした者はどの程度だったのか。今年5月末までに残りの地権者の意向聴取を終えるとの権堂の説明であったが結果はどうだったか。データの開示を求める。

    関連動画





    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!