自然エネルギー活用の中断―お役所の論理

    長野市は、当初の地元説明に反し、鬼無里・奥裾花小水力発電施設整備事業を中断したことについては、以前に書いた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-527.html

    昨日、鬼無里活性化センターにて、地元住民への説明会が開催され、参加してきた。40名ほどの参加があり、地域住民の関心の高さがうかがわれる。
    説明会

    水芭蕉の群生地として有名な奥裾花自然園の玄関口にあたる、観光センターと売店には、電力会社による電力が供給されていない。ディーゼルによる自家発電で、電力をまかなっている。電力がないから、電話も通じない。それでも鬼無里村時代には、キャンプ場への誘客も成功していたが、長野市に合併してからは、十分な電力がないとの理由から、積極的な誘客が行われていない。そう訴える住民もいる。
    観光資源のさらなる活用を、小水力という自然エネルギーの開発によって行う構想は、環境を維持しながらの、まさに持続可能な発展であり、意義が深い。市長・鷲沢氏は、鬼無里の市民会議などの場で、一度ならず、奥裾花小水力発電の実現を口にしており、公約となっていた。
    今回、長野市観光課長以下による、事業中断の理由の説明は、配布された資料によれば、次のとおり。
    20120513小水力中断説明資料120120513小水力中断説明資料220120513小水力中断説明資料3

    「平成21年度に財団法人新エネルギー財団で行った中小水力開発促進指導事業基礎調査の概算設計事業費では約107,000千円となり、事業費の基準としていたが、平成23年度行った実施設計で崩落箇所の対策工など大幅な増工が必要となり工事費が約209,000千円と2倍近くになったため、計画していた事業を実施することが難しく建設を一旦は中断とし、平成24年度以降にバイオディーゼル燃料など様々な新エネルギー利用の視点から再検討することとしたい。」

    ここでは、増工の必要性のみを理由としている。が、3月の経済文教委員会の場では、平成21年度の設計額の積算方法が、市役所で採用しているものと異なっていたことも、理由の一つとして挙げていた。要は当初の設計に様々な甘さがあり、行政がそれをチェックできていなかったことが、平成23年度設計額の大幅な増につながっているのだ。

    質疑に対する市役所側の回答には、真意を測りかねるようなものがあった。
    「電力がない場所として注目される場合もある」
    「小水力発電も、設置には樹木を伐採するなど、全てが二酸化炭素削減に結びつくものではない」
    だから、何なのか。無電力の環境を前面に出して観光プロモーションを行うのか。小水力以上に、二酸化炭素削減に結びつくような発電施設を設置するのか。市の回答ぶりは、前向きな議論が目的なのではなく、反論するのが目的にみえる。そもそも、何らかの発電施設を作るのか、作らないのか。
    住民からは、中断にいたる事情は承知するものの、それに代わる市のポリシーの提示を求める発言が多かった。1億では作るが2億ではダメだというなら、幾らであれば、設置するに許容されるコストとみるのか。奥裾花のような、保護すべき自然環境に富む地においても、費用対効果だけが尺度とされなければならないのか。このような疑問は、もっともなものだと思う。
    市長が作ると言っておきながら、中断を説明する場にはなぜ来ないのか。そう憤る声もあった。

    今後もこの件はウォッチしながら、必要があれば発言していきたい。メディアも注目してほしいなあ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑


    関連記事
    コメント:
    Re:
    新井さん、ありがとうございます。
    それらについては、鬼無里住民と行政とのキャッチボールがあったわけで。今はΓ検討する」と引き取った行政側にボールはあります。
    小泉一真│URL│05/16 09:34│編集

    良いところですよね、奥裾花。静かだから良いというのもあるんでしょうけれど、笑。それで、小泉さんはどのようにすれば良いと思いますか。何のために電気が必要で、どの程度の電気が必要なのか。そこがわかれば、いろいろなアイディアが生まれるかもしれませんね。
    新井秀一│URL│05/14 08:51│編集
    Re: 注目してます
    GP様
    お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    > 是非これからも伝えて下さい。どうも合併前には梯子をかけて、合併すると梯子を外す政策が多いです。

    そうなんです。この日も、合併特例債による事業が少ないとの住民意見が寄せられていました。
    今後もこの件は、伝えていきたいと思っています。ご注目ください。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│05/13 23:47│編集
    注目してます
    小泉さま
    奥裾花の水力発電の件、小泉さんのページで知りました。
    是非これからも伝えて下さい。どうも合併前には梯子をかけて、合併すると梯子を外す政策が多いです。
    (地元から反発くらいそうですね~。)

    まあWさんは地域ても評判良くないからね~(笑)
    GP│URL│05/13 13:56│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/586-a4b04d23
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    まとめtyaiました【自然エネルギー活用の中断―お役所の論理】
    自然エネルギー活用の中断―お役所の論理長野市は、当初の地元説明に反し、鬼無里・奥裾花小水力発電施設整備事業を中断したことについては、以前に書いた。http://koizumikazuma.blog.fc2.com...