【時間に追われる芸術館】 ステージが見えない見切れ席改修コストは、設計の槇文彦氏の事務所が持つと決まった。5月8日のこけら落としに間に合わせるためには、2月上旬までに設計・発注しなければならないとのこと。だが総務委員会は、改修後の見切れ席の状況について確認が必要であるとの声が強く、改修設計ができた時点で再審議することとなった。忙しいなあ。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年1月12日

    この日の総務委員会では、参考人招致せよとの動議を複数の議員が支持するなど、芸術館設計者の槇文彦事務所に対する厳しい対応を求める声が。世界的権威への議会の信用が失われいてるのを感じる。
    副委員長の発言が、理解に苦しんだ。審議を円滑に進めるべき立場でありながら、わざわざ発言許可を求め、「招致に賛成」との意思表示。ところが、採決では賛成しなかった...どういうことなのよ!?

    【公共事業では気をつけよう】 長野市芸術館の設計者のように、失敗しても何のコメントも発しないようでは、公共事業の説明責任が不完全。他の自治体の皆様、以て他山の石としていただきたい。

    Posted by 小泉 一真 on 2016年1月12日


    落合橋交差点で街頭演説。今朝は寒いんじゃない?

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年1月11日


    7公民館合同成人式に出席。おめでとうございます!

    Posted by 長野市議・小泉 一真 on 2016年1月9日


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!


    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1516-105a5d69
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)