ていうか、所属会派の改革ながのの議員よりも早く、なんだけど。
    昨日深夜に、市役所の警備員さんに、通告書の最終バージョンを預けてきた。議会事務局には、明日の朝届くことになる。

    1.合併に関する文書の扱いについて
    (1)平成16517日に取り交わされた、当時の大岡村、豊野町、戸隠村、鬼無里村との合併協定書の履行状況について
    ①平成16517日に取り交わされた、当時の大岡村、豊野町、戸隠村、鬼無里村との合併協定書では、「市の木、市の花等については、市民の一体感を醸成するため、合併後、アンケート等の実施により新たに制定する」と謳われている。これに関し、「長野市のシンボル等見直し検討委員会」なる機関の設置経緯、目的、活動等、詳細の報告を求める。
    ②当該合併協定の解釈について
    ③当該合併協定の信義について
    ④「市の木」「市の花」等の新規制定事業の、早期の実施について
    (2) 長野地域(長野市・大岡村・豊野町・戸隠村・鬼無里村)合併建設計画の解釈と修正について
    ①長野地域合併協議会合併建設計画策定委員会の議事録中、「支所庁舎施設整備事業には、本庁舎を含む」との趣旨の記載の有無について
    ②合併建設計画策定委員会議事録の保存年限と、廃棄され存しない経緯について
    ③「主要事業にある支所庁舎施設整備事業は例示」との解釈するにあたっての研究・検討について
    ④市庁舎・市民会館建て替えに係る長野市主催の市民説明会の開催状況について
    ⑤建設計画の修正について
    2. 中山間地におけるSOHO事業者支援について
    IT技術の進展により、パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行うSOHO(Small Office/Home Office)という就業形態が認知されるようになっています。SOHO事業者は、速い通信のできる環境さえ十分に整っていれば、立地の自由度が大きいという特長があります。中山間地で営業することも可能なのです。SOHO事業者は、ライフスタイルとしてその自由な業態を選ぶ傾向が強く、むしろ自然環境のよい立地を求める人々もいるようです。中山間地へのSOHO事業者のオフィス誘致を、積極的に打ち出すことは、産業・雇用・人口の維持の上で、合理的な活性化策と考えます。空き施設をコンバージョンして、SOHO事業者オフィスのクラスターとする事例も、あるようです。中山間地の空き施設・空き住宅の活用、家賃・通信回線コストの助成、制度融資等を整備し、長野市の中山間地にSOHO Valleyを形成する考えはありませんか。
    ②光回線の敷設がない中山間地が、いまだにあります。SOHO事業者を呼ぶにしろ呼ばないにしろ、通信環境が整備されていることは、中山間地だからこそ、必要なのであります。回線業者と連携し、早期に整備を進めることが必要でありますが、市の整備計画はどうなっていますか。

    解説など。
    1.の(1)は、当ブログで3日連続でとりあげた、「市の木・市の花」問題。
    ④で実施するように迫る。
    「市の木・市の花」は、もう過ぎたことだし、質問時間の制限もあるし。正直な話、質問するかどうしようか迷った。ある議員に話したところ、「自分は旧長野市域だから、どっちでもいい」みたいな感想を述べられていたので、取り上げることにした。小泉は天邪鬼なんで。次の(2)の質問の伏線にもなるし。

    1.の(2)は、市庁舎建て替え問題。建替えの問題では、さまざまなアプローチがある。
    「「合併特例債を財源とした事業を行うには、合併建設計画に位置づけられていなければならない。その合併建設計画に「支所庁舎整備事業」はあるが、これを根拠に市役所本庁舎建替えに特例債を使えるという根拠にはならない」という有力な批判もその一つ。
    だけど、長野市の解釈は「?」だが、言い返されると決着がつかない水掛け論になってしまう。
    小泉は、解釈ではなく、計画当初の策定趣旨に迫ろうとした。ところが、当時の合併建設計画策定委員会の議事録がないらしい(新ネタ)。その辺から攻めようと思っている。他にも、今までの議会の追及とは違う切り口で迫る新ネタは、いくつかある。

    2.は、ご覧の通り。提案型の質問となるので、通告も詳しく。改革ながの倉野代表の、代表質問と連携した質問となる予定。

    なるべく、今までと違う、ケレン味をこめた、見て楽しめる質問としたい。特にテレビ放映されるわけでもないんだけど。長野市がインターネット中継はしているので、12月8日、見ていただけると嬉しい。


    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/396-03ee8ccd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)