長野市は、シティプロモーションに取り組んでいる。そのねらいを要約してみた。

    「人口減少・少子高齢化の進展、リーマンショック以降の世界的な景気の悪化等を背景として、都市間競争が激しくなる中、多彩な魅力ある資源を活かすことにより、魅力と活力に満ちた長野市を創り、交流・定住人口の増加を目指していかなければならない。
    そのため、厳しい環境の下、持続的に都市を発展させるためには、長野市の魅力を知っていただき、「選ばれる都市」となることを目指す。」
    https://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/44667.pdf

    で、「選ばれる都市」になるために、作らせたシンボルマークがこれ。

    シティプロモーションマーク

    ...ま、まあデザインの良し悪しは主観的なものではあるけれども、これはどうなんだ? このシンボルマークと、キャッチフレーズ「ながのご縁を 信都・長野市」の製作に、長野市の公金から350万円が費やされている(契約は外郭団体のながのシティプロモーション実行委員会名義)。しかも、(株)おくとプロなる業者と一者随意契約でだ。長野市は業者の実績を強調するが、小泉が指摘したとおり、ホームページもない。日本広告業協会はもちろん、その末端組織である東京広告協会にも加入していない。地元中央区の入札参加資格も取得していない。
    「選ばれる都市」になるためには、大枚はたいて、業界団体にも入れない業者に随意契約で発注する長野市行政の姿勢を正すことこそが重要ではないか。小泉は、「行政の透明感・清潔感が、自治体のプロモーションとしては最も重要」と指摘した。

    さらに、この業者がデザイン提案してきたキャラクターがある。このデザインは公表されておらず、一部の議員にだけ知らされていたという問題もあった。小泉の質問の結果、全ての議員に開示されたそのデザインたるや、〇縁マークどころの衝撃ではない。ゆるキャラがはやりだから、多少デザインが甘い方が面白いかもと思っていた小泉の方が、甘かった。非公開が前提の情報開示だから、ここに示すこともできないのが残念。プロの仕事として最低限プライドをもってクリアすべき水準があるはず。〇縁マークについては、「見る者の主観の問題もあるからねえ」と、その評価に多少は逡巡した小泉だが、このキャラクターのデザインではっきりと、この業者のデザイン水準がどの位置にあるのか、分かった。
    質問では、小泉はこの〇縁マークを使うように発言している。しかしその心境に至るまでは、大いに苦悩があった。市民の公金を投入した製作物を使わないわけにもいかないだろう。これを使って都市間競争に勝てると長野市とシティプロモーション実行委員会が判断したのなら、その結果を出していただくしかない。

    それにしても、と思わずにいられない。地元の企業にチャンスを与えたうえでの失敗なら、無為な失敗とはいえない。デザインコンペやプロポーザル契約で、長野市の業者が東京に負けたのなら、あきらめもつく。東京の、ホームページもない広告代理店に随意契約で任せたことが、返す返すも悔やまれる。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!

    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1389-8d7efd07
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)