今更ながら、3/11のリーグ開幕試合である、AC長野パルセイロ対藤枝戦の観戦の報告。
    4対0で快勝。これなら優勝しちゃうかもと思わせる強さ。観客も3385人と、3000人を余裕で上回る動員。毎回こうなら、言うことなし。

    パルセイロ対藤枝戦 スタンドにて

    集合写真は、試合前のもの。前列左端のユニフォーム着用の人物は、改革ながのの先輩議員である望月よしひさ氏。この倍くらいの人数が集まる予定だったのが、慣れている熱心な方々は、さっさと先にスタジアムに入ってしまったらしい。

    長野市は60億かけて、スタジアムを整備しようとしている。J2に上がるには、JFLでのそれなりの成績、1万人収容のスタジアム、平均動員3000人と、クリアしなければならないハードルはいくつかある。スタジアムはできたが成績が伴わないとか、観戦者数が伸びないとか、そうこうするうちに経営が左前になったなんてことが、あっては困る。だから小泉は、手放しでスタジアム整備を進めろとは、言っていない。そりゃあ、成績も動員も確保できて、後はスタジアムだけだというなら、整備に手を貸す必要はあるだろう。プロのチームがあるというのは夢のある話だし、お金が余ってるなら作ってあげたいけどね。

    とは言うものの、議員としては、パルセイロの戦いぶりを観ないであーだこーだと言うのも何だし、市民として動員増に協力したいという、素朴な感情も持っている。で、開幕戦は「にわかサポーター観戦会」と称して、誘えるだけの人は誘って、観戦した。

    次回は、読者のあなたもいっしょに、いかが?

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/533-56b6d43c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)