長野オリンピック展示施設撤廃して、代わりにエネルギーパークを設置するという話の続き。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-475.html

    全回、あげられなかった資料を、下にあげておく。
    これらの資料を読んで、なるほどこれは長野市のアイデンティティであり誇りであるオリンピックのホストシティとしての地位を広報する施設をつぶして設置する価値があると、思われる方がいらっしゃるだろうか。なぜ、M-waveに、自然エネルギーの施設が設置されなければならないのか、さっぱり分からない。
    それほど、長野オリンピックの資料を軽んじるなら、山ノ内町・軽井沢町・白馬村に、全て寄贈すればよい。いずれの町村とも、オリンピック専用の展示施設を整備している。質問したところ、長野市はこういったことさえ把握していないようだった。

    http://kanko.town.karuizawa.nagano.jp/sightseeing/006.php
    http://www.yu-raku.ne.jp/institution_info.php?it_id=15
    http://gyosei.vill.hakuba.nagano.jp/public_facilities/olympic_memorial.html

    収蔵品が増えて、大喜びするだろうし、長野市が計画するように自然エネルギー関連の展示品として添え物的に展示されるよりも、その方が数段意義深い。
    特に軽井沢町は、世界で唯一、夏・冬双方のオリンピックを経験した自治体としての誇りをもって展示している。町の歴史として刻まれており、観る者を感動させる。長野市とは、明らかにオリンピックの文物に対する見識が異なっていないだろうか。
    エネパーク資料1エネパーク資料2
    エネパーク資料3エネパーク資料4
    エネパーク資料5エネパーク資料6

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/480-0bf48b52
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)