鬼無里・奥裾花自然園の小水力発電中止に伴う住民への説明会が、28日に開催され、小泉も傍聴してきた。
    この件に関連する過去記事はこちら。

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-586.html

    6月30日付け信濃毎日新聞に、記事が掲載されている。
    「市は、2007年に同自然園を小水力発電導入候補地に選定して計画を進めてきた。だが、昨年度の実施設計で施設の工事費が当初予定していた1億700万円余から2倍近い2億900万円余になったため、工事を一時中断し、別の自然エネルギーを含めた利用を検討している。」

    市側は温暖化対策室と観光振興課が出席。会議の趣旨は、奥裾花の電源確保に向けた今後の検討会の下打合せとのこと。説明会主催者は、長野市ではなく、鬼無里住民自治協議会。...責任もって行政側の主催とするべきだと思うんだが。
    費用対効果だけで判断せず、(経済的)波及効果も併せて判断する趣旨の発言があったことは、評価したい。太陽光発電、廃食用油を原料としたバイオディーゼルによる発電と、電気自動車の蓄電池を組み合わせた「ミニスマートグリッド」案が示された。しかし、住民側は、今まで検討を重ねてきた小水力発電への思いが強く、発電電力量12kw/hを落としてでも実現したいとの声があった。
    結局、住民側の熱意に押される形で、小水力発電で再設計することとなった。今後は住民と調整しながら進める必要があるだろう。

    市長は、今までに、市民会議で2度、小水力発電を推進する趣旨の発言をしていると、住民は指摘する。
    次の市民会議は、9月開催予定だが、それまでに間に合わせるべく、再設計を進めることになる。市長、設計ができてもできなくても、ちゃんと説明してよ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑


    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/645-c956adff
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    まとめtyaiました【鬼無里・奥裾花の小水力発電構想は復活するか】
    鬼無里・奥裾花自然園の小水力発電中止に伴う住民への説明会が、28日に開催され、小泉も傍聴してきた。この件に関連する過去記事はこちら。http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-527.htmlhttp:...