公共施設白書を知ろう会

    昨7月6日、長野市北部勤労青少年ホームで「長野市・公共施設白書を知ろう会」に招かれ、講演した。
    第一部では、市の行政管理課職員から、市の出前講座として公共施設白書とは何かについて説明がある。
    公共施設白書とは、小泉の理解するところでは、つぎのようなもの。高度経済成長期に、右肩上がりの経済と将来人口推計に基づいて整備された種々の公共施設。経済も人口が右肩下がりとなるとの前提に立たざるをえなくなった現在、更新時期を迎えるこれらの施設をどのように維持管理していくべきか。自治体のもつ公共施設を総点検して、「見える化」し、その議論の材料としてていきょうされるもの。その先には、市の施設の統廃合―公共施設再配置計画がある。
    長野市は現在行政管理課が作成中。取り組みとしては、決して早い方ではない。去年の説明では、3月までに作るとのことだったが遅れている。

    http://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/44977.pdf

    市民からの質問に対し、職員から「(公共施設白書は)市長選挙までには出ます」との発言を聞けたのは、小泉にとって本日の収穫。ナイスな質問、ありがとうございます。

    休憩をはさんで、第二部から小泉の出番。...と言っても、まだ白書がないから、他の自治体の話とか、長野市の抱える特有の問題をお話しした。たとえば、市町村の公共施設の中では学校が60%程度を占めるのが一般的と言われるが、行政管理課の資料では38%となっている。ということは...といった具合。
    近日中に動画でアップできると思う。

    関連記事
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-988.html


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1045-8628b371
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)