昨日から、総務委員会視察に同行中。初日は川作市役所にて、サッカーJ1チーム川崎フロンターレとの連携について調査。ホームタウンである川崎市とフロンターレは良好な関係を築き成功している。調査の意図は、もちろん長野市とAC長野パルセイロの関係に活かせないかということで、小泉が視察日程に入れるよう要望し、採用された。小泉が川崎市とフロンターレに興味を持ったのは、Jクラブミーティングに参加したからで、その当時は衝撃を受けた。
    川崎市・フロンターレ関連記事
    関連記事1
    関連記事2
    関連記事3
    このときは、フロンターレ側のブロモーション部長である天野春果氏の講演だったのだが、川崎市行政側の説明を聴き、再度圧倒された。チームと行政で、幾重にもプロモーションとパブリシティの網がかぶせられている。
    川崎フロンターレ連携・魅力づくり事業実行委員会は、川崎市行政と市内の民間団体で構成され、「川崎フロンターレを活かした催事等を企画・実施」している。
    川崎フロンターレ連携・魅力づくり事業実行委員会関連ページ
    長野市・パルセイロの相当する団体は、ホームタウンながの推進協議会と思われる。
    ホームタウンながの推進協議会関連ページ

    前者が、ホームタウン・ミーティングを昨年開催した時、老人クラブが担当したという話にたいへん驚いた。改めて構成団体をみると、確かに市老人クラブ連合会がある。ほかにも、全町内会連合会、市青少年育成連盟が名を連ねている。一方ホームタウンながのは、篠ノ井地区住民自治協議会が入っているものの、他の自治協議会は加入していない。老人クラブ、青少年育成団体の名前も見当たらない。長野市がオール長野を掲げながら、そこに至るまではまだなお長い前途があることを思い知らされる。川崎は、ほかにもNHK教育テレビの幼児向け番組と連携するなど、全世代に向けての働きかけを意図して展開していることが伺われる。

    また「川崎フロンターレnow」事業では、ホームゲームについての壁新聞を作成し、学校・市関係施設に配布している。発行部数は毎号400
    部。話半分としても市内200ヶ所で、フロンターレの試合に関する情報が掲出される。その広告効果は、察して余りある。

    フロンターレは、かつてJ1に昇格後、一年で降格した不遇の時代があったそうだ。危機感を強めた新任の社長が、自らポスターを貼り歩くなどして、まちづくりとしてのチームの存在をアピールし続けた。行政とは、最初からこのような積極的な協力関係を築けたのではなく、行政がチームのコンセプトに共鳴するようになり、今日があるという。辣腕プロモーターの天野氏の存在も大きい。
    パルセイロも地域への貢献を掲げてはいるが、市民への浸透は十分ではない。パブリシティを意図することも必要だろう。あえて言うが、社長がポスターを貼り歩くというのは、一つのパフォーマンスだ。地道な取組みを行っているとしても、今パルセイロに必要なのは、パフォーマンスとパブリシティではないか。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    ...と題して、1月17日、小泉が、「発言力のある」AC長野パルセイロサポーターに企画書を示し協議しようと試みた事象をめぐるツイートをまとめた。次のアドレスがそれ。
    http://togetter.com/li/442025

    企画書はこちら。
    北信コラボ 
    https://docs.google.com/document/d/1AgAOqsivk2xNJ8ZE3N-2dg4T_Cb7_pYZUSo97a8RuBk/pub


    「AC長野パルセイロの偉いサポーターさんとお話する機会を得る。ブレイブウォリアーズやグランセローズとの連携の必要性を訴え、用意した資料をお見せすると激怒なされたが、その理由が不明。果ては小泉のツイッターの内容が気に入らない、20年の歴史を学べとのご教諭。その場を辞去し帰った」
    https://twitter.com/kazumakoizumi/status/291916067478061056


    との今月17日23時過ぎから始まるやりとりは、3日間で延べ閲覧数7000を超え、このブログ以上にアクセスを集めている(笑)。
    ごらんの通り、一部のパルセイロサポーターから小泉が快く思われていないことが察せられる。不徳の致すところだ。しかし、「小泉一真.net」読者からすると、これはやや意外なのではないか。南長野運動公園スタジアム整備とパルセイロについて、市民による議論の果ての理解を得るべく、情報提供と説明を繰り返してきた小泉を、読者はご存知であられる。
    今回ツイッター発言をまとめたのも、皆が見ている前で言いたいことを言い合い、その結果としての相互理解を求めたからだ。が、小泉に反発するサポーターたちの、表面上の反応は薄い。小泉に向けては反論せず、陰口を叩いている様子が、「まとめ」から読み取れるだろうか。
    陰口ぐらいなら可愛いが、この件を発信し始めた翌18日午前2時ごろ、サポーター団体と小泉の共通の知人を介して、ツイートをやめさせろと圧力をかけるための電話が掛かってきている。非常識な時間帯の電話には出なかったのだが、後から趣旨を確認したらそういうことだった。政治家の信念に基づく発言をストップさせようというなら、それ相応の理由が必要だ。陰で影響力を行使するのではなく、表で、たとえばツイッター上で、その理由を表明していただきたかった。

    ところで、ツイッター上で発言したように、件の企画書と同じものを、サポーター団体としてはいちばん大きいHinchada Naganoの代表古川康平氏に、手交してある。ツイッター上でも意見と協力を求めているのだが、今のところ反応はない。上を目指すチームのサポーター団体は、市民の一定の敬意と注目の対象であり、社会的責任があると思われる。協力したくないなら仕方がないが、その合理的理由ぐらいはアナウンスしていただきたい。
    http://twitter.com/kazumakoizumi/status/293029517616893956

    成り行き上、小泉が単独で企画実現の可能性について模索している。ツイッター上の反応は好意的だが、重要なのは各球団の意思で、それによっては実現できない結果も十分ありうる。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    shootings.jpg

    「...まあ山雅のサポーターのために、15000席に整備するようなものですから...」
    https://mobile.twitter.com/kazumakoizumi/status/279385691140521984?p=p

    これは、昨年12月14日、小泉のツイッター上の発言からの引用。この発言の真意を問われたので説明したい。小泉も、そのうちに説明しようと思いつつ果たせていなかったので、ちょうどいい。
    初めに言っておくけど、これは飽くまで「ようなもの」というレトリック。南長野スタジアム(南長野運動公園総合球技場)は長野市の施設であり、長野市民のものであり、AC長野パルセイロがJリーグに昇格するに必要な基準を満たすホームスタジアムとして、80億円をかけて改修されるのである。...まー市長は「パルセイロに 80 億円をかけるのではない」と言っているが。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/43466.pdf

    市が、2011年に東和田の運動公園陸上競技場と南長野スタジアムを天秤にかけ、後者に場所を決定した当時は、1万人収容となっていた。これはJ1基準は満たさないが、J2基準には対応する。ところが、昨年6月議会で市が1.5万人収容案で検討していることが明らかに。8月には1.5万人収容が市の方針として定まり、補正予算案が9月議会で承認された。
    ところで、その1万5千人収容可能なハコが整い、J2に上がった暁に、我らがAC長野パルセイロはどの程度の動員力を有しているのだろうか。5千人と、球団は見込んでいる。
    ACNP資料7

    「中長期ビジョン成長概念図」では、2015年にチームはJ2に上がり、その最初のシーズンの平均入場者数を5000人としている。この点からすると、パルセイロがJ2に昇格したとしても、1万人収容規模で十分。1.5万人はオーバースペックともいえる。
    ただ、例外は先にJ2に上がった松本山雅との試合。1万人を超える収容力が必要とされる機会は、現在9千人というJ2屈指の動員力を有し、県内の比較的近距離にあるこのチームとの試合に、当面の間は事実上限られるのではないか。
    というわけで、1万人ではなく、1.5万人規模に改修するのは、山雅のサポーターを収容するためにそうするようなものであるというレトリックが成立することになる。
    山雅との試合では、ホーム側パルセイロの倍に近いアウェイ側サポーターを迎えての試合になる可能性がある。緑のユニフォームを着た観客の入場規制でも行うのなら、別だが。パルセイロの選手からしてみれば、ホームの試合ではあるが、アウェイでやるようなものだ。これは選手のメンタリティに不利な影響を与えるだろう。山雅サポーターにしてみれば、敵地を緑で埋め尽くした応援で圧倒して勝てば、これ以上うまい美酒は飲めないだろうと奮起することだろう。ますます山雅サポーターのための、1.5万人収容ではないか。

    そうならないように、あるいはそこから早く抜け出せるように、我々は努力していかなければならないのだ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    長野市民新聞10月30日号の投書欄に、「疑問を感じる80億円もの投資」との投稿。


    ある市議のブログによれば、市はパルセイロのビジョン、費用対効果など、税金を使うにふさわしいかいについて何ら情報を集めていないとも指摘している。


    ...これって、「小泉一真.net」のことだよね?


    8月6日付で小泉が情報公開請求したところ、「チームの経営・成績・強化に関するもの」及び「ホームゲームの観客動員数の実績及び今後の見込みに関するもの」等、死活的に重要な情報を、市は持っていなかった。
    そのため、市の通知書は「行政情報不存在決定通知書」とのタイトルで、「行政情報が存在しない」と書かれている。


    これらの情報については、9月議会でも明らかにされなかった。10月24日の市民会議で、パルセイロから明らかにされた。経済波及効果についても、長野市からも発表があった。





    だが、この図は過去のサポーターカンファレンス等で、すでにパルセイロが示したことがあるらしい。経済波及効果についても、パルセイロ独自の試算を持っていると、9月議会前の聴取で小泉は直接小池社長から確認している。
    80億円を投資する以上、市はパルセイロと連携を深め情報を共有せねばならないはずが、そうなっていないのが、小泉には歯がゆい。

    10月24日の説明会で、市長は「スタジアム整備に80億円を投資するのは、パルセイロのためではない。長野市の品格のためだ」との趣旨を、市民からの質問に対して答えている。詭弁であると同時に、当の小池社長の前で語るべき言葉でもない。AC長野パルセイロがなければ、スタジアム整備事業が行われなかったのは明らかだ。現にスタジアム整備の説明に際し、市長はパルセイロについて言及したし、説明会はパルセイロとの共催であり、市長に続いてパルセイロ社長とスポーツディレクターが講演した。

    「スタジアムはパルセイロのJリーグ挑戦を念頭に整備する。スタジアム整備はパルセイロに必要であり、パルセイロのJリーグでの活躍は長野市にとって必要である。だから投資する」


    小泉が市長なら、そう言い切る。スタジアム整備を決めておいて、予め責任の逃げ道を用意しておくとは何事か。決めた以上は、責任を負うのが市長の務めであり、市長の品格だ。スタジアム整備はパルセイロのためではないなどと目の前で言われては、小池社長だって立つ瀬がない。
    市長は、心のそこでは、パルセイロの活躍を信じていない。だからパルセイロのJリーグ昇格が難航した場合を想定して、パルセイロのためのスタジアムではないと言い、「これから3年間本当に今のチームを維持できるか心配している」などと軽々に言う。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-738.html

    市長は、パルセイロを信じろ。あなたがそんなことを言い続けていては、市民は80億の投資効果を信用できない。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑