小泉の一般質問の、今日の残念なハイライト。



    小泉: 「これから3年間本当に今のチーム(=AC長野パルセイロ)を維持できるか心配している」との市長答弁の真意を説明してください。

    市長: いろいろなことを心配するのは当たり前の話であります。それだけです。ふっふっふっ(笑)

    小泉: 心配しているのは市民の方なんですよ。市長はそれを説明しきるのが仕事でしょう。3年間維持できるんですか、じゃあ。答えてください。

    市長: それはパルセイロの努力と、市民の皆さんがどれくらい支持するかで決まるわけじゃないですか。

    小泉: いまの答弁、パルセイロもがっかりだと思います。


    もー、こんな市長いらんわ。市長がそういう態度で、市民が支持しようと思うだろうか。

    他の質問、詳細は追って書いていきます。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    埼玉県民様、コメントありがとうございます。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-386.html
    昨年11月のブログとは、これですね。
    ここでは、57億円、1万席という調査結果で、J2仕様のものです。80億円、1.5万席でJ1仕様というのは、8月の28日頃に、突然浮上してきたものです。それを、9月26日閉会予定の今議会で決めてしまえというのは、乱暴な話です。
    さすがにJリーグとの調整はしながらの設計となるでしょうが、チーム・サポーター・市民の意見を反映させるとの説明は、いまのところありません。

    実施設計はこれからなので、図面は公表できないというのが市の主張です。困っちゃいます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│09/15 14:53│編集

    基本的な質問なのですが、小泉先生のblogで、昨年11月に公開された資料にてスタジアムの改修に関する資料が公開されておりますが、何故今になって議論になっているのでしょうか?

    この資料を見れば、東和田の改修、南長野の改修(1万席)に関する費用概算とその内容が分かりますし、J1レベルの改修にかかる費用が大体70億前後かかること、そのメリット・デメリットも一部ですが分かります。これを叩き台にして議論はできなかったのでしょうか。それとも、十分議論はしてきたけど、自分が知らないだけなのでしょうか。

    一刻も早く改修を進めてもらいたいという、チームの意図はあるようですが、利用者の意見を盛り込む場や、設計の瑕疵をチェックする場がないように見えます(費用が高いの安いのというのとは別に)。改修が終わってから、施設の細部について指摘を受けてライセンスが交付されない、あるいは設計上の問題から非常に使いがたいスタジアムになってしまった、という可能性を考えなくていいのでしょうか?

    この期に及んで改修イメージ図すら見えてない現状に、疑問を感じます(大阪はもとより、徳島や京都だってスタジアムのイメージ図ぐらいは公開しています)。
    埼玉県民│URL│09/15 11:54│編集
    オレンジ魂様、コメントありがとうございます。
    パルセイロのサポーターならではの問題意識ですね。
    補正予算案の討論で、そのままパクッて使ってしまっていいですか(笑)
    このような意見を、市民・サポーター・チーム・行政の間で、腹蔵なく話し合う機会が、スタジアム建設の前に必要であったと思います。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│09/15 10:55│編集

    いちサポーターの立場からコメントさせていただきます。
    今、パルセイロの成績・優勝争いが出来るメンバーが居るのは間違いなく監督である“薩川了洋”の存在だと思います。
    彼のメディアでの露出、コメント等でのカリスマ性…指導力…
    主力である宇野沢裕次も彼が、元柏レイソルの繋がりで引っ張ってきました。
    地域リーグからスタメンを変えずにJFLで首位にいる手腕は素晴らしいものだと思います。
    その立役者、薩川了洋が三年後パルセイロに居るのでしょうか?
    昨年JFLベストイレブンに選ばれた、宇野沢、大橋は共に29歳、向に至っても27歳と三年後にはサッカー選手としては高齢です。
    パルセイロのフロントスタッフ、市長及び市議会議員の方々はどうお考えなのかがサポーターとして非常に気になる所です、、
    薩川監督も現在、JリーグのS級ライセンスを取得しに行かれていると聞いています。
    JFLといえど昇格初年度から二年連続優勝争いを演じる手腕を上のリーグのチームが放っておくとは思えません。

    薩川監督なき後はチームは衰退の一途を辿り、チームは勝てず、サポーターの数は激減、後に大きな箱と借金だけが残らぬ様、しっかりしたビジョン、説明を、パルセイロ、長野市長はするべきだと思います。

    長文失礼致しました。
    オレンジ魂│URL│09/14 23:44│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/738-c139a793
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)