11月22日夜に神城断層地震が発生した。避難している方々が、冬に向かうこれからの季節をどう過ごすかを案じておられることを思うと、胸が痛む。被災されたすべての方に、心からお見舞いを申し上げる。
    今回の地震を踏まえ、長野市域では、大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報について現行基準より引き下げた暫定基準が適用されている。25日明け方から26日にかけて、低気圧と前線の影響で大雨のおそれがあることから、北部における土砂災害への注意を、市は呼びかけている。

    その夜、神城断層地震に揺れる書棚を、小泉は押さえていた。この揺れは尋常でない。震源が東北でなければいいがとの思いが、家族や地元を思うよりも先に湧いた。状況が安定化していない福島の廃炉群が、また放射能を吐き出すようなことがあっては、取り返しがつかない。震源が長野県北部の直下型地震とテレビニュースで知り、被災された方々には申し訳ないと思いながら、少しく安堵した。

    急いで防災服に着替え、古牧支所に登庁。大地震の際は、市議会議員は最寄りの支所に登庁し、安否確認を受けることとなっているため。すでに3人ほど職員が登庁していたので、見回りに行くと告げて地元地域を自転車で巡回。鉄工所のボンベが転がったと聴く。地元区長と連絡を取り合い、ブロック塀が倒れている家があると知る。小泉も、もう一軒のブロック塀倒壊を見つけた。古牧支所に連絡すると、すぐに現地確認に職員をよこしてくれた。

    倒壊したブロック塀

    夜の10時を過ぎても営業している店を回ってみる。コンビニエンスストアでは、陳列棚の商品が落ち、酒瓶が割れている店もあった。書店・レンタルビデオ店では、やはり棚落ちのため、平常よりも早い閉店。
    地元区長とともに再度古牧支所を訪れ、被害状況を報告。その時になっても、支所には小泉と区長以外の被害報告は入ってきていない。それから判断するに、地元の被害は大したことがないようだ。が、震源に近い地域はどうなっているのだろうか。そう思いながら、その日は夜2時近くに帰宅した。

    旧市内では、上松2丁目から箱清水にかけての住宅被害が顕著との話を聴きこみ、視察。確かに、屋根や壁、甚だしきは建物躯体に被害があるのが視認できる。被害家屋は線上に分布していて、そこから少しはなれた家は何ともない。長野市建築指導課が危険認定した住宅の家主さんにあいさつすると、厚意で見させてくれた。まだ新しい家だが、筋違が真っ二つに折れている。ローンがまだ残っていると仰っていた。天災のリスクに保険加入などで備えておくのは自己責任として必要だし、実際保険には入っているとのことだったが、生活再建に行政としてどのような支援ができるだろうかと、小泉は思案しているところ。

    危険の赤紙 折れた筋違

    上松2丁目付近の地割れと隆起の状況。

    地割れ 隆起した道路

    ここから近い、善光寺境内にも行ってみた。さすがに本堂はびくともせずに健在だが、石灯籠や石碑、鐘楼の土台などが崩れている。新聞報道では、地震があったにも関わらず、この連休中は観光客でにぎわったとのことなので、来年の御開帳への風評被害は、あったとしても軽くてすみそうだ。しかし、落ちた灯篭の数は少なくはなく、復旧に手間がかかりそうだ。

    倒壊した灯篭 倒壊した石碑
    土台が崩れた鐘楼

    山道に車を走らせてみたところ、小規模な亀裂、隆起などは、あちこちで発生している。きめ細かな被害把握と道路修繕が必要だろう。農地の石積みが崩れている例もあった。農地災害復旧を、こまめに拾う丁寧な行政が求められる。

    石積みの崩れ

    市立図書館に寄ると、ここでも思わぬ被害が。地震で散乱した閉架書庫内の図書利用ができない。開架も同様の状況だったが、徹夜で復旧したという。職員の皆様お疲れ様。市のホームページの地震被害情報には、このような市民生活に影響ある情報も併せて掲載し、知らせてほしい。

    崩れた本

    連休が明け、小泉の問い合わせに対する市役所の回答:

    ●被災した建物の固定資産税は減免の運用を検討中
    ●り災証明発行は、体制が整わないため、1週間程度を要する。
    ●住宅が危険認定されるなどで、家に住むことができなくなった世帯に、市営住宅入居を認める方向で調整中。-今のところ、被災者からそのような要望はないとのことだが、お困りの方は相談されてみては。
    ●これまでの点検では、建設中の第1庁舎・市民会館建物に神城断層地震による被害はないとのこと。一部コンクリート型枠を外しての点検が残されているが、現状では被害なしと見込んでいるとのこと。したがって、地震を原因とする、さらなる工期の遅延は発生しないで済みそうだ。

    また、倒壊のおそれのあるブロック塀等の除却に対する補助金制度があるので、ブロック塀に被害を受けた方は利用を検討してみてはいかがだろうか。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/shidou/99845.html


    今回の地震を教訓に、一層確かな防災対策を用意する必要性を、改めて認識した。現下は、被災者の生活支援を、まずは考えるべきだろう。


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    (http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1452.htmlからの続き)

    本年4月下旬、議会報告会の直前に、議会事務局の課長補佐(50歳)が、急逝した。議会報告会の開催が、まさに彼の担当業務だった。開催目前の、多忙を極めた時期の死は、小泉にとっては衝撃的だった。過労死の判定が出たとは聞かないので、この時期に亡くなったことと激務の間に、何らかの関係があったのかどうかは分からない。だが多忙を極めるなかでの急死を、ご遺族はどう受けためられたことだろうか。

    議会報告会2014
    (議会報告会の模様。報告会報告書から引用)

    今年5月の議会報告会は成功したと、議員一般は評価している。入場者数が昨年よりも増えたためだ。しかし小泉は、今年の議会報告会の成果を、素直に喜べない。議会の手柄の裏には、事務局の大きな苦労があり、直前には担当者が亡くなった現実を、議会はどれほど考えただろうか。
    議会報告会終了後、小泉は早速、議会事務局の残業の最新の状況について調査。6月、議会事務局の人員を増強する趣旨の要望書を、人事権者である議長に提出しようと、文案を示して各会派(新友会、公明党、共産党、市民ネット、改革ながの)と各無所属議員に呼びかけた。議会活性化を円滑に進めるためには、事務局体制の強化が、人員の増員が必要であると声を上げることこそ、議会の責任ある行動と考えたのだ。
    しかし、どの会派からも、無所属議員からも、一人の賛同も得られなかった。


    「市長部局において行政改革が進められている一方で、議会が事務局職員の増員を要請することは、市行政と市民から批判を浴びるのではないか」

    「趣旨は理解するが」と言いながら、大方の会派・議員からは、このような弁明が、口をそろえて出てきたのだ(中でも会派「改革ながの」からは、未だに何らの責任ある回答はない)。議会もお役所と同じ事なかれ主義で、何かを変えることから生じる軋轢よりも現状維持を優先するのか?
    市議会の活性化は、市民の利益になる。その推進にはコストが必要だ。そのように説明責任を果たすことを、なぜ厭うのか?
    残業が激増しているデータがあっても、そのなかで急死する者が出ても、議会活性化は進める。自分たちさえ良ければよい。権力を支える弱き存在には、考慮しなくてよい。議会はそう考えているのか? だとすれば、そんな議会が市民福祉の実現など、語る資格があるのだろうか?
    このとき初めて、小泉は議会というシステムに絶望を感じた。感じながら、何とか来年度の予算編成のタイミングに間に合わせるためには、9月議会がタイムリミットと決めて、それでも他の会派との交渉は続けた。細く、頼りない交渉だったが。
    最終的に、もはやこれまでと小泉が諦め、単独で議長あてに提出した文書の控えを、再掲する。


    提出はしたが、この文書の先行きを、小泉は悲観していた。議長は、会派新友会にあり、新友会はこの文書の提出には合意しなかった。そして先述したように、議会事務局の人事権は議長にあるのだ。
    意外な展開は、今年10月15日のことだった。決算特別委員会委員として議会事務局の決算状況を審査する小泉は、残業の状況を質問した上で、「増員が必要ではないか」と尋ねた。

    「議会事務局の人員増を要望していきたい」
    「議長とは相談し、了解をとってある」

    議長の了解があるとの説明に、小泉は正直に言って驚いた。それでは、新友会が合意できない理由は何だったのだろうか。
    だがこれで、はっきりした。増員が必要な状況にあると、議会事務局自身も認識している。決して小泉の独り相撲ではなかったのだ。議長もゴーサインを出した。事なかれ主義に陥ることなく、真剣に議会の行く末を案ずる者なら、同じ結論に至るのだ。
    小泉は反省した。無所属議員としての強みは、組織でがんじがらめになって、正しい結論が出せない会派とは違うという点だ。スタンドプレイと笑われても気にすることはない。合意を求めていくのは議会にとって重要な発想だが、それにこだわりすぎて発言の時期を逸しては、元も子もない。
    今後は、議会と市長部局の人事を司る職員課との交渉になっていく。職員課を説得できなければ、増員は認められない。議長ひとりの意思ではなく、議会全体の意思を示す必要が、今こそ求められている。それでも、各会派・議員は、小泉に示したような躊躇を、再び示すのだろうか。議会活性化の真価が問われる局面だ。

    この問題についてのビデオ
    (ブログ読者に先行限定公開)


    以下は余談。
    実は小泉は、昨年6月の時期にも、当時所属していた会派「改革ながの」において、残業の資料を示しながら、議会活性化のためには事務局の人員増が必要だと訴えた。小泉の主張に、会派長老の塩入学氏が問題を預かることとなった。

    しかし、塩入学氏は一向に動く気配がない。小泉がどうするつもりかと訊くと、「そんなに忙しく見えないがな」との返答。議会改革を進める会派だと言いながらの無責任な態度を小泉は咎め、口論となった。今思えば、塩入氏は、はじめからこの問題をとりあげるつもりがなかったのだろう。そして他の議員が従順に自分に従うのに、いつも小泉だけが堂々と正論を唱えることに我慢ができず、小泉を不当に処遇しようとして、却って小泉の会派脱退という事態を招く一つの要因になっていたのだと、今にして思う。
    それはともかく、自らの問題は解決せずに避けて通ろうとする議会の事なかれ主義を理解するようになったのは、小泉にとって成長だった。決して共感はできないが。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    議会事務局執務風景
    (長野市議会議会事務局執務風景)

    「議会事務局の人員増を要望していきたい」
    「議長とは相談し、了解をとってある」

    議会事務局長の意外なほど積極的な答弁に驚きを覚えながら、小泉は聴き入った。先月15日、決算特別委員会での席でのことだ。

    少しずつだが、
    議会改革の歩みは進んでいる。それまでホームページで公表してきた本会議の会議録に加え、平成25年3月定例会からは、各委員会の会議録も同様に公開している。同年5月と本年5月には議会報告会が開催され、議会が直接市民に説明責任を果たす場が設けられた。今後定期的に開催されていくものと、小泉は期待している。また、平成25年度からは、市議会農林業振興対策特別委員会が農業者アンケートを実施する等により、(仮称)長野市農業振興条例制定の準備を進めている
    これらはもちろん、必要な動きであるし、今後もこのような議会の活動がますます活発となることが市民からは期待されていると小泉は考える。
    近年、議会が活性化しているのはよいことだが、そのために必要な条件とは、何だろうか。その一つは議会・議員のヤル気であることはもちろんだ。しかし、議会の活動は、議員だけで成立しているのではない。長野市行政の長である市長の許に職員がいるように、議会は議員だけでは機能しない。たとえば、
    市議会のホームページのコンテンツ制作には少なからぬ労力が必要だが、ほとんど全ての作業を議会事務局が行っている。最低限必要な広報だけでも、現状をみると議会自身ではできないだろう。つまり議会が活発化するためには、同時に事務局機能の強化が必要なのだ。しかしこのことは、議員を含めて、意外なほど認識されていない。議会の活性化は、議会事務量の増大に直結し、やがては事務局人員の増加が必要となる。いや、もうすでに、人員増加なしでは議会事務局の機能を維持するのが困難なところまで来ていると、小泉は見ていた。


    上掲の文書は、小泉が今年9月に議長にあてて提出したものだ。
    議会事務局の残業は増大している。このことに気づいたのは、昨年のことだ。前述したように、24年度末から25年度にかけては、いくつかのボリュームの大きい事務が新たに加わった。特に昨年4月は、年度当初の繁忙、委員会会議録公開システムの調整と議会報告会準備が重なり、事務局は見るからに多忙を極めており、このままではパンクしそうに見えた。しかし、小泉以外の多くの議員の認識は、ごく薄弱なものだ。というのは、ほとんどの議員は、17時をメドに議場を去って帰宅したくなるのが習いだからである。委員会審議でも、17時が近づくにつれ、「進行」「進行」と審議を急がせる声が多く、大きくなっていく。
    一方、小泉は、議会控え室で夜遅くまで仕事をすることがしばしばある。いつもは、定例会が終われば、残業続きの事務局も一息つくのだが、昨年の3月議会後はそうでなかった。それどころか、5月の議員報告会まで、夜遅くまでの残業が続いていたのだ。17時にきっちり帰ろうとする議員は、そんなことに気づきようがない。

    議会事務局に一つの異変が起こったのは、年が明けて、今年4月のことだった。
    (続く)

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!