原子力発電について考察すると、「分かっていない」ということに気づかされる。

    最近の報道に、プルトニウム利用計画が白紙になっているとあった。意味もなくプルトニウムを持つことは、核不拡散の観点から問題があるだろう。IAEAだって黙ってはいられなくなるのではないか。

    にも関わらず、ちょっと前にはこういう説があった。
    「潜在的な抑止力」ために、一定程度の原発を維持することが必要だという議論。つまり、原発や高速増殖炉「もんじゅ」を焚いて、一定水準のプルトニウムを「生産」する能力と、核武装するオプションを手にしておくべきであるということらしい。
    しかし、原発の再稼働日程が決まらず、高速増殖炉「もんじゅ」も動かない今、日本プルトニウム管理に国際世論の厳しい目が向けられる可能性はないのか。それ以前に、日本のプルトニウムは「抑止力」のためにあるという「本音」を聞いてしまえば、IAEAや国際社会は日本に不信の目を向け、厳しく対応しなければなならなくなるのではないか。だってそうだろう、北朝鮮だってミサイルではなく宇宙開発だと言っているのに、国連安保理は議長声明まで出して非難したのだ。無目的に持つプルトニウムを、いつまでも許してくれるものだろうか。プルトニウム4~8㎏で、核弾頭が一発作れるらしい。日本は、30トン持っている。

    よく分からないのは、なんでこんな「潜在的抑止論」が出てきたのかということ。洗練されたロジックとも思えないし、原発擁護のつもりが、ひいきの引き倒しになっている。

    じゃあ、使いもしないプルトニウムはどうすればいいのかというと、そこまでは報道も説明してくれないし、これもよく分からない。ガラス固化して、埋設することになるんだろうか。

    もひとつ分からないのは、震災後、原子力発電所・原子炉の耐震性や強度については議論されるようになったが、核燃料サイクル全体についてはどうなっているのかということ。六ヶ所再処理工場や「もんじゅ」については、どのような検討が行われているのだろうか。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    長野市から「選挙の記録」という冊子が提供された。平成23年度内に、長野市選挙管理委員会が関わった選挙事務の報告書だ。
    その中に、「選挙運動費用 収支報告書」なる資料がある。各候補者の選挙会計の一覧で、ちょっと面白いから掲載してみる。支出計を見ると、各候補がどれだけ選挙に投資したかが分かる。暇な人は、支出額でソートしたり、平均値とどれだけかい離しているか、計算してみてください。
    収支報告1
    収支報告2
    共産党・公明党といった、組織力がしっかりしている候補は、選挙費用をかけなくてすむようで、うらやましい。
    新人で知名度に劣ると自覚していた小泉は、選挙広告を2度、信濃毎日新聞に打った。信毎の広告代は高いから、広告費はトップレベルの支出額かと思っていたら、まだ高い人がいるようで。どういう広告うったのか調べて、次の選挙の参考にさせていただこうかな。
    反省点としては、もうちょっと支出総額を抑えられるように、工夫しないと。

    それにつけても、日本も諸外国並みに、ネットの選挙運動を解禁していただきたい。選挙費用を抑える効果が期待できるというのが、小泉の考え。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    読者からのご所望なのである。メール大略は、こう。

    「知事選で阿部守一氏を推したのに、彼の情報発信が乏しく、何を考えているのか分からない。小泉、評価してみろ」

    阿部知事をどう評価するかで、小泉を値踏みしようとしているのかも(笑)。読者のご所望なら、やってみようかな。
    彼のリーダーシップには、小泉は懐疑的。小泉が県庁にいたとき、阿部氏は県の情報発信力を高めようとプロジェクトチームまで作ったのだけど、この支持者にして読者が、情報に乏しいと感じるていたらく。結局、印象としては、ホームページのトップ構成が、変わったくらいじゃないの? 部下は、トップの本気度を見ている。「これくらいの熱意なら、この程度の施策だね」という県職員の印象だから、今の県の広報水準となっているわけで。
    以下、小泉が返したメールの内容。


    阿部知事の評価ですが、一言では難しいですね。世論調査の評価は高いようですが。
    情報源がないとのことですが、彼のブログ・ツイッター・定例記者会見(県ホームページに掲載)をご覧になることをお勧めしておきます。小泉自身は、熱心にチェックしているわけではありませんが。

    〇なところ
    ◆情報公開に熱心である「姿勢」を示している点。「情報共有」とまでマニフェストで言っている政治家は、稀有だと思います。
    ◆事業仕分けを行ったことも、評価します。
    ◆最近、被災地がれきの広域処理は最小限にしろと、他の4県と国に申し入れたことは、評価します。
    ◆小泉提案の政策を採用している。
    県有施設を、フィルム・コミッションのロケ撮影に開放したこと、目安箱制度を知事の直轄としたことなど、小泉が著書や、知事の記者会見において提言したことが、実現されています。

    ×なところ
    ◆議論を避ける。小泉は何度か知事の定例記者会見場に足を運び、質問しましたが、「後援会と話して」とか、「ここは議場ではないから」などという理由で逃げてました。田中・村井知事では考えられないことです。
    ◆前県議の北山氏によると、議場での発言後に控室まで彼がきて、怒鳴り散らしていったことがあるとのこと。話半分としても、6000人のトップに立つ器量でしょうか。
    ◆後援会幹部がダメ。小泉のリーフレット、選挙公報で彼のミニブログの言葉を引いたら、「無断利用」だと噛みついてきた彼の後援会。政治家が一度公表した言葉を引用するのは自由なはずだという小泉の批判に同調する人は、当然います。選挙・政治に介入する後援会はダメだし、それを統率できない彼も...。会計に間違いもありましたよね。 
    ◆情報公開を後退させている。
    松本の産廃処理施設についての公開請求に、積極的な開示姿勢をとったのは、新聞ネタになったからだと今では判断しています。彼が知事に就いてから、情報公開決定への異議申立ては増えています。
    http://www.pref.nagano.lg.jp/soumu/gyoujou/koukai/sinsakai.htm
    また、信州・フレッシュ目安箱制度が最近になって制度改正されましたが、運用が後退している恐れがあります。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-561.html
    ◆変革のリーダーシップに乏しい。小泉が彼の部下であった一年ほどの間、職員の意識が変わったなと思ったことはありません。庁内で変革の声を上げ続けた小泉を、人のせいにばかりしているなどと、根拠を示さずに記者会見で中傷する姿勢は、トップに立つ資質があるのかと疑わせます。。
    http://www.pref.nagano.lg.jp/hisyo/press/20111028.htm#4
    ◆調整局面が多いこと。浅川ダムの件にしろ、事業仕分けの件にしろ、議会多数派を意識しすぎて調整に時間をかけ、その間の経過が県民に分からないことがあります。ときには議会と対峙する覚悟を見せていただきたい。


    あなたは、どう思います? 阿部守一さん。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑



    長野県民からの質問・意見をオンラインで受け付け、ホームページで公開する「県民ホットライン(知事へのご意見)」。小泉は、旧「信州・フレッシュ目安箱」から、制度的に後退しているのではないかと懸念していると書いた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-556.html

    懸念は当たっているようだ。4月から気分も新たに制度運用が始まったはずだが、電子申請の画面を見ると、小泉の4月9日付の質問が、いまだに受付けすらされていない模様。小泉はいつも言うのだが、制度を整えても、役人の運用次第で台無しになる。
    長野県職員の読者は、広報県民課に内線で伝えといてくださいな。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑