「こんなに荒れた議会は見たことがない」と、小泉と同じ当選2期目の某議員の言葉。
    富士通との不透明感ある随意契約7本、総額1億円に、議会は怒り心頭。問題の議案は、国民健康保険特別会計の予算補正専決処分なので福祉環境委員会が所管だが、昨日の総務委員会にまで飛び火。指名停止の取り扱いや、議場での市長答弁をめぐって批判が続出。副市長が出席して陳謝するも逆効果。関係性の薄い一般会計補正予算も、富士通との随意契約を見込む予算との理由で、採決は可否同数。委員長裁定で辛うじて可決される場面があったとのこと。
    問題を指摘した当人である小泉が言うのも何だが、冷静に。国保会計の補正予算は不承認とするにしても、他の議案まで「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」では、好ましい議論とは言えなくなってしまう。
    一方で小泉は昨日の経済文教委員会で、新聞に取り上げられる答弁を引き出すなど、充実の審議。





















    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1552-1db14024
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)