「長野市長選に出馬している男性候補者K氏に、先月車を横から当てられ、車は大破し私はむち打ち症になりました。
    通院を開始してもうすぐ一ヶ月。
    未だに謝罪の一つもありません。
    事故が起こってしまった事は誰にでも起こりうる事なので仕方がない事だとしても、その後の応対の無さに不安を感じました。
    こういう人に市政を任せていいのか疑問に思います。」



    ...このような主張が、ツイッター・Facebook上でなされ、拡散されつつある。こう主張する人物は、立候補予定者の中に"K"のイニシャルを持つ者が複数いることに気づき、後から「小泉」とは異なる姓の人物を、相手方として表明している。
    小泉としては、このような主張の真偽や事実関係について関知する立場ではない。しかしながらこの事象を、小泉へのネガティブキャンペーンに利用しようとする動きが一部にみられるため、あえて小泉とは無関係のものであることを強調しておきたい。
    願わくば、当事者として姓を指摘された立候補予定者は、事実関係について早急にコメントを発していただきたい。このような話題ではなく、政策本位で盛り上る市長選挙であってほしい。

    この件が事実であるとすれば、主張者のお怪我が速やかに快癒することを、強く望む小泉である。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1134-c297d327
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)