視察の一こま
    公費による出張先での一こま

    3月議会の報告はまだまだ続く。今回は、議会運営についてのお話。

    実は、長野市議会も長野県議会も、鉄道利用の旅費支出については、領収書を政務活動費の報告書に添付していない。
    昨年、兵庫県の某県議会議員が、政務活動費で同じ温泉に何度も頻繁に通っていたことが話題になった。いわゆる「号泣県議」だ。彼は、利用した鉄道の領収書が収支報告書に添付されるべきところ、添付されていなかった点についても、指摘を受け、問題視されている。だが、長野市議会・県議会は、そもそも領収書を添付する必要がない。なしで良しとするルールになっているのだ。「号泣県議」は、切符の販売機から領収書が出てくるのは知らなかったと言い訳しているが、そんな言い訳すら不要なわけで、号泣県議以下の状態にある。
    「号泣県議」の一件が話題になってから、各地法議会では領収書添付のルール化が進んだ。一方、今や長野県議会は都道府県議会の中では唯一、領収書の添付義務がない議会となってしまっている。



    ...政務活動費で、全国47都道府県議会中、昨年夏時点で長野県議会だけが収支報告書への鉄道利用時の領収書添付を義務づけていないことが、朝日新聞の調査でわかった。
    (朝日新聞デジタル 2015年3月16日)
    http://www.asahi.com/articles/ASH3D4W04H3DUOOB00T.html



    長野市議会も自らルールを変える必要があるのではないかと考え、先月20日、小泉は議会に対して領収書添付の原則化を提案。同月24日の議会運営委員会で審議された。


    領収書の添付なんか、ヤル気さえあればすぐにできること。だから平成27年度当初から運用することとしてスンナリ通ると、小泉は期待していた。だがしかし、各会派に案件を持ち帰って、引き続き検討するとの結論。各会派の代表が寄り集まった議会運営委員会でこの程度のことが、なぜ即決できないのだろうか。このまま店晒しにするつもりなのだろうか。

    ある議員から、鉄道は経路が決まれば料金も一意的に決まるのだから領収証の添付は必要ないと指摘された。いや、金額の確認もだが、本当に報告通りの旅行をしたことの証明が有権者からは求められているというのに、大方の議員の認識というのはこの程度。指定席で報告して、自由席や高速バスを使えば、差額を着服することもできる。
    議会の旅費支給は、市役所のルールに準じている。市役所も、旅費の領収書を必ずしも添付しなくてよいのだ。

    「市役所職員の出張に領収書の添付なんか必要ない、だってお役所は間違ったことはするわけないんだから」

    という、官尊民卑の思想が、そこにはある。お役所は、特別な存在というわけなのだ。で、この発想は、議員にとっても都合がいい。民間が領収書を添付しているところを、自分たちはそうしなくてよいというのは、議員の特権意識を満足させることだろう。だから、行政をチェックするのが仕事の議会も、旅費の支出手続きについては、市役所の言い分をそのまま自分たちの言い分としている。かくして、市議会と市役所はもたれあっていると、小泉には思える。
    それが市民からどのように見えるかを、市議会も市役所も考慮するべきときなのではないか。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1468-31446b50
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)