201412一般質問2
    2014.12.05、12月定例会一般質問に立つ小泉一真

    地震・風水害等によって道路の通行連絡が困難となり、孤立する恐れがある。そんな「孤立可能性集落」が275か所もあると長野市が認識していることが、小泉の質問で初めて明らかになった。これら孤立可能性集落の詳細な情報は、議会にも当該集落の住民にも、これまで知らされてきていない。ただ、平成21年度に、その当時の総数だけが議会答弁で示されているだけだ。平成の大合併が完了した現在、その数が増えて275集落あると認めたのも、個々の集落名称を確認できたのも、これが初めてのことだ。
    議会で配布した資料。2ページ目に集落の一覧があり、このとおりで間違いないことを、答弁で確認した。質問時間が7分しかないため、すべてのデータをいちいち問いただすことができず、このような方法をとらざるを得なかった。


    資料の通り、長野市の孤立可能性集落の備えは、全国水準に比べて遅れている。そもそも、孤立する危険性を行政が自覚しながら、それら集落の人口・要援護者さえ全く把握できていない。長野市地域防災計画では、「孤立予想地域の人口、要配慮者、観光客数などの実態把握」が掲げられているのにも関わらず、だ。一方で全国の孤立可能性集落の70%以上では、それらが把握されている。
    同様に、

    集落内に避難施設がある孤立可能性集落: 全国68.2% 長野市21.8%
    情報通信手段のある孤立可能性集落: 全国48.1% 長野市13.5%

    となっている。集落が孤立した際に、住民の生命・安全に最も強く関与する避難所・通信手段の整備が、長野市は著しく遅れている。一方で、自主防災組織が100%組織されているのは立派。だが避難・受援計画が整備されておらず、孤立の際に能力を発揮しきれないのではないかと、小泉は憂慮する。そもそも、自主防災組織にも孤立する可能性がきちんと情報提供されていないから、孤立するという危機意識を明確に持って備えようがない状況ではないか

    小泉はこれらに関する詳細なデータを入手している。「中山間地等の集落散在地域における孤立集落発生の可能性に関する状況フォローアップ調査 調査結果」(内閣府、平成26年10月)の、長野市分である。次に掲げるのは、市内孤立可能性集落それぞれの状況を一覧表にしたもので、小泉が作成したもの。これでもまだ「抜粋」で、訓練の状況等のデータはほかにまだある。


    これらのデータはオープンにして、官だけでなく、民との協働で危険に備えていくことが必要だと、小泉は考える。確かに、長野市の孤立可能性集落対策が遅れているのは褒められたものではない。集落の人口や要援護者の把握、避難・受援計画の策定といったソフト面の整備さえ全くなされていないのは、怠慢といえる。だが一方で施設・備蓄のようなハード面の整備は、速やかに進めることには困難を伴うのも、ある程度は理解できる。なにしろ長野市一つで275か所というのはべら棒な数で、よその「県」の2つや3つ分に相当してしまうような規模なのだ。官だけで進めるのには限界があり、民の知恵が求められる。
    その中で平成の大合併で長野市となった鬼無里、戸隠、中条の地域は、比較的備えが進んでいる。合併前に、村民の命を守る真剣な取り組みが行われてきた結果だ。長野市はこれらの地域の取り組みを研究し、他の中山間地に展開していかなければならない。特に、孤立集落内避難施設の用意のあり方には、学ぶべきだろう。

    孤立可能性集落について、情報を落とし込んだ地図を作ってみた。本当はこれは一議員がする仕事ではなく、行政がやるべきことだ。だがそんなことを言って何も進まないのではしようがない。皆様が活用できるのであれば、どんどん転載してご活用いただきたい。



    この地図は、小泉のホームページにも掲載して周知に努めている。読者の皆様にも、拡散の手段があれば、お願いしたい。
    http://www.koizumikazuma.jp/#!bousai/c1r11

    ユーチューブでも、孤立可能性集落の防災について訴えている。「こいちゃん」-小泉一真とーく・ちゃんねる。



    この日の小泉の質問では、特定の議員の名称への言及が不適切だとされ、取り扱いが議会運営委員会で審議された。そこでは小泉の発言が不穏当等との発言もあったが、そう決めつけるだけでどのような理由でそう考えるのかを誰も発言しない。そこで小泉から発言を求めたが、「発言の取下げに同意するか否かに限って発言を認める」との理不尽な塩入学委員の提案を、委員会が容れてしまった。長野市議会というのは、こういうところだ。今度からは気を付けようと、反省はしている。名称を挙げた議員にも、謝罪した。こういう一面も小泉の持ち味と、平に読者のご容赦を賜りたく。


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1459-f62c0b6e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)