11月22日夜に神城断層地震が発生した。避難している方々が、冬に向かうこれからの季節をどう過ごすかを案じておられることを思うと、胸が痛む。被災されたすべての方に、心からお見舞いを申し上げる。
    今回の地震を踏まえ、長野市域では、大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報について現行基準より引き下げた暫定基準が適用されている。25日明け方から26日にかけて、低気圧と前線の影響で大雨のおそれがあることから、北部における土砂災害への注意を、市は呼びかけている。

    その夜、神城断層地震に揺れる書棚を、小泉は押さえていた。この揺れは尋常でない。震源が東北でなければいいがとの思いが、家族や地元を思うよりも先に湧いた。状況が安定化していない福島の廃炉群が、また放射能を吐き出すようなことがあっては、取り返しがつかない。震源が長野県北部の直下型地震とテレビニュースで知り、被災された方々には申し訳ないと思いながら、少しく安堵した。

    急いで防災服に着替え、古牧支所に登庁。大地震の際は、市議会議員は最寄りの支所に登庁し、安否確認を受けることとなっているため。すでに3人ほど職員が登庁していたので、見回りに行くと告げて地元地域を自転車で巡回。鉄工所のボンベが転がったと聴く。地元区長と連絡を取り合い、ブロック塀が倒れている家があると知る。小泉も、もう一軒のブロック塀倒壊を見つけた。古牧支所に連絡すると、すぐに現地確認に職員をよこしてくれた。

    倒壊したブロック塀

    夜の10時を過ぎても営業している店を回ってみる。コンビニエンスストアでは、陳列棚の商品が落ち、酒瓶が割れている店もあった。書店・レンタルビデオ店では、やはり棚落ちのため、平常よりも早い閉店。
    地元区長とともに再度古牧支所を訪れ、被害状況を報告。その時になっても、支所には小泉と区長以外の被害報告は入ってきていない。それから判断するに、地元の被害は大したことがないようだ。が、震源に近い地域はどうなっているのだろうか。そう思いながら、その日は夜2時近くに帰宅した。

    旧市内では、上松2丁目から箱清水にかけての住宅被害が顕著との話を聴きこみ、視察。確かに、屋根や壁、甚だしきは建物躯体に被害があるのが視認できる。被害家屋は線上に分布していて、そこから少しはなれた家は何ともない。長野市建築指導課が危険認定した住宅の家主さんにあいさつすると、厚意で見させてくれた。まだ新しい家だが、筋違が真っ二つに折れている。ローンがまだ残っていると仰っていた。天災のリスクに保険加入などで備えておくのは自己責任として必要だし、実際保険には入っているとのことだったが、生活再建に行政としてどのような支援ができるだろうかと、小泉は思案しているところ。

    危険の赤紙 折れた筋違

    上松2丁目付近の地割れと隆起の状況。

    地割れ 隆起した道路

    ここから近い、善光寺境内にも行ってみた。さすがに本堂はびくともせずに健在だが、石灯籠や石碑、鐘楼の土台などが崩れている。新聞報道では、地震があったにも関わらず、この連休中は観光客でにぎわったとのことなので、来年の御開帳への風評被害は、あったとしても軽くてすみそうだ。しかし、落ちた灯篭の数は少なくはなく、復旧に手間がかかりそうだ。

    倒壊した灯篭 倒壊した石碑
    土台が崩れた鐘楼

    山道に車を走らせてみたところ、小規模な亀裂、隆起などは、あちこちで発生している。きめ細かな被害把握と道路修繕が必要だろう。農地の石積みが崩れている例もあった。農地災害復旧を、こまめに拾う丁寧な行政が求められる。

    石積みの崩れ

    市立図書館に寄ると、ここでも思わぬ被害が。地震で散乱した閉架書庫内の図書利用ができない。開架も同様の状況だったが、徹夜で復旧したという。職員の皆様お疲れ様。市のホームページの地震被害情報には、このような市民生活に影響ある情報も併せて掲載し、知らせてほしい。

    崩れた本

    連休が明け、小泉の問い合わせに対する市役所の回答:

    ●被災した建物の固定資産税は減免の運用を検討中
    ●り災証明発行は、体制が整わないため、1週間程度を要する。
    ●住宅が危険認定されるなどで、家に住むことができなくなった世帯に、市営住宅入居を認める方向で調整中。-今のところ、被災者からそのような要望はないとのことだが、お困りの方は相談されてみては。
    ●これまでの点検では、建設中の第1庁舎・市民会館建物に神城断層地震による被害はないとのこと。一部コンクリート型枠を外しての点検が残されているが、現状では被害なしと見込んでいるとのこと。したがって、地震を原因とする、さらなる工期の遅延は発生しないで済みそうだ。

    また、倒壊のおそれのあるブロック塀等の除却に対する補助金制度があるので、ブロック塀に被害を受けた方は利用を検討してみてはいかがだろうか。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/shidou/99845.html


    今回の地震を教訓に、一層確かな防災対策を用意する必要性を、改めて認識した。現下は、被災者の生活支援を、まずは考えるべきだろう。


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    合併地域と長野市が交わした約束が、役人たちによってなし崩しにされつつある。

    小泉は、こんなブログは書きたくはないのだ。「地域住民不在の、独善的な、結論ありきの行政が続いている」などとは。何度、こんなことをブログで書き、議場で発言すれば、長野市役所は改めるのだろうか。
    これから書くことは、もしかすると、あなたには関係なく、あなたのカネにも福祉にも繋がらないハナシかもしれない。しかし、どうか関心を持っていただきたい。あなたも、いつか同じやり方で、切り捨てられるかもしれないのだ。

    合併後に「市の木、市の花等については、市民の一体感を醸成するため、合併後、アンケート等の実施により新たに制定する」とした合併協定事項については、このブログでも議会でも、何度もとりあげてきた。

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1232.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-430.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-419.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-408.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-380.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

    6月27日、鬼無里地域審議会に対し、長野市からある文書が提示された。合併後の旧鬼無里村地域における長野市の施政についてチェックするのが、審議会の主な役割になっている。同時に合併した大岡地域、豊野地域、戸隠地域にも同様な審議会がある。


    ご覧のとおり、姑息なお役人たちが、自分たちの都合の良いように、自分たちだけで、市の従来の市の木(シナノキ)・市の花(リンゴの花)をそのまま今後とも使い続けることに決めたから、ありがたくこれに同意せよというのだ。ご丁寧なことに、「現行の「シナノキ」、「リンゴの花」を存続することに異論はありません」とする意見書のひな形まで付いている(2ページ目)。市のお役人たちが考えるに、これが「アンケート等」に該当するらしい。
    冗談ではない。アンケートとは、質問に対し自由に記述してもらい、意見を集約する手法だ。一者一択で選択の余地もなく、これでよいかどうかと判断を迫るのは、「踏み絵」ではないか。アンケートの対極にある方法ではないか。
    小泉は2011年、市議会議員としての最初の質問でこの問題をとりあげた。当時すでにお役人たちだけで市の木・花を新規に制定しないと決めていたことについて、次のように厳しく批判した。


    この「協定破り」は今まで公表されてこなかった。情報公開、民主主義の思想に対する挑戦であり、市長主導の下、企画政策部長、総務部長ほか、課長によって共謀された密室の秘密合意にほかならない。
    この秘密合意を談合した際の資料には、こう書かれている。「合併により新たに長野市民になった地域の人々にも、市の花とともに長野市民としての歴史を重ねていくことにより、現在の市の花は浸透していくものと思われる」と。
    旧四町村の独自の歴史とその住民の意思への敬意が全く見られない、押しつけの論理。公表を考えに入れない秘密合意だからこその暴論だ。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-430.html


    その後市長が鷲沢正一氏から加藤久雄氏に代わり、やや変化が表れてきた。市の木・花の取扱いについて、市として26年度中に判断していくと明言したのだ。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1232.html

    ただし、このとき、小泉は企画政策部と市長の見解に微妙な違いがあることから、本当に市長を信じてよいものかどうか不安も感じている。このときのブログにはこう書いた。


    地域審議会の前に、役人が「手続を踏む」? これはやっぱり、お役人主導で物事を進めようとしているということなのか?
    加藤市長と官僚組織との人間関係が、市民にとって建設的なものとなるのか。それとも官僚組織を補強するものとなるのか。「市の木・市の花」が、その試金石になる。


    合併した大岡、豊野、鬼無里、戸隠のうち、豊野以外は中山間地だ。長野市をガラッと変え、中山間地を大事にすると公言してきた加藤市長は、すでに長野市役所官僚機構にからめ捕られてしまったのだろうか。加藤市長と最近この件で意見交換したが、市長自身もこのような結論ありきの進め方は、本意ではないようではあったのだが。
    人口減少と高齢化に悩み、地域の活力が失われつつある中山間地では、市の木・花というシンボルより、道路の維持管理の予算等が不足なく付く方が、重要な問題だろう。全うな意見を言うよりも、そうした後で金がちゃんと付くかどうか心配という構図は、国と自治体の関係と同じ。弱い立場にある者がお役人様に異を唱えることなど、実質的に不可能なのだ。長野市役所の意識改革が、「おはようございます」が言えるようになった小学生クラスの段階で終わってしまうのか。そこからさらに先に進み、住民の気持ちに寄り添えるようになるのか。この件の進め方でわかるだろう。






    この件についてのトーク番組。併せてご覧ください。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    「我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものについて、」「特定秘密の指定及び取扱者の制限その他の必要な事項を定めることにより、その漏えいの防止を図」るとする特定秘密保護法案が、近日中にも衆議院で採決される見通しとなってきている。政府が指定した秘密への国民のアクセスを制限するのが目的であるわけで、情報公開が民主主義を保証すると考える小泉としては、関心を持って事態の推移を観察している。
    その特定秘密保護法が成立したら、どういう事象が想定されるか。それを長野市の事例から敷衍して考えてみるというのが、今回の挑戦(笑)。



    これ↑は、長野市教育委員会あてに、「新市民会館芸術監督への報酬等処遇に関する検討・研究に関する情報の公開」を請求したところ、墨塗り公開された文書。長野市教育委員会が、新市民会館の芸術監督の処遇検討のため、芸術監督を擁する自治体の状況を2011年3月当時に調査したもの。
    ご覧のとおり、「専門家(芸術監督等)の雇用形態」「専門家(芸術監督等)へ支払う経費」に含まれる項目が、全て墨塗りとなっている。このうち、「経費」とは即ち芸術監督に支払われる給料のことで、もしかすると公開されないかなと小泉も予想していた。個人のプライバシーに属する情報だからだ。
    しかし、「専門家 芸術監督名」、「肩書き」等は、本当に非公開としなければならない情報だろうか。インターネットで検索すると、これらに関する情報は、簡単に見つかる。試してみていただきたい。
    考えてみれば当たり前のハナシである。長野市の新市民会館の芸術監督には、久石譲氏が就任したが、これは別に非公開としなければならない情報ではない。というより、市民会館の顔として広く周知しなければならない情報なのだ。他の自治体の例でも事情は同じはず。



    こちら↑は、議会事務局を通じて、墨塗りされた自治体宛てに直接照会した結果。見事に、報酬まで含めて公開されてしまった。長野市議会からの照会なのだから、公表されるのかもと予想しながら、それでもそれぞれの情報公開条例に照らし、各自治体は回答してくれた。天っ晴れである。
    なぜこのようなことが起こってしまうのか。長野市が公開を拒んだ理由は長野市情報公開条例第7条第2号、同第5号及び第6号(※)に該当するからというもの。2号は個人情報だが、5号と6号は、要するに公開すると他の自治体等の不都合になる情報と理解していいと思う。

    ここで、長野市を日本国と見立ててみよう。照会先の自治体は、外交関係のある外国だ。諸外国に照会して得た情報は、だから外交情報。特定秘密保護法の規制対象となる。
    その国にしてみれば情報としての価値は低く、インターネット上で流通しているようなものであっても、我が国の役人がそんな判断ができずに、あるいはそんな判断をすることを放棄して、その国に迷惑をかけたくない一心で、秘密指定しまうことは、有りえないことだろうか。特に特定秘密保護法の背景には、日本がお世話になっている某国の意向がある。
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013110700931
    国際的に「共有された秘密情報を保護するために必要」な措置が特定秘密保護法であり、もともと他国から得た情報を守るためという強いバイアスがかかっている。お世話になっているあの国の情報だから、何でも一律秘密指定。そんな機械的運用になってしまうのではないかと危ぶむ。何しろ、国内の自治体間のお付き合いでさえ、そんな事例があるのは、今見た通りだ。
    このような運用を避けるためには、第三者による厳格なチェックが必要だ。ところが、この点が貧弱なのが、特定秘密保護法案の議論である。独立した立場で監視できる機関設置の検討を法案附則に盛り込むとの修正案があるが、「検討」なのだからやる気が感じられない。それに監視と言っても様々なレベルがある。「手続き的に誤りがないか」、「基準に合致しているか」といった程度の機械的な運用では、インターネットに載っているものは秘密に値しないと、公益上からの判断ができない。
    「公益」という言葉を使ったが、ここがポイントだと考える。長野市情報公開条例には、こんな条文もある。

    (公益上の理由による裁量的公開)
    第9条 実施機関は、公開請求に係る行政情報に非公開情報(第7条第1号に該当する情報を除く。)が記録されている場合であっても、公益上特に必要があると認めるときは、公開請求者に対し、当該行政情報を公開することができる。

    他の自治体の芸術監督の氏名の公開は、その自治体にとっては、公益上ぜひ必要なことだろう。「公益」の範囲は、極力広く解釈するべきだ。小泉としては、国に秘密があることは理解するが、このような「公益」からの情報公開の原則を守る姿勢が、特定秘密保護法案には欠けている。


    ※(参考)長野市情報公開条例抜粋
    http://www.city.nagano.nagano.jp/reiki/41390101003000000000/41390101003000000000/41390101003000000000.html
    (行政情報の公開義務)
    第7条 実施機関は、公開請求があったときは、公開請求に係る行政情報に次の各号に掲げる情報(以下「非公開情報」という。)のいずれかが記録されている場合を除き、公開請求者に対し、当該行政情報を公開しなければならない。
    (2) 個人に関する情報(事業を営む個人の当該事業に関する情報を除く。)であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)又は特定の個人を識別することはできないが、公開することにより、なお個人の権利利益を害するおそれがあるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。
    ア 法令等の規定により又は慣行として公にされ、又は公にすることが予定されている情報
    イ 人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公開することが必要であると認められる情報
    ウ 当該個人が公務員(国家公務員法(昭和22年法律第120号)第2条第1項に規定する国家公務員及び地方公務員法(昭和25年法律第261号)第2条に規定する地方公務員をいう。)である場合において、当該情報がその職務の遂行に係る情報であるときは、当該情報のうち、当該公務員の職及び氏名(当該公務員の氏名に係る部分を公開することにより当該個人の権利利益を不当に害するおそれがある場合を除く。)並びに当該職務遂行の内容に係る部分
    エ 実施機関が実施する事務事業であって予算執行を伴うものに係る情報のうち、公益上公開することが必要であり、かつ、公開しても個人の権利利益が害されるおそれがないと認められる情報であって実施機関が公表した基準に該当するもの
    (5) 市並びに国及び他の地方公共団体の内部又は相互間における審議、検討又は協議に関する情報であって、公開することにより、率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ、不当に市民の間に混乱を生じさせるおそれ又は特定の者に不当に利益を与え、若しくは不利益を及ぼすおそれがあるもの
    (6) 市又は国若しくは他の地方公共団体(以下この号において「国等」という。)が行う事務又は事業に関する情報であって、公開することにより、次に掲げるおそれその他当該事務又は事業の性質上、当該事務又は事業の適正な遂行に著しい支障を及ぼすおそれがあるもの
    ア 監査、検査又は試験に係る事務に関し、正確な事実の把握を困難にするおそれ又は違法若しくは不当な行為を容易にし、若しくはその発見を困難にするおそれ
    イ 契約、交渉又は争訟に係る事務に関し、市又は国等の財産上の利益又は当事者としての地位を不当に害するおそれ
    ウ 調査研究に係る事務に関し、その公正かつ能率的な遂行を不当に阻害するおそれ
    エ 人事管理に係る事務に関し、公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれ
    オ 市又は国等が経営する企業に係る事業に関し、その企業経営上の正当な利益を害するおそれ

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    小泉・橋本・無茶

    20日告示の選挙戦が終わった。

    昨日は市議会議員候補・グレート無茶氏にほぼ1日帯同。NHKが朝から晩まで張り付いて取材するという、市議選では考えられないメディアの注目度。街頭演説を行う無茶氏への、有権者の反応も非常によい。明日が楽しみな状況だ。



    今日は橋本陣営の一員として、遊説カーを一日運用。18時に駅前で候補と合流し、応援演説をさせていただいた。その要旨は、次のとおり。




    市長候補の70歳「新人」は、明るい人柄と言われている。
    本当の70歳のあるべき人柄とは、出馬を請われても「いやいや私なんかよりも若い人に」と譲るものではないか。それが、70歳の分別だ。自民も民主も相乗り。老人支配、財界支配を続けようとの企図の下、公党を手玉に取る人柄のどこが、明るいのか。
    商工会議所の会頭職を務め、人生の最後に市長にでもなっておくかという程度の動機ではないか。権力への欲得ではないか。長野市のために、33歳の若さで職と生活を投げ打つ覚悟の橋本まさゆき候補の爪の垢でも、煎じて飲むがいい。

    70歳「新人」は閉塞感の漂う長野市を「ガラッと変える」という。変える気などない。現職市長の後援会長であった彼は、その政策を支持したから会長の職にあった。支持できない政策であったならば後援会長を辞するか、政策の変更を要請すべき立場であったはずではないか。

    長野市議会は、新友会・改革ながの・公明党と無所属の2名が、70歳「新人」の支持を打ち出している。議会の7割が支持するという異常な状況であり、2元代表制の地方政治の下でやりたい放題の野合を実現しようとしている。

    我々橋本陣営には、市民のための政治を実現するという正しき道理があり、負ける理由はない。苦しい戦いだが、その果ての勝利を確信する。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    1382995_10200788918713932_1176981111_n.jpg

    昨晩、「一本化」について、橋本将之氏・河合博氏と会談。世代交代が争点となると見た小泉は、橋本氏への一本化を働きかけるも、河合氏の同意得られず。小泉は立候補せず、橋本氏の支援に回る。彼は市民第一の思想を共有でき、私心のない人。若き市長は県都の改革のシンボルとして好適と考える。
    実は先月20日、一本化の必要性を訴える声明を唱えた小泉は、調整役に徹するためには自分の立候補断念が必要と覚悟した。
    高島陽子氏も一本化の受け皿として期待したが、会談時に小泉の声明・政策を読んでいない上、ご自分の政策を語らず、選挙戦略の違いを理由に一本化を拒否なされた。菅田敏夫氏は、唯一今も本人との会談が実現できていない。
    一本化に前向きで政策的に近い橋本将之氏・河合博氏との間で協議を進めたが、小泉にとって県外出身の河合氏は現実的な選択肢になりえなかった。そこで「世代交代を強く訴えることのできる橋本氏を推そう」と河合氏を説得したが、同意を得られなかった。
    橋本氏は33歳。政令市千葉市長熊谷俊人氏は、31歳で初当選。最近では美濃加茂市長藤井浩人氏が28歳で初当選した。もう一度、二番煎じの老人・建設資材屋さんを市長として選ぶのか。長野県でいちばん若い市長による新しいリーダーシップを選ぶのか。
    加藤久雄氏の選挙対策本部は自民・民主相乗り。市議会の会派「改革ながの」、「公明党」、「新友会」も仲良く鎮座。政党間の、そして行政と市議会の間の緊張感を微塵も感じさせない。議会で橋本市長を支える議員が必要だ。小泉はその一駒になる。
    あんたに決めたと言ったおばあちゃん、道の向こうから「がんばれっ」と声をかけてくれた男性、車のウィンドーを下して演説を聴いてくれた方、小泉に近寄って名前を確認してくれた方、ネットで温かい言葉をかけ拡散してくれている方々。ごめんなさい。小泉の替わりに、今は橋本将之氏の名前を覚えてほしい。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!