CCF_000039a.jpg
      
    長野市役所から、議会各会派あて説明・協議があった。特に重要な説明は、市長加藤久雄氏が自ら同席して行うのだが、その冒頭のあいさつで意外な発言があった。9月議会で散々すったもんだがあった富士通との契約。その本社の執行役員や長野支社長等を市役所に呼びつけ、文書により遺憾の意を伝えたという。サプライズだ。そんなことがあったなんて、新聞に載っていたっけ?
    正直に言って、参った。というのは、小泉が言ったことをやってくれたからだ。

    「...長野市は、違う方法で富士通に影響を与えうるのだと思います。こういうような不祥事が起きてしまったとき、長野市が顧客という立場で、『そんなことしてもらっては困るんだよ』と、言う立場にあるんじゃないでしょうか」

    小泉の、9月議会での反対討論の言葉だ。
    指名停止直前に、談合企業富士通と駆け込み随意契約があり、特にその最後の契約は翌営業日が指名停止の日だった。その経費を緊急に用立てる必要があるとの理屈で、9月議会に市長による予算補正の専決処分が提出された。そして、小泉はこの専決処分を問題とする論陣の先頭に立ち、採決に先立って反対討論を展開した。煙たい存在であったろうし、自分の出した議案に反対する討論の内容に応じる義理など、市長にはない。それでも、市長はそうした。

    9月議会では、不透明な指名停止と契約事務のあり方、さらに議会軽視の放言と言われても仕方がない市長の発言があり、行政と市長への議会の信頼が揺らいだ。市長もそれを感じ取り、議会との関係を立て直したかったのかもしれない。そのサインを、議会に送ったのではないか。
    こういうのに、小泉は弱い。口で反省していますと言うより、行動で表す。見習いたいと、素直に思う。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1555-f8797bbf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)