IMAG0672.jpg
    請願の紹介議員となったのが縁で、請願団体の方々と、長野市役所環境政策課による小学校の空間線量計測に立ちあう。

    3月議会の委員会審議の場で、市内土壌からちょい高めのベクレル値が検出されたとする資料が、請願団体から示された。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-636.html
    それでも、現場確認するつもりはないと、市の環境政策課。小泉が強く申し入れたのがきっかけで、7月2日、請願団体と市の意見交換会が設けられ、小泉を含む請願紹介議員も同席。昨7月10日の線量計測に結びついた。

    現在、空間放射線量の基準値は、次のとおりとなっている。

    国基準:0.23μSV/h (地上高1m)
    長野県独自基準:1μSV/h (地表5㎝)

    土壌の、放射能濃度に関する基準はない。だから、周囲と比べてスポット的に高いベクレル値が出ても、空間線量値が基準以下であれば、市行政は動けないというリクツらしい。まあ小泉も行政で飯を食ったことのある人間だから、分からないでもない。しかし、空間線量も計らないという態度も、科学的ではなかろ。
    IMAG0670.jpg

    高めのベクレル値が出たという個所の線量を計測。地表で0.13~0.14μSV/h、地上高1mで0.08μSV/h程度。基準値内に納まってはいる。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/kankyo/33402.html
    一方で、この↑ページの計測結果では、地表も1m高も、同程度の値になっていて、これが通常のパターン。今回計測した個所では、地表近くが高めに出ていて、何らかの線源が地表にある疑いが強い。近辺で粉じんを吸入することによる内部被ばくを、請願団体では心配している。
    学校の判断により、9月に予定されるPTAによる清掃の機会に、この場所の土壌も撤去されることになって、状況は改善する見込み。まあ、とりあえず、よかった。

    水泳プールの底に溜まった汚泥を排出した先の側溝からあげた泥が、今回の計測の対象。細かく精査していけば、こうしたケースは、まだあるかもしれない。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/653-4d49fab0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)