5月17日から19日の間、総務委員会の視察に小泉も加わり、見聞を広げてきたところ。市民の皆様のおかげてこうして勉強させていただけることは、ありがたいこと。感謝。
    まず、豊橋市のシティプロモーション。

    豊橋市視察

    長野市のシティプロモーションと比較すると、実に興味深い。

    ◆豊橋市シティプロモーションのサイト
      http://www.city.toyohashi.lg.jp/2636.htm
     http://www.city.toyohashi.lg.jp/eejanaika1484/

    ◆長野市のシティプロモーションのサイト
     http://www.nagano-citypromotion.com/

    小泉が過去に綴ってきた「ながのシティプロモーション」への見解。
     http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1389.html
     http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1471.html
     http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-1476.html

    ...というわけで、ながのシティプロモーション実行委員会に対する小泉の印象は良くない。長野市の補助金をなかよく分け合う利権集団ではないかと感じている。議会でこのことを追究してきた小泉としては、他市のプロモーションを大いに参考とさせていただきたいところ。
    ちなみに、昨年度の第一回実行委員会総会では、市長自らが、構成団体が実のある活動をする組織に改める旨を提言し議論は盛り上がったのだが、結局自慢できるような体制は実現できないまま28年度を終えたようだ。小泉は一区切りつけたらどうかと、総務委員会では提案している。そのためか本年度の実行委員会予算は限定的な骨格予算とし、第一回総会は書面で済ませようとしているとのこと。新たな体制に向けて、長野市は今模索しているところだ。

    閑話休題。豊橋市のシティプロモーションは民間を巻き込んで展開されており、長野市が手本としたいところ。長野市の行き当たりばったりな事業展開とことなり、施策展開に芯が通っており、年々それをバージョンアップする姿勢は好感を覚える。コンテンツの重点化ができていて、手筒花火をメインに打ち出す姿勢もメリハリがあってよい。何より、市民参加で手作りのプロモーションができている。
    長野市の場合は、「信都 長野市」というコピーを作ったが、使う側がそれを重点化できていない。善光寺と戸隠神社というコンテンツを中心に据えていいのかというところからして、そもそも市役所と実行委員会内の合意が十分でないからではないか。市民参加型のプロモ―ションが長野市にあるかと省みると、はて何かあったかと考え込んでしまう。
    長野市のシティプロモーションは、実行委員会の下部組織としてワーキンググループを置いている。実行委員会が「実行」本位に組織できていないということで、身軽な組織体制に見直す必要があるだろう。一つの事業を中長期的に展開する決意もほしい。



    2日目は、千葉市「昭和の森フォレストビレッジ」。
    フォレストビレッジ2


    「昭和の森フォレストビレッジ」は、旧千葉市ユースホステルの施設をリニューアルオープンした合宿施設、キャンプ場、多目的広場のフォレストフィールドからなる複合施設です。
    千葉市ユースホステルは1983年に公営として開館いたしました。1988年には年間約8,000人の利用がありましたが、少子化とともに利用者は減少し、2012年には4,400人まで利用者の数が落ち込んでいました。
    私たちは千葉市より施設の運営を引き継ぎ、一部リノベーションを加え、「昭和の森フォレストビレッジ」として2014年4月にリニューアルオープンいたしました。
    今までご利用いただいていたお客様のみならず、スポーツ合宿、研修合宿、ゼミ合宿など様々な用途でご利用いただける施設に生まれ変わりました。
    http://forestvillage.jp/



    この施設のユニークな点は、千葉市が民間企業に公園施設を賃貸ししている点。公共施設管理をアウトソーシングする方法としては、業務委託や指定管理制度がメジャーだが、それぞれ委託料、指定管理料を行政が支払うことで成立する。指定管理の場合は、黒字化すれば行政に黒字の一部を還元させる契約とすることも可能だが、現実としてそのような成功事例は多くはない。実際、千葉市が観光協会に委託していた時代は、年間に委託料4000万円を支出していたという。ところが賃貸借に出したところ、逆に年間300万円の賃貸借料収入が得られているという。この差は大きい。
    賃貸している企業は(株)Rプロジェクト。

    http://rprojectjapan.com/

    昭和の森フォレストビレッジ以外にも、同様の遊休不動産を再生し活用することで、合宿等により集客を図るビジネスモデルを展開している。人口減少が進む現在、遊休不動産は今後増加していくと思われ、着眼点に感心させられる。
    小泉からは、どのような施設であれば、Rプロジェクトの眼鏡に適うのかと質問させていただいた。率直に言って、Rプロジェクトに長野市に進出できる可能性があるかに、関心があったためだ。
    「低コストであること」
    「首都圏から車で2時間程度でアクセスできること」
    が、その回答だった。長野市は新幹線で東京とのアクセスは改善されたものの、クルマでは2時間以上かかってしまう。とは言うものの、「賃貸」という手法が活かせる場面がないか、今後の長野市の公共施設再配置計画策定作業の中で検討してみる価値はありそうだ。
    フォレストビレッジ


    3日目は土浦市。
    土浦市役所庁舎は土浦駅の真ん前。かつては大型店舗の入っていた建物を跡利用している。
    土浦市役所
    イトーヨーカドー土浦店は、1997年に再開発ビルを区分所有して出店するも、2013年には撤退した。
    今権堂では、再開発によるイトーヨーカドー系の大型店「アリオ」の出店を模索している。この動向に懐疑的な人は、議会にも市民にも一定数いる。小泉のFacebookでも、冷静な市民の声が多く聞かれた。

    建物の床を買ってイトーヨーカドーが出店しても、15年後には存続しているかどうかは分からない。商売が成り立たないと判断すれば、駅前の建物が空っぽになる体裁の悪さなど気にせずに撤退するのが民間企業だ。それを尻拭いするのは行政と市民。そのようなメッセージを総務委員に発信して見せたのだとすれば、この物件を視察先に選んだ総務委員会委員長は、なかなかの政治家だ。
    率直に言って、権堂の昔日の栄光を取り戻す夢に付き合うような体力が、人口減少が進む今後の長野市に残されているのかは、小泉は甚だ心配。長野駅前だって、平安堂が撤退して店舗が暫く空いていた。駅前は権堂より人通りはあるが、いつまでもそうだとは限らない。権堂につぎ込む金があるなら、むしろ駅前を再開発するべきではないかと思う。

    土浦市議会議場
    土浦市議会本会議場。なかなか上手にリノベーションしてある。

    最後に、土浦消防本部を視察。
    土浦市消防局・消防署

    訓練

    新築の消防本部を拝見し、女性消防団員の運用の話を聞かせていただいた。
    興味を引かれたのは、それら視察のテーマからやや離れたところ。なんと、茨城県には「AED等の普及促進に関する条例があり、小学校では救急救命実技が努力義務、中学校では必須となっているとのこと。また教員は2年に 1度の講習受講が義務となっているのだ。土浦ではそれだけでなく、「メディカルラリー」と称する小中学生の救命訓練競技が開催されている。土浦市では、この県条例制定を受けて、それらの運営には本部付きの女性部消防団員が当たっているというのだ。

    http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/iryo/iryo/isei/div/system/emergency/aed/jorei.html

    心肺停止状態に陥った方に、AEDで速やかな蘇生措置を施すことができれば救命率が向上するのは、今日では常識となっている。AEDを使える人を増やすことが、その地域の生命を守ることに繋がる。茨城県の条例は平成25年度から施行されており、必ず将来の救命率の向上に結びつくだろう。茨城県の見識に、日本全国が見習うべきだ。
    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    小泉一真.netのランクが上がります!
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/1567-62f805e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)