現職の長野市議会議員による公職選挙法抵触事案が、発覚した。

    長野市議:2市議が県議に寄付 選挙前、陣中見舞い記載 /長野
     長野市の寺沢和男市議(76)と小林治晴市議(65)が、11年4月の県議選で3選した現職の鈴木清県議(64)=長野市区=に対し、選挙直前に現金を寄付していたことが27日分かった。取材に寺沢市議は2万円、小林市議は3万円を渡したことを認めた。公職選挙法で議員は選挙区内で寄付することは禁止されており、鈴木県議は「(両市議から)自分の妻への病気見舞いを、寄付と間違って記載した」と述べ、2人に返還する意向という。
     県選管が公表した県議選の収支報告書によると、鈴木県議に対して市議2人が「陣中見舞い」名目で寄付した記載があった。
     2人は取材に、共に鈴木県議とは個人的な付き合いがあり「妻への病気見舞いとして渡したものだった」と話した。【仲村隆】毎日新聞 2012年3月28日 地方版
    http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120328ddlk20010104000c.html

    選挙区内における政治家の寄付行為が禁止されているのは、政治家なら誰でも知っていなければおかしい。陣中見舞だろうと病気見舞いだろうと、それは変わらない。鈴木県議も、その場で返さなければならない立場なのにねえ。
    この程度のルールを知らないで、よく選挙ができるなあと、感心してしまう。これは氷山の一角で、表に出ない事案はまだまだあると、有権者の不信を買う結果になるのが悲しい。両名は、どのように政治責任をとるつもりなのだろうか。「寄付したけれど、返してもらいましたから」で済むなら、ラクなもんだね。
    信濃毎日新聞は、地元紙なのに、実名を伏せて報道していた。どういう基準があってのことか知らないが、きちんと地元の住民に真実を伝える役割を果たしていただきたい。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    Re: 相変わらず
    > 敵を増やすのがお好きですね~(笑)
    いやー別にそんなことないですが。じゃあ。
    「自らの政治生命を賭してまで、病気見舞いを贈る両名はエライっ。一服の清涼剤の感あり」
    とでもしておきますか。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│03/30 00:39│編集
    相変わらず
    敵を増やすのがお好きですね~(笑)小泉さんがクリーンなのは分かるけど人の批判ばっかしてると味方も敵になっちゃうよ。
    飛騨牛│URL│03/30 00:30│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/548-d93cb08a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)