市役所第一庁舎・市民会館の建替えについての市民アンケート集計を、長野市が操作しているとの主張が提示された。主張するのは、原田たかし氏。
    しかしその後、平成22年1月7日から同3月17日に募集された市民意見の結果を長野市は公表せず、同8月6日から10月15日に募集された市民意見では、「建設に反対」が1位になりました。この2回分の市民意見を情報公開請求して検証したところ、結果が公表されなかった平成22年1月7日から3月17日の市民意見では、第一庁舎・市民会館ともに反対が過半数を超えており、平成22年8月6日から10月15日の市民意見でも、市が「その他」として集計した中に反対意見が多く含まれており、集計し直すと「建設に反対」は市の発表よりも約20%多かったことが分かりました。

    事実とすれば、確かに問題あるハナシ。だが、市の集計が間違いで、原田氏の集計が正しいと、ロジックとして完璧に証明するには、一票一票のアンケートの情報とともに、原田氏によるその分類を全て提示する必要がある。かなり膨大な情報量が必要となるわけだ。
    そのうえ、長野市は今の方針として、アンケートの回答は個人情報に属するものとして、公表しないこととしている。原田たかし氏によると、それが何故か、以前は公開されたこともあったらしい。その方針転換の経緯は詳らかにされていないが、事実であるとすれば、それ自体が市民の不信を買う一因になりかねず、長野市の情報公開のあり方には、反省すべき点がある。とはいうものの、小泉の意見では、市のこの方針転換自体は、まちがっているとまでは言えない。
    原田氏のグループは、この点につき不服申立てを行い、退けられているが、これに関する情報公開審査会の答申から引用する。

    (前略)個人のプライバシーに係る具体的な内容は、法的及び社会通念上でも必ずしも明確ではなく、その内容や範囲は、事案ごと、各人によって異なり得ることから、条例第7条第2号及び同号ただし書きにおいて、非公開情報とする個人情報と、その例外について規定している。氏名、住所などにより特定の個人を識別することができる情報はもとより、それだけでは特定の個人を識別することができない情報であっても、個人の思想や信条などに関する情報が含まれる行政情報であって、内容自体が個人の人格と密接に関連するため、公開することにより、当該個人の権利利益を害するおそれがあると認められる情報は、非公開情報に該当すると解釈するのが相当である。
    (中略)当審査会が調査したところ、本件対象行政情報には、意見や提案の内容が記載されており、その中には、意見提出者自身の考え方、思想、信条などを表現したものもあることから、それだけでは特定の個人を識別することはできないまでも、個人に関する情報に該当することは明らかであり、本人の同意を得ずに公開することにより個人の権利利益を害するおそれがあると認められる。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/shomu/5809.html
    (情審第29号から31号までが該当の答申)

    情報公開条例の運用としては、全国的にはスタンダードな考え方で、小泉も尊重せざるを得ない。原田たかし氏が主張を完璧に証明しようとすれば、市が公開を拒み、第3者機関である情報公開審議会が非開示を是とした長野市民の個人情報を、公衆に晒す必要があり、それに対する批判を甘受する必要がある。市役所・市民会館建替えと、それに関する市の情報操作の証明という公益に関する動機からなのだろうが、本当にそこまで踏み込む覚悟なのか。今後の展開が注目される。

    原田たかし氏は、県議選立候補経験者。今後の衆院議員選挙や長野市長選挙への出馬が取りざたされている人物なので、覚えておいたほうがいいかも。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    Re: タイトルなし
    >どうしたら、市民目線になるのだろう、どうしたら、変わるのだろうか。長いものに巻かれろ時代は変わらないのだろうか?

    なんていうか、一部に仕事の進め方を知らないくせに、無難に乗り切るだけでエラくなってしまったんだなあと思われる職員がいます。そういう職員は、何が問題となるか、理解できないんでしょうね。逆に、自分の考えを、うまく実現できる職員もいます。
    職員のレベルの底上げが必要です。上の職位ほどそう。というか、そういう無難なだけの人を、上にあげてはいけない。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│08/31 21:19│編集

    原田氏のブログとっても気になってました。議事録の上塗り、建て替え、南長野運動公園改修工事、もろもろ…長野市はどこに進んでしまっているのだろうといつも思います。工事をすることで、この不景気に仕事ができ潤うのだろうか?どうしたら、市民目線になるのだろう、どうしたら、変わるのだろうか。長いものに巻かれろ時代は変わらないのだろうか?
    hanabi│URL│08/31 19:46│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/712-0eb2af67
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)