小泉の所属会派・改革ながの視察として、郡山市役所のシティセールスについて、現地調査。
    現在長野市ではシティプロモーション事業が推進されており、他の自治体の事例を知るため、今回の視察となった。


    (ながのシティ・プロモーション推進計画)
    https://m.facebook.com/nagano.citypromotion
    http://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/44667.pdf


    まず、シティ・セールスとは、高度成長期が過ぎた後、減少しつつある人口、情報等の資源を確保するための、自治体間の競争であると明確な説明がある。その最終的な目的は、定住人口の増加であると。長野市からは、自治体間競争がシティ・プロモーションであるとの説明は聴いたことがない。これだけでも、視察に来たかいがあったと思う。こういう明確な施策の目的意識と定義付けは、長野市も見習わなければならない。
    その一方で、郡山市の事例はやや特殊で、一般的とはいいにくい面もあった。というのは、震災の存在である。同市では21年3月から、シティ・セールスをスタートさせたが、その後の東日本大震災の被災により、シティセールス自身の変容を余儀なくされたという。
    たとえば、効果測定の再定義をせまられている。シティセールス事業がスタートした当初は、首都圏における郡山市の認知度等を効果測定の指標として、調査を委託してきた。ところが、震災以後は、被災地として首都圏の認知度が高まったという。マイナスのイメージにより認知度が高まるという、当初想定しなかった事態がおき、それに替わる指標も用意できていない現状であるという。
    観光満足度や、ブランドイメージの向上の指標を設定する作業そのものが困難であるとは認識していたが、ブランドイメージは落ちているのに認知度が向上して困ったとは、意表をつかれる思いがした。現在の郡山市では、測定指標の再定義という困難な仕事が進められているわけで、今後もウォッチしていきたい。長野市のシティプロモーションも、効果測定指標は設定されているのだろうか。他の自治体の施策を眺める中で、長野市の課題に気づかされるのも、視察の利点だ。

    同時に、「シティセールス認定事業」についても説明を受けた。

    シティセールスの促進の上で、有益と思われる民間の活動を想定する。市のシティセールス事業として認定を要望する事業は申請し、審査を通ると認定のほか、補助金の交付等の支援を受けられるという。以前、大阪市でも同様のプロモーション事業をきいたが、郡山市の場合は補助金の上限が1件あたり20万円と、安い。だが逆にこれで申請・審査を通る企画があれば、費用対効果の高い事業といえる。郡山市は、地域でがんばる活動と市が連携する契機となることを期待していた。金を出すばかりが、能ではないということだ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    午前10時から観光戦略特別委員会。
    昨年の三井委員長の時代は、長野市への提言を出すと言いながら、個人のパフォーマンスへの論難や、計画性のない委員会運営により、提言を出せずに終わった。


    その経験から、委員長が改まった同委員会においては、機会あるごとに委員会から提言を出すとの言質を委員長からとってきた小泉である。
    で、いよいよ提言をとりまとめようという段になり、各委員からの意見がとりまとめられた。それが次の資料。


    現状・背景分析や、その施策を採るべき理由等に言及され、「戦略」の「提言」の名に値する意見が、どの程度あるだろうか...。今日の「提言」とりまとめに要した審議時間は、せいぜい30分ほどで、この資料の読み合わせ程度。合理的な委員は、自分の意見を、「資料にあるとおりです」の一言で終わらせている。
    これを基に「提言書」をまとめなければならない委員長・副委員長は大変だ...もっとも、実際に提言書案を執筆するのは、議会事務局の担当職員なのだろうけど。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    参議院議員選挙が終わり、いよいよ長野市は10月27日に市長選挙・市議会議員補欠選挙を控える政治のシーズンに突入。しかしながら、現職市長はいまだに去就を明確にしない。立候補を表明した人物、あるいはその検討を表明している人物は、何やってんだか、その主張が市民には伝わってこない。市議補欠選はうわさは聞くけど、誰が出てくるのかまだこれも分からない。
    というわけで、後出しジャンケン狙いなのかどうなのか、今ひとつ盛り上がりに欠ける選挙状況。ダブル選挙なのに、街は静か。こんな風だと、投票率が心配だよ。
    というわけで、おとといから小泉は毎朝の辻立ちをはじめた。市民に、ちょっとは選挙気分を感じて頂き、盛り上がればいいなと思ってのこと。雨天は中止。小泉はぬれても大丈夫だけど、拡声器が防水仕様ではないので。
    出たい人物も、とっとと街頭に立って政策を訴えていただきたい。小泉の方が目立っていると、そのうち市長選に担がれちゃうかもよ(笑―ないない)。



    昨日マイクを新調した。使用中のショルダーメガホンについているマイクが、つかいにくいため。リサイクルショップで、1050円(笑)。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!