24日から26日の3日間、所属する会派「改革ながの」の議員による視察を行った。初日に岩手、2日目・3日目を東京の視察にあてる日程。

    初日、柳田国男の「遠野物語」の舞台となった、岩手県遠野市を訪ねる。
    当地では、介護・保健・医療を統合的に運用する「遠野方式」により、包括的な地域ケアを行っている。
    IT技術を利用して効率的に住民の健康を管理するシステムを、国・県の事業を活用しながら維持する工夫が、参考になった。
    遠隔保健

    月額500円で、市民なら誰でも「遠隔健康相談システム」に参加できる。歩数計が貸与され、毎日の歩数データは、健康指導に活用される。また地区センター等で、週に一度、血圧等のデータと合わせ、テレビ電話による健康指導が受けられるようになる。年に数回、同様に医師からの遠隔健康指導も受けられる。地区センター来所の機会に、体操などの健康づくりにも参加できる。歩数計を持つことにより、歩いて健康維持する機運も高まっているとのこと。
    取り組み効果

    妊婦には、携帯型胎児心拍数検出装置(CTGモニタ)を貸与し、胎児のデータを24時間記録している。遠野市には産科医がいないが、CTGモニタと遠野市営助産院の保健指導により、妊婦の遠距離通院による負担が軽減されている。市営助産院は、出産を扱わない方針のため、妊婦は市外の産院で出産することになるが、岩手県内全ての産院で、CTGモニタのデータを活用できるため、出産期の入院は円滑にできる。
    CTG

    遠野市は、人口3万弱。長野市の38万人に比べるといかにも小さく、医師の確保に悩んでいるようだった。それをカバーしようと、国のモデル事業等に積極的に応募し、独自の道を拓こうとする姿は、印象的だった。遠隔健康相談システムの年間維持費は約3500万円。参加する市民は約400人。一人あたり8万から9万円のコストをかけていることになるが、国民健康保険・介護保険の利用が抑制されるという戦略で取り組んでいるようだ。
    一方で長野市は、中山間地における通院時間などの点で、同様の問題を抱えているはずだが、遠野市のようにIT技術でカバーするような工夫に乏しいように思う。これは議員も含め、反省しなければならない。

    遠野市は、東日本大震災の後は、復興支援のセンターとして機能しており、被災地の図書施設に、全国から集められた図書を献本する事業や、海水に浸かってしまった大槌町の公文書を修復する事業などを、併せて視察した。
    要望のあった書を、要望通りに配本し、不要の本は廃棄とする作業。公文書の一葉一葉を、エタノールで洗浄し、乾かし、再び編冊する作業。復興には、このような地道な作業が必要なのだと知る。
    献本作業
    IMAG0846.jpg

    この日の宿泊は、農家民泊を利用。遠野市議会議員自らも、民泊に住まいを提供しておられ、お世話になった。
    議員自ら、進んで汗をかく姿は、見習わなくてはと思う。
    民泊

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    7月21日、奥裾花自然園の電源開発についての、地元住民の方々と市行政の話し合いに、小泉も同席させていただいた。12kw/h級の小水力発電施設を整備すると、市長以下が公言していたにも関わらず、実施設計をしてみたら当初の予定以上に建設コストがかかるというので、構想が中断され、懸案となっている。
    6月28日の説明会では、小水力を活用した形での電源整備をと、強く住民が要望した。それを受けての、今日の会議である。

    この件に関しての過去の記事はこちら↓
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-586.html

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-588.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-645.html

    奥裾花自然園にて、現地確認。

    水源現地確認
    取水が予定されている元池付近に集合した、参加者の皆様。

    取水提案
    元池よりも上流の地点に、新たな取水口を設定することを提案する、前鬼無里村長・風間氏。

    実施設計案取水口
    元池の取水口。

    鬼無里活性化センター
    現地調査終了後、鬼無里活性化センターに移動して、住民・行政間の討議。

    長野市は、実施設計の取水口をどの地点に設定するのかも明らかにしないまま構想を中断したと、地元住民は不満を述べる。
    落差を稼ぐ点で有利で、導水管を道路沿いに設置できて工費が浮くのではないかと、住民側からさらに上流の砂防堰堤から取水することが提案された。しかしこれは、水量を確保するために、湛水地を広げる工事が必要となり、現実的でないと退けられた。
    当初の案では、数百メートルの導水管を設置し、奥裾花観光センター裏に水車を設置することとされていた。今回長野市からは、元池取水口直下に水車を設置し、奥裾花観光センターほかの施設に送電すれば、工費が抑えられると提案があった。ただし、落差がかせげないため、発電量は1kw/h程度になるかもしれないと言う。不足する電力は、バイオディーゼルによる発電で補う。この方針で、次回、長野市がプランをまとめて持参することとなった。

    小泉からは、バイオディーゼル発電を取り入れるのであれば、その燃料BDFは鬼無里で製造されるものでなければ、意味がないと指摘。旧市内で製造し、二酸化炭素を吐くトラックで長躯運搬する策が、カーボン削減といえるだろうか。鬼無里で製造することができれば、雇用が発生する可能性もある。しかしこの日は、BDFプラントを鬼無里に整備するとまでは、行政は言わなかった。
    休耕田で、アブラナ・ひまわりなどの作物を生産して、BDFプラントが買い上げる仕組みができれば、鬼無里の新たな産業となるのではないか。花期には、観光資源への転用もできるかもしれない。

    鬼無里住民は、水車による発電に、強い思い入れがある。その気持ちは大事にしながら、長野市はよい案を作っていただきたい。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    7月21日、前夜の豪雨による被害状況を、西和田区長ほか地区の役員の方々と調査。
    古牧小西交差点100メートル
    古牧小学校西交差点から100mほど北の地点。北八幡川の溢水の状況。

    調整池看板

    調整池
    西和田と平林の境にある北八幡川調整池の状況。あと30cm水位が上がれば、ここもあふれていた。

    ゴミステーション基礎流出
    ゴミステーションの基礎ブロック流失状況。プレハブのゴミステーションが浮き、ブロックが流されてしまった。

    他にも被害はあるが、個人宅・事業所の状況写真は、プライバシーもあるので、割愛させていただく。
    北八幡川がこんなになっことは、見たことがない」と、地元の古老は口々に言う。気象変動を見越した備えが必要となっている。北八幡川は、千曲川に近い下流の方では、被害はひどくはなかったらしい。かつては柳原近辺で、浸水があったものだが。北八幡川の構造について、再検討が必要と思われる状況だ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑

    昨晩、長野地域に大雨・洪水警報が発令され、冠水した地域が発生した。土砂災害警戒情報も発表され、「大雨による土砂災害発生の危険が非常に高くなり、今後の雨によっては、土砂災害危険箇所及びその周辺では地すべり、がけ崩れなどが発生する恐れがありますので、十分注意してください」とのこと。
    小泉の地元・古牧でも被害が発生している模様。
    写真は昨晩の状況。
    南八幡川
    古牧小学校北側の北八幡川。撮影の直前には溢水していた。

    TS3Y0026.jpg
    西和田地区の床下浸水被害状況。西和田2丁目には、一時避難勧告が発令された。

    小泉自宅前の道路
    小泉自宅のすぐ前でも、道路が冠水し、一時交通が規制された。

    被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
    警戒と被害防止に奔走された消防署・団、市行政、住民自治協議会、地区自治組織の皆様、お疲れ様です。
    小泉の地元西和田区では、今朝から被害状況確認を行う予定。小泉も参加する。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑