東和田の辻に立った。
    やはり、街頭演説はするべきだ。言葉に出して言うと、頭の中が整理される。
    新しい幟も、この日満を持して、デビュー。

    新しいのぼり

    氏名を掲示しながらの政治活動は、選挙期間内外を問わずにできないことになっている(政党に属していると、可能になる)。なので、小泉一真の信条を幟にした。もしも、小泉の氏名が浮き上がってみえたとしても、それは小泉の熱い思いが、見る人の脳裏に投影されたのだと思っていただきたい


    市長選挙後、ほぼ半月が経過した。応援した橋本まさゆき氏は当選させてあげることができず、まことに残念。加藤氏以外の候補の得票を積み重ねると、加藤氏のそれを上回る。小泉が提唱した候補1本化が実現できていれば、加藤氏が当選できていたかどうかには疑問がある。「一本化自体が敗北」と言った候補がいたが、実際は一本化できなかったことが敗北の原因なのは明白だ。
    当選された加藤久雄市長、おめでとう。だがそんなにおめでたい勝利なのか、よく考えてみよう。
    懸念された通り、低投票率となった。42%。そのうち、加藤氏の得票率は50%に満たない。つまり全有権者のせいぜい5人に一人程度しか、加藤氏に投票しなかったことになる。
    一方で、長野市議会の改革ながの、新友会、公明党、無所属2名が、加藤氏を担いだ。改選前で38名のうち、実に29名、76%が加藤市長派なのだ。5人に1人の有権者しか投票しなかった加藤氏を、議会は実に4人のうち3人強が支える構図となる。今後の議会運営がどのようなものとなるのか、興味深いところだ。

    市議会議員補欠選挙のグレート無茶氏は惜しかった。次点に泣いたが、僅差。運動を1週間早くはじめていたら、おそらく入っただろう。リターンマッチで、ぜひ雪辱を果たしていただきたい。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!


    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1210-46abc0bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)