長野市から、会派あてに、協議・報告事項について説明を受けた。
    大岡保育園が、園児数6名となっているとのこと。しばらく前の新聞に、存続について「考える会」が地元で発足したと記事があり、小泉も気になっていた。教育の維持-保育園は厳密には教育機関ではないだろうけど-は、中山間地では苦労しているテーマ。考える会の会合を傍聴できないかと、頼んだこともある。
    保育家庭支援課から配布された資料には、「著しく園児が少ない保育園では、集団活動を通じた保育に支障を来し、保育の質の確保が課題となっております」とある。すでに廃園の方向にもっていこうとしているようにみえる。
    SCAN0210.jpg
    保護者と話し合いをしているとのことなので、「廃園をおしつけるのではなく、白紙の状態から、地域の話をよく聴いてほしい」と要望した。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑


    関連記事
    コメント:
    Re: タイトルなし
    hanabi様
    いつもコメントありがとうございます。
    豊野さつき保育園は、来年度建物診断し、平成26年度に改修するとのことです。一方の豊野みなみ保育園は、建物が新基準で建てられているので、耐震改修の必要なし。今年度以降の予算で、必要となっている建物修繕を施工するとのことです。

    お金のかけどころが、ちょっと違うんだよなあと感じることは、自分もときどきあります。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│08/13 13:23│編集

    お忙しい毎日お疲れ様です。保育所の統合建て替えのための用地取得に2億は無理 ってことで、統合断念して、それぞれ耐震改築工事で対応とか。統合されず結果的に良かったと思うが、ただ数字だけを思うと、根拠のないどっかの整備に60億と簡単に口にしてしまうのに、将来ある子どもに2億は無理?へぇ~って。 それぞれの保育所は、昔ながらのいい保育所だが、最近多い震度4がくればかなり怖い建物。子どもの心にもかなりの怖さを刻むことになるし、何より安全確保は難しい。災害はいつくるかわからない。来年度と言わず早急に対応が必要だと思うが。お役所仕事だから…期待はできないか。
    hanabi│URL│08/11 07:04│編集
    事業の委託
    アウトソーシングは合理的な面もありますが、過剰なコストカットによるサーヴィス低下を招かないように注意する必要があると考えます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│08/07 22:11│編集

    中山間地の課題はいろいろありますね。ついでと言ってはなんですが、直営の地域包括支援センターも2か所縮小、廃止の方向です。委託にうつして行くようです。市民にとっては、委託も直営も関係ないんだろうけどね。質がおちなければ…。質がどうかなんて、そんなこと市民にはわからないか。関係ないか…。
    hanabi│URL│08/06 17:24│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/688-f2e1c99e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)