小泉は、常任委員会は経済文教委員会に属している。経済文教委員会の所管は、産業振興部、教育委員会及び農業委員会に関すること。定員は10名。
    10月12日臨時会で、初めて委員会審議に臨んだ。議案は、「工事請負契約の締結について(若里多目的アリーナ大型映像装置改修工事)」。ビッグハットの、観客席頭上に天井から吊ってある、でっかい2台のモニターが、17年使って老朽化し、保守部品が切れてるし、また地デジに対応する必要があることから、装置を交換するのだそう。

    ビッグハット映像装置005

    産業振興部長の答弁は要領がよく、自分で答えられないと思うと、直ぐにとなりの観光課長や、後席の課長補佐に振る。頭の回転が速い。早いテンポで、委員の質疑と行政側の答弁が進んでいく。
    各委員の関心は、どちらかというと工事の仕様が落札金額に相応したものになっているかという点に向けられているようだった。だから、小泉が、この映像装置がなぜ必要であるのかについて説明してほしいと言った時には、少々面食らったようだった。頭の回転の早い産業振興部長も、部下に振るでもなく、2、3秒考えていた。
    そりゃー小泉は、フィギュアスケートが好きだから、このドデカTVの映像効果は知っている。プログラム終了後、スコアが出るまでの選手の表情のどアップは、サービスとしては優れているだろう。しかしながら、長野市が、なぜそれが競技・コンベンション施設に必要と考えているのか。更新したいというなら、それをまず語るのが筋だろう。
    部長の説明では、同種同規模の類似施設には設置されている事例が多く、このような装置は基本的スペックと言える、という趣旨であった。小泉は、なんとなくモヤモヤした感じがしたけど、うまく言い表すことができなかった。そのまま委員会採決で賛成し、本会議でも賛成してしまった。

    今、改めて思うのだが、ほんとに必要なんだろうか。代々木競技場に、映像装置があったかな。国技館は?
    競技やコンサートなどのイベントの興業主は、または観客は、そのような映像装置があるから興行するとかしないとか、または観に行くとか行かないとか、決めるものだろうか。ドデカTVにそのような効果は、ほとんど期待できないように思える。観客は生の安藤美姫や安室奈美恵を観に来るのであって、映像を観に来るのではない。
    そりゃ、オリンピック会場としては、贅沢な演出が必要だったかもしれないけど。

    現行の映像装置の施設利用料は、5万円。年間100回ほどの利用があるという。すると、1年で500万円を回収したということだね。17年間使ったというから、全部で約8500万円の回収としよう。17年前の工事費はざっと1億6千万円だから、半分程度しか回収できなかったことになる。ということは、これは設備投資というよりは、コスト。コストはカットに努めるべき対象。

    ドデカTVを付けた場合と、つけない場合で、どの程度興業開催回数と施設利用料収入が増減すると見込むのか。費用対効果をどう見込むのか。それを訊くことができなかったのが、悔やまれる。これは、冗費ではなかっただろうか。

    10月5日の行政からのブリーフィングでは、議題の提示だけで、工事の詳細な内容が、分かっていなかった。そのまま委員会に出て、その場で渡された資料を見て、審議したから、こうなってしまったのだ。反省しなければならない。
    市民の皆様、すみません。
    これからは、事前に、議案の関係部局に、話を聞きにいくようにしよう。

    まあそれでも、本会議の委員長報告に、「耐用年数がおおむね八年ということでありますが、適切なメンテナンスを施し、可能な限り長期間使用できるよう要望いたしました」と入れてもらえたから、デビューとしてはよしとするか。

    ビッグハット映像装置003


    関連記事
    コメント:
    「長野市民」様へ
    そうですね。日中の時間帯では、委員会の傍聴は難しい方が多いでしょうし。市役所の行政情報コーナーに行けば委員会議事録を閲覧できるそうですが、それだって夜間は開いてませんし。残念ながら、委員会審議の模様は、「一般市民には到底知り得ない情報」となってしまっていますね。
    市のホームページで公開すべきだと思います。
    小泉一真│URL│10/13 11:22│編集

    一般市民には到底知り得ない情報の数々、有り難うございます。
    これからもよろしくお願いします。

    (本来は市側が積極的に発信すべき情報ですよね・・・)
    長野市民│URL│10/13 10:44│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/328-afc90299
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)