昨日、古牧公民館で開催された意見交換会に参加した。
    冒頭、古牧地区内に居住する4市議からの報告の時間を、各10分与えられた。議会が主催した市民への議会報告会では、分かりやすい説明を求める声が聴かれた。そこで、この日のためのプレゼンテーション資料を用意して臨む。


    意見交換の後の懇親会では、政治家はアピールすることが大事だとの評価をちょうだいした。一方で、やりすぎるなとも。「やりすぎるな」という声が出てくるのが小泉らしいところだと自覚している。だが「やりすぎ」の線引きは難しい。それぞれの人によって受け止め方はことなる。だから小泉は発言の機会を得た時には、常に全力投球している。「もう少しやればよかった」と後悔するより、やりすぎて悔いる方がよいと思っている。反面、カジュアルな世間話のときには聞き役に徹することが多い。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1085-d7fb864e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)