長野市が数多く抱える、学校を始めとする公共施設。これらをどのように維持していくかは、どの自治体にとっても中長期にわたる重要な課題だ。人口と税収が増え続けていた時代は、人が増えただけ施設を増やしていればよかった。昨今のように人口が減り続けると、施設が余るようになる。その一方で、それらを維持する税収は減っていく。これではいつか破綻する。住民が便利に使っている施設を、どのように統廃合していくか。

    この作業のために、長野市は公共施設白書を作成中だ。つまり、長野市の公共施設とその使われ方を網羅した資料である。これをもとに、公共施設再配置計画、つまり統廃合が話し合われることになっている。

    ところで、施設維持・管理に関係する長野市の部署は、ざっと次のとおりとなっている。

    総務部庶務課(市役所の維持・管理)
    財政部管財課(行政財産台帳の管理)
    教育委員会総務課(学校等の維持・管理)

    これでは効率が悪い。公共施設の統廃合は、統一的な方針で各地域と折衝し、市長部局・教育委員会の垣根を越えて、総体的に進めていく必要があるだろう。長野市は迅速で一本化された意思決定を行わなければならないわけで、施設維持・管理部門の一元化が望ましい。
    この体制は、統廃合の計画を作る間だけでなく、その後も存続させる必要がある。というのは、主な施設には全て長期修繕計画を設定するべきであるからだ。長期修繕計画にしたがって、今後発生する修繕費を見積り、修繕を実行していく、施設マネジメント課とでも称する部署が必要だ。壊れたら直す―つまり修繕の必要が生じるまでは放置するというこれまでのやり方を改め、壊れる手前で手入れする。この方が、長期的には経済的に優れている。このアセットマネジメントの手法により、建物の寿命を伸ばし、維持コストを下げる。修繕計画を公表しておけば、修繕工事とともに改修すべき点について事前に住民と検討することも容易になる。

    それにしても、議論の土台となるべき公共施設白書の公表が遅れている。今年3月には公表されるはずが、いまだに市民は手にすることができない。市行政は作業をスピードアップし、困難を市民とともに乗り越える勇気が必要だ。

    関連のブログ記事
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1051.html


    関連テーマの辻立ち。1分22秒

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    大塚南交差点辻立ち

    今朝も辻立ち@大塚南交差点。
    現職市長の進退を表明しない点についての疑問を投げかけるテーマは、7月25日以降一貫している。それに続けるテーマを、その時々で替えているうちに新たな政策のアイディアがひらめく。やはり辻立ちは、続けるものだ。

    すると、見知らぬ方から声をかけられた。市長選出馬が取りざたされる、T.R.氏のお友だちだと言い、彼をどう思うかときく。ちょうど
    前回ブログでエムウェーブ内のオリンピック展示コーナー移設について書いたばかりなので、不思議なめぐり合わせだなと思いながら答えた。

    「人となりは十分に分かりませんし、政策も訴えておられないので知りません。ただ、エムウェーブ内のオリンピック展示コーナーは、彼が社長の(株)エムウェーブが指定管理者として運用しています。収蔵品の整理は不十分、週5日休業で、他の自治体のオリンピック展示施設と比べると、残念な運用となっています。長野市はシティプロモーション等で、オリンピックのホストシティとしての地位を活用すると言っていますが、その中核となるべき施設をこのような運用状況においているのは、彼の会社ということになります」

    「分かった。伝えておく」

    そう言いおいて走り去っていったけど、小泉がそう議会で指摘したのは一昨年のこと。今更、運用を変えられるのかなあ。もしも、運用が劇的に改善されたら...出る気固めたということかもね。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    ★ 政策提言 ★

    ◎狙い
     オリンピック・ムーヴメントの経済への活用と伝承の両立
     トイーゴ内生涯学習センターともんぜんぷら座の機能集約
     
    中央通りアトラクション化

    ●トイーゴ内の生涯学習センターをもんぜんぷら座に移設し、機能集約。
    ●トイーゴ内に空いたスペースに、エムウェーブ内のオリンピック展示コーナーを移設。再びオリンピック記念館に格上げ。学芸員を置く博物館として再構築。国際オリンピック委員会(IOC)、日本オリンピック委員会(JOC)、市内外の旧オリンピック会場・オリンピック展示施設及び東京オリンピック招致運動等と連携するセンターとする。
    ●同時に
    中央通りアトラクション化構想の一施策として、同区間内の歩行者通行量の増加への寄与を見込む。
    ●ワールド・オリンピック・コレクターズ・フェアを誘致しIOCとの連携で開催。会場は新設オリンピック記念館等。また、独自の類似企画を、年に一回度程度定期開催する。



    1998年、冬季オリンピック開催期間中、日本の中心は長野市であった。2020年東京オリンピック招致成功が有力視される中、再びオリンピック・ムーブメントが日本において盛上る可能性に対応していくことを考えるべき時だ。

    オリンピック開催都市と名乗ることが許される利点を、積極的に活用していく必要がある。同時にオリンピック・ムーブメントを伝えていくべき誇りある責務を、我々は担っている。オリンピックのブランド活用による経済効果の発現と、スポーツ文化としてのオリンピックの伝承を両立させることは、長野市の使命である。
    しかし、この観点からの長野市の取り組みは十分ではない。オリンピック伝承の中心的役割を担う筈の「長野オリンピック記念館」は、十分な展示・収蔵品の整理もされないまま、また展示品が壊れれば修繕されることもなく、IOCが命名したその名を「オリンピック記念コーナー」と変えて、細々と運用されている。週5日休業は、国内・県内の類似施設に比べて、低い稼働率となっている。
    オリンピックmuseums

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-514.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-516.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-529.html

    そこで、上述のような政策を提言する。

    生涯学習センターもんぜんぷら座は、それぞれが昭和通り・中央通り交差点の対角上という至近の位置にある。それにも関わらず、それぞれの学習室と会議室は市民による活用のされ方が類似しており、二重投資ではとの指摘がなされてきた。そこでもんぜんぷら座建物内に生涯学習センターを移設し、機能集約する。これにより、スペース・人員等の資産の運用効率を向上させることができる。ただし両施設の利用者には、事前の十分な説明が必要となる。

    生涯学習センター跡には、エムウェーブ内の長野オリンピック展示コーナーを移設し、長野市博物館条例上の「長野オリンピック記念館」として学芸員を配置。国際オリンピック委員会(IOC)、日本オリンピック委員会(JOC)、市内外の旧オリンピック会場・オリンピック展示施設及び東京オリンピック招致運動等と連携するセンターとする。常設展示に加え、連携先との相互協力による特別展を開催する等、背極的な運用体制を取る。招致成功が有望視される2020年東京オリンピック運動と連携しながら、国内におけるオリンピック・ムーブメントの一拠点を築き、長野市の存在感を示す。
    これは同時に、中央通り上の長野駅・善光寺を結ぶ区間に観光拠点を整備することになり、中央通りアトラクション化構想の一施策としても位置付けられる。

    オリンピック・ワールド・コレクターズ・フェアは、オリンピックの記念品収集家のための交換会・即売会のイベント。ローザンヌのIOCオリンピック・ミュージアム等で、1年に一回程度開催されているが、日本での開催事例はない。
    長野オリンピックのピンバッジ収集熱は世界的に有名で、今も市内外に熱心な収集家がおり、市内では年に一度程度、大きな交換会が開かれてきている。オリンピックの記念品の収集家は全世界におり、ヤフオクやeBayなどのネット上の個人間取引の活発化によって、その市場規模は拡大されつつある。
    新設長野オリンピック記念館において、オリンピック・ワールド・コレクターズ・フェアをIOCの承認の下誘致し、また独自にJOCとの連携による類似イベント企画を開催し続けることにより、国内外のオリンピック愛好家・収集家を誘客し、観光消費に結びつける。

    これらにより、施設の統廃合による合理化、観光施設配置による中央通りアトラクション化、シティプロモーションの強化、オリンピック開催都市の地位の経済的活用と責務の両立等、幾つかの政策課題が一度に実現できる。箱モノを造る必要もない。


    関連の街頭演説。演説中「ホワイトリング」と言っているのは、「ビッグハット」の間違い。訂正してお詫­びします。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    昨日は終日の雨。
    落合橋入口交差点で街頭演説を始めたが、スピーカーが防水仕様となっていないため、予定より早く切り上げ。
    水も滴る 
    水も滴る小泉の図。

    人口減少社会の下での公共施設維持のあり方を論じるべき時だが、そのデータとなるべき公共施設白書の作成が遅延している。3月には完成すると言っていたが、いまだに未完のまま。公表して、市長選挙の争点となることを、現職が恐れているのだろうか。公共施設の整理を、箱モノ命の現職市長と彼の顔色を窺う人達にできるのか。市民とともに困難な作業に向き合う人物が、次の市長になるべきである。辻立ちでは、そのように主張した。

    大雨洪水警報を受け、予定をキャンセルして、自宅で待機していた。15時あたりから、雨足がさらに強まる。
    小泉自宅前
    小泉の自宅前の道路は冠水し、川と化している。
    三重公園付近
    昨年出水した三重公園付近の北八幡川の状況。
    今夏出水か所
    今年の既往出水か所も、緊張させられる状況。

    去年の水害の反省として、水門操作が改善されたとのこと。対応に奔走していた、自治協議会・長野市行政・地域の皆様に感謝。

    明けて今朝。7時の早朝から、古牧地区住民が集結。交通事故撲滅古牧地区住民集会が開催された。
    古牧地区内では、今年すでに4件の死亡事故が発生している。異常なペースであり、今日の集会となった。早朝にも関わらず、多数が集まり、関心の高さがうかがわれる。
    古牧交通安全集会

    この後、今月7日に女子中学生が亡くなる事故のあった西尾張部交差点で、街頭啓発活動を行った。

    街頭啓発
    小泉も活動に参加。交通事故撲滅!



    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!