今朝は10時から観光戦略特別委員会。
    長野市議会の委員会は、毎年10月から9月までの一年間が、ひとつのシリーズ。というのは、10月1日が議員就任初日だから。1年たつと、いったん委員会人事はシャッフルされる。観光戦略特別委員会も、来月で一区切り。
    小泉は、「本市の恵まれた観光資源を活用した観光戦略について調査・研究を行う」趣旨で設置された特別委員会が、1年活動しても何も成果が残せないのではないかと、強い懸念を持って今日の委員会に臨んだ。その理由についしては、次の記事に書いた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-654.html
    (「観光戦略特別委員会は機能するか」から)
    委員長の行動に釘を刺す話のおかげで、「戦略」なんか全く討議できなかった。次回は8月17日だそうだ。こんなペースでまともな提言が出来上がるのだろうか。今日だって、夜まで審議すればいいじゃないか。小泉はそのつもりで午後も日程は空けてあった。だが昼飯食べたあとには、用事を入れてあると言う委員が何人かいて、それが当然、みたいな空気。
    各委員に、「次回は戦略の提案書もってこい」と言うわけでもない。どうやってまとめるんだろう。

    案の定で、三井委員長が用意してきた次第をみると、「具体的に何か提言できるところまで議論は至っていない」との言葉が盛られていて、「報告」するとなっている。付いている資料は、表面的な委員会開催実績だけで、これを報告の骨子とするつもりらしい。
    次第 資料
    提言できる状況ではないから、報告にしておけとの意見は、他の委員からも出てきた。中でも、三井委員長と同じ会派の松田光平委員の、援護射撃ぶりに驚く。

    「議会はチェック機能が主で、行政から情報をとるのも難しく、なかなか戦略を提言することもやりづらい。来年度も委員会を継続することとして、『戦略』の文字を外してはどうか」

    一年間活動した挙句に、戦略提言ができないから、「戦略」の字をひっこめようなんて、自分の能力の限界がその程度だと言っているようなもの。特別委員会の意義を、自分で落とすようなものだ。
    この、「提言ではなく、一年の報告だけまとめておけ」との委員会の「空気」に、小泉は次のように猛反発。

    「一年間活動し、公費で視察にも行ったというのに、提言ができないということでは、市民に説明ができない。チェック機能が議会の主体であるとしても、観光振興計画等をチェックし、足りない部分を補うように提案することは重要だ。たとえ2、3ページでもよいから、各委員の思いを、提言という形でまとめるべきだ。松田委員自身も、かつてこの委員会において市への観光施策の提言を語っていたではないか。提言を出すのが来年の今頃になるとすれば、予算化が必要であった場合は、26年度予算となる。戦略的に重要な新幹線延伸は26年度開通であり、それだけ取り組みも遅れる。もし、今までの報告だけでよいというなら、委員長が新幹線の呼称問題にこだわり、委員会が空転したという事象についても、きちんと市民に報告するかたちにしていただきたい。」

    この発言で、副委員長が「報告とは言っても、提言を含むものだ」と言い出して、流れがやや積極的な方向に変わった。まあ、これらは、小泉の主観だから、手前味噌含有率50%とみて読者は読んでおいてほしい。 で、そこから先は、逆に、盛り込むべき提言のアピール・コーナーとなった(笑)。
    小泉のアピールは、次のとおり。

    「長野市は、いわゆるオタクへの取り組みが弱く、観光振興計画にも、ほとんど関連する事項がない。近隣には、上田市の『サマーウォーズ』や、大町市の『お願い☆ティーチャー』の事例があり、作品の愛好者が、何度もアニメの舞台をリピートしている。松代はアニメ「新世紀エヴァンゲリヲン」の舞台にもなっており、仕掛ける素地はある。
    戸隠神社が、パワースポットとしてブレイクしている一方で、長野市には、飯綱山信仰と飯綱大権現、皆神山、善光寺七不思議といったパワースポット、ミステリースポットがあり、これらのツアー商品化は、この委員会初期から小泉が提案してきた。その後、竹内・小林議員らも本会議で同様の趣旨で質問しており、観光コンベンションビューローで商品化できないか。
    いわゆるオタクの購買力は高く、何らかの取り組みを行うべきだ」

    たとえば、お台場の原寸大ガンダムは、幅広い年齢層の観光客が訪れた。観光資源として即効性もある。人気作品なら、という前提はあるが。等身大モデルの設置は無理でも、松代の特定の地点で、ARを用いたスマホのアプリを起動し、松代の現実の光景に、エヴァンゲリヲンのキャラクターを重ねて表示させたり、キャラと記念撮影できるようにすることはできる...
    そんな提案を縷々述べたところ、委員長から反問があった。

    「オタクって何だ」

    えーと、すみません、新聞読んでくださいっっ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    Re: 政治活動の基本は、情報公開条例に基づき、情報を引き出し討論を行うです
    新本様、コメントありがとうございます。

    >行政の情報公開条例を引き出し、議会の論議
    >を、行うとは、これが議員活動の基本の基本
    >であります。
    >頑張ってください、、、見守らせていただきます。

    議員という身分を得ると、行政への資料請求が、わりと簡単にできるようになります。小泉も、普段はその手を使います。しかし、問題について質問しても、的確な回答がない場合は、話は別です。情報公開を請求して、調査します。そこまでして徹底的に調査する議員は、長野市議会に限らなくても、あまり聞いたことがありません。新本様がおっしゃる通り、そこまで調べるのが議員の使命とも思うのですが。

    広島からどうやって、このブログにたどりついたのか、不思議です。新本様の今後のご活躍を祈念いたします。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│08/20 09:44│編集
    政治活動の基本は、情報公開条例に基づき、情報を引き出し討論を行うです
    長野の県は、広島県と同じく、長いものにはまかれよ、の保守色のつよいところですね。
    強いものには、弱く、、、県民に対しては強く、行政には弱いの、議会、行政の雰囲気ですね、、、。
    多くの議員もそれに、右倣えですが、、
    議会、議員活動の基本を、重要視しての政治活動に、敬服いたします。  行政の情報公開条例を引き出し、議会の論議
           を、行うとは、これが議員活動の基本の基本
           であります。
      頑張ってください、、、見守らせていただきます。
    小生は、まだ、議員に当選していませんが
      政治団体、新本ひとし後援会、をもとに
       一馬力で、政治活動をしております。
      こんごとも、よろしく、お願いします。
    新本ひとしURL│08/18 11:52│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/697-aec989c0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)