12月17日、12月定例会最終日。議案等の採決、請願・意見書の採択が集中的に行われる。
    2名の議員が反対討論した条例案があった。火葬場の料金を値上げする条例案(長野市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例案)だ。反対討論のうち1名は、小泉。
    制度を整えようとする政策条例案には、周到な準備が必要なはずで、反対討論が2つも飛び出すのは、異例。議案を継続審議とする動議が出されたが、これも異例...新聞は全然書かなかったけどね。
    この条例案で、長野市の火葬場の料金が、8千円から15千円に値上げされた。火葬場の利用料のほかにも、こまごまとしたいくつもの値上げが実施される。たとえば、長野市の葬祭事業では、お葬式の祭壇は、最も安価なもので1400円(レンタル、資料9ページ)。お棺も同じく1300円(11ページ)。これらが、それぞれ8800円(買い取り)、12千円に値上げされる。それぞれおよそ6倍、10倍の値上げ幅だ。


    値上げ自体は、やむを得ない面がある。松代斎場と大峰斎場の、建て替えが相次ぐ。極端に安価な葬祭具の販売は、赤字の値付けとなっており、時流にはそぐわない面もあるだろう。しかし、このようなプライスで、サービスを維持してきた理由に、思いを致す必要がある。市は小泉の議案質疑への答弁で、その理由は「社会的配慮」であるとした。葬祭事業は、一種のセーフティネットの役割を果たしてきたのだ。これを急に値上げてしてよいのか。経済的に困っている市民が、簡素なお葬式を出したいとき、長野市の葬祭事業は利用のしがいのある制度だったはずだ。

    長野市は、国民健康保険から葬祭料として5万円が支給されるし、市にも減免規定があるから大丈夫だという。

    長野市斎場の設置及び管理に関する条例(現行)

    では、保険料に延滞がある方は、どうなるのか。また、減免の運用について小泉が議案質疑すると、経済的困窮に対する減免の実績には言及がなかった。これらの制度設計について、議会に詳細な資料を提示すべきではないかと小泉は議案質疑したところ、「精査中」との生活部長答弁だった。要するに決まっていないということで、そんな段階で議案を議決しろと言われても困るのだが。
    市が議会への説明のために用意した資料には、仏式祭壇の貸し出しについては書いてあるが、神式祭壇についての説明がない(9ページ)。これらを合わせて廃止し、その代わりに「後飾り段」と称する仏式・神式の両方に対応する祭壇を販売するとの説明は、小泉が独自に聞き取り調査した結果、出てきたハナシ。仏式と神式を一つにまとめられるとは、無理のある説明に聞こえる。質疑への答弁では、宗教上の選択肢を減らすことについて、特段の検討はなされなかったようだ。

    後飾り段 

    これでは市民に対し、議会として説明責任を適確に果たすことができない。小泉は、この議案に反対した。
    もうひとつの反対討論では、議会に対する市の説明に誤りがあったと布目ゆきお議員が主張した。
    彼によると、中核市42市の斎場利用料平均値は13,094円で、値上げ後の15千円はそれに準じているとの説明には、誤りがある(6ページ)。無料、つまり利用料0円の中核市は除いて平均を算出しているというのだ。正しい平均は8384円(待合室料込み)。16年以降で比較しても、0円実施を含めた平均は、12,255円となるという。これではやはり、議会から市民への説明責任が果たせない。

    「長野市をガラッと変える」と、市長の加藤久雄氏は訴えている。しかし、残念ながら旧態依然の状況が続いている面があることも、この日は明らかになった。採決の前に、生活部長が新友会の議員控室を訪ねている。不備ある議案の通過について、「打ち合わせ」があったのだろう。問題がある議案でも、また料金の値上げという慎重な審議を要する議案でも、数を頼んで議案が通過してしまうのは変わっていないのだ。「市民はお客様」とは程遠い議会が続く。今や市長寄り、行政寄りの議員は、実に議会の4分の3以上だから、以前よりも後退しているとさえ言える。
    「長野市をガラッと変える」なら、議会も変わらなければならないはずだ。市長が提示する変化が、市民の利益に合うものなのか、もっとよい方法はないのか、問題があればどのように修正すべきなのか。議会はその観点から、今まで以上に機能しなければならない。
    だが、今の議会にその機運は乏しい。なかでも与党慣れしていない改革ながのは、浮ついていたように見える。火葬場値上げ条例案の継続審議に賛成しておきながら、採決では賛成に回った。どういう論理なのだろうか。改革の名が泣く。
    市長派が圧倒的多数を占める議会にあっても、小泉は今後も市民の目線から発言していく。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!


     
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1244-e8b42ec1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)