おはようございます!今朝は落合橋交差点で街頭演説。寝不足でテンション高め!

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年2月8日


    【地域おこし協力隊員とふるさと寄付金】 「例えば、地域おこし協力隊卒業生の作った無農薬のコメとか、ふるさと寄付金に対する特典として活用してはどうか」隊員には3年任期の後、定住していただきたいのが、制度のホンネ。だが地域に十分な生活基盤がな...

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年2月8日


    【市街地にも地域おこし協力隊員を】 これは制度上は可能。例えば介護予防事業等、市は地域の関与を求めたいところだが、すべての地域で十分な人材が備わっているわけでもない。ボランティアによる協力にも限界がある。市職員による「地域きらめき隊」構想を...

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月9日


    【地域おこし協力隊員は便利屋か?】 隊員の管理業務を隊員自身にさせるのは、地域おこし協力隊の趣旨に合致しているのか。便利に使ってしまっては、いけない。地域おこしという、隊員本来の業務に振り向けるのが、長野市の進むべきカッコいい道なのでは?

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月9日


    【小泉の主張、通った!!】 「ここは災害で孤立するかもしれませんよ」という説明、行政としては勇気がいる。しかし必要だから、小泉は求めてきた。地味だけど、大きな決断。小泉は応援したい。がんばれ、長野市。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月9日


    【また市長の「どかーん」!?】 「カトウミクス」、「長野にでっかい元気玉」と、加藤市長は言葉のヒビキだけで心理的に盛り上げる手法がお好きな方。それを全否定はしないけど、内実が伴えばカッコいいのになあ。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月9日


    長野県での講演だからと、気が揺るんで言っちゃったんでしょ。フクシマで言ってみなさいよ。こんなこと言うためなら、長野県に来てくれなくていいんだけど?。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月9日


    街頭演説の後でチョコリスタ飲んで、ココアとどう違うのか悩み中。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月8日


    【カッコイイ長野市になれるか!?】 社会的ブームの、ふるさと寄付金の特典。「長野市も充実させて、農業プロモーションに役立てるべき」との小泉の提案に、今日の農林業振興対策特別委員会で、農林部がようやく前向きな姿勢を見せ始めた。「ふるさと寄付金の特典は、寄付制度の本質から外れている」なんてタテマエ論よりも、悩み多き農業への支援という本音を優先させる、カッコイイ長野市であっていただきたい。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月8日
    2015年、全国のふるさと納税額トップ20に、県内から伊那市・飯山市がランクイン(ふるさとチョイスまとめ)。それぞれ、特典であるギフトカタログやコメ・コンピューター等がウケたようだ。長野市は唯一運用してきた特典のピンバッジを、今年になってから廃止。特典なしの状態となっている。長野市にはいいもの、おいしいものがたくさんある。寄付金集めというよりも、市の産品を全国に発信する機会として、需要拡大策として、ふるさと納税制度の積極的な運用にチャレンジするカッコイイ市役所魂を見せていただきたい!! 伊那市、飯山市よ、すぐに追いつくぜっ!

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    平成28年1月26日 ~ 平成28年1月28日の日程で、九州方面にて視察。皆様のおかげで、勉強させていただきました。視察の成果を長野市政に反映させるべく、鋭意努力してまいります。

    1月26日、佐賀市にて佐賀市農業振興基本計画について聴取。
    4か年計画で、今次計画は2014年から2018年の間。農業所得の向上や経営の安定をさらに図っていくために、第2次計画として策定された。
    長野市では、議員立法により長野市農業振興条例が施行され、その下で農業振興計画が策定されているところ。長野市議会が調査と会派間の調整を経て制定したものであり、議会は策定に強い関心を持っており、議会の意思を反映させた計画となることを望んでいる。
    そのような背景から佐賀市農業振興基本計画について、策定への議会の関与はどのようなものであるか質したところ、議会内に組織された研究会あてに計画案・進捗状況等を説明し、議会の意見を徴しているとのことである。
    資料によると、佐賀市は主要農産物について産出額ベースで独自集計した統計を持っている。

    長野市では現在、農産物ごとの統計が未整備と聞くが、農業振興計画立案の際の基礎的データとして整備する必要があるものと思料する。
    鳥獣被害対策に関連しては、捕獲したイノシシ肉の処理が効率的に進められている点が目を引く。年間100頭の処理数は、長野市の30頭と比べて多く、加工肉材料として全量を買い取る業者が近隣に存するとのことである。長野市では、ジビエの材料として精肉のまま流通させることに目が行きがちだが、加工品材料としての活用にも改めて着目してよいだろう。

    佐賀市視察で質問
    質問する小泉

    1月27日、日田市にて日田市林業振興について聴取。
    日田市にとって林業は主要産業の一つと位置付けられている。市内に原木市場が7、製材工場が70程度存在し、また素材生産量は272千㎥と、長野市の状況とは大きく異なっている。
    公共建築物の木造化、木質化は、都道府県を経由しての林野庁補助金があり、積極的に推進されている印象を受けた。長野市も積極的に取り組むべき分野であるだろう。
    森林・林業・木材産業振興ビジョンの数値目標としては、再造林の広葉樹面積、認定林業者数、シカの捕獲数、新規就業者数、間伐面積、干しシイタケの産出量等が定められているとのことで、長野市でも目標値の立て方として参考にすべきと思われる。

    日田市視察で質問
    説明に聞き入る

    1月28日、長崎市にて長崎市農業振興計画等について聴取。
    計画は平成24年度から32年度までの9か年間となっている。
    計画策定の際、県、農協等の外部機関との打ち合わせを行い、お互いの計画の整合性を確保している点は、長野市も参考とすべきと思われる。
    有害鳥獣対策が充実している印象を受ける。農業被害だけでなく、民家敷地の掘り起こし等生活環境被害についても統計対象として把握しており、これは地域ぐるみの取り組みをより強化する方向に働いている。捕獲隊(狩猟免許所持者をリーダーとし、捕獲補助員がわなによる捕獲作業の協力をするチーム)を結成し、地域組織の力で対応しようとしている点は、長野市も参考とすべきだと考える。
    長崎市役所前で記念撮影

    長崎市役所前で記念撮影

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    【苦肉の策の新庁舎】1Fのこのかベのスペースを埋めるため、設計の槇文彦氏がアート作品を独断で手配していたことが発覚。長野市側がこれを了解しなかったため、御開帳のウェルカム長野キャンペーンで飾った絵を掛けて急場しのぎ。施主の長野市とのコミュニケーションが十分でないのは、芸術館見切れ席だけでないことをうかがわせるハナシ。

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年1月3日
    この絵をどうしてここに掛けたかというと...


    【また内緒でこんな...】施主の長野市役所に黙って、壁にこんな未施工残しちゃったの? 槇文彦事務所制作のアートを飾ろうと思った? それならいい...わけないでしょ。芸術館の見切れ席の件といい、これといい、施主を立てるカッコいい建築家さんでいてくださいね♥

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月8日
    設計者の趣味でこんな見施工部分が残っていたのを、隠していました。

    【ドキドキはもういいから】芸術館の見切れ席について、改修費用は負担すると明言した槇文彦事務所。しかしその後、工事日程を示さない。長野市民を心配させる演出、もういいです。この壁みたいに、とっとと直してください。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月8日
    これでやっと、本来あるべき壁に。芸術館見切れ席の改修も、ちゃっちゃっと頼みますよ、槇文彦さん!

    【これは犯罪!】長野運動公園のトイレ。明らかに故意に壊されている。軽い気持ちでやってるかもしれんが、構造物等損壊罪に問われれば5年以下の懲役だからねー。市には早急な対応を要請。地域を小泉が巡回していて発見。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月7日


    月イチの金一会、終わりました。毎回この会で、ヒントやエネルギーをいただいております。参加者の皆様、ありがとうございました。

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年2月5日


    個食になりがちな今時の子どもに、みんなで賑やかに食事する機会を提供する「信州こども食堂」の取り組み。打ち合わせにお邪魔して、お話を聞かせていただきました。こういう地道な活動が、すみよい地域を作っていると実感。

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年2月5日
    地域の小学生を集めて、公民館料理室で自分たちで料理を作って食べる会を開催してきた小泉。会の趣旨が似ているため、勉強させていただこうと話を聴きにおじゃました。「私たちより、前からやってるんですね!」って感心されたけど、それほどのものじゃないんです。ただ、子どもたちには好評なんで、活動を広げられないかと考え中。

    【地域は、がんばる!】 古牧地区自治協議会が取り組む介護予防事業の体操教室。地域もがんばるけど、行政も自治協が負担感なく取り組めるように頑張れ。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月8日


    【寒いときとめちゃ寒いときの顔】日陰の関崎橋東詰めでは、顔がこわばっているのが分かりますねー

    Posted by 小泉 一真 on 2016年2月7日


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!