昨24日、市議会本会議で、請願・議案等の審議・採決が行われた。
    AC長野パルセイロがホームスタジアムとしている、南長野運動公園総合球技場を、80億円かけて1万5千席規模のスタジアムに整備する事業は、補正予算案に含まれている。
    小泉は、この日2回の討論を行った。そのうち、補正予算案に関する討論は、概ね次のとおり。



    ・AC長野パルセイロのホームスタジアムである南長野運動公園総合球技場整備について、市の説明責任の果たし方と情報公開が、議会の努力にもかかわらず、未だ十分でない。

    ・昨年11月、改修検討業務委託の報告により、60億円・1万席の方針が発表された。 それが基本検討業務委託の結果、今年8月の末頃には、80億円・1.5万席の方針転換が公表された。 60億円・1万席の方針が9か月間続き、方針転換の公表から今日まで、1月に満たない。

    ・パルセイロはスタジアムで戦っていく一方で、今後、市行政は市民理解を得る戦いを進める必要がある。
    AC長野パルセイロは、長野市の経済活性化と、街づくりに十分な存在感を示すチームに成長しうる。育てていくのが、議会と行政の責任である。

    ・このような短期間の審議と十分でない情報で80億円・1.5万席の債務負担行為を認めることは、スタジアム整備という目先の問題は解決できても、チームの継続的な発展に本当にプラスになるのか。市民の支持が得られるのか。3000人以上が常に観戦に来るようなチームに成長できるのかという懸念がある。

    ・AC長野パルセイロのj2昇格の挑戦の闘志に答えるためには、早急なスタジアム整備が必要であるという特別の事情を考慮して、賛成する。賛成するが、今後の事業を進めるについて、考慮すべき点がある。

    ・一つは可能な限り市民・サポーター・チームへの説明と意見聴取を行うこと。
    当初会派への説明では、市民への説明会は行わないと言明していたのが、チームと市が共催して説明会を行うと姿勢を転じた点は評価するが、これは議会の努力によるものだ。今後は、説明するだけでなく、限られた時間の中で、極力、市民・サポーター・チームが整備の意見を述べる機会を作るべき。
    例えば、託児施設がほしいとの市民の声が、小泉のもとにはある。設計上、そのようなスペースがとれるのか。保育士はどうするのか。サポーターの中からボランティアを出して対応するのか、チームが雇用するのか、行政が支援するのか等、例えばこのような問題を、話合う機会が、本来は必要なはずだ。なるべくこういった要望にも、対応していっていただきたい。

    ・一つはチームと密接な関係を。今回、経済波及効果については、長野市からは今後の調査としていたが、パルセイロの小池社長は独自のものを持っているとのことだった。昨年準加盟申請のとき、スタジアム整備についての回答が、市は2016、チームは2014とのこと。連携があればこのようなことはないはずだ。市長は、チームが3年持つか心配だ、心配するのは当たり前と答弁されたが、それでいいのか。そんな市長なら誰でも務まる。心配な点をチームと話し合い、きちんと市民に説明できる体制が必要だ。中長期経営ビジョンについても、いつ示されるのかきちんと把握し、市民に説明するべきだ。

    ・一つは実施設計は、市民が納得する契約であるべき。
    答弁で、80億円は上限であると。であれば、極力圧縮することで、その言葉を実現していただきたい。設計・建設の共同企業体に発注するとのことだが、そのような特殊な契約の手法でも、事業費の圧縮が可能であるとの答弁であった。きちんとそれを実現していただきたい。

    ・特に改修検討業務では、業者の報告書に不備がいくつかあった。この業者が正しく、15000席のスタジアム整備も可能であると報告していれば、昨年の11月から15000席を前提とした市民理解が進んでいた可能性がある。実施設計の発注にあたっては、業務を適切に遂行できる業者が参加し、選定されるべきである。

    ・(9/25思い出して追記)さらに、民間からの寄付等により、6億円を財源に見込む計画となっているが、行政が自ら言い出したことであり、責任をもって、必ず6億円を集めていただきたい。今回の議会では話題とならなかったが、スタジアムにネーミングライツを設定する等の手法もある。

    ・このような急ぎ足で整備することは、本来、長期的な、パルセイロの発展に資するか疑問である。それだけに、今後は市の拙速さがパルセイロの活躍の足を引っ張らないように、十分な市民理解を得ながら事業を進められたい。



    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑


    この日、布目議員からも補正予算案についての討論があった。その中で、小泉が一般質問でとりあげ明らかにした、㈱KRCへの改修検討業務委託・再整備基本検討業務委託の発注について言及があり、信頼性について疑問をなげかけていた。
    関連記事
    コメント:
    Re: 民意様、コメントありがとうございます。
    小泉の文章が、誤解をまねくものであったならお詫びしますが、もちろん、リアルな市民の声もお聞きしております。その上で言うなら、ネット上の世論をはじめとして、匿名の市民の声を無視した政治など、現代ではありえないものと思います。民意様とも、顔を突き合わせたこともないと承知していますが、ご意見は尊重し、意見交換させ頂いているところです。
    スタジアム整備については、今後も市民の合意を得る努力を、厳しく促していきます。

    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/01 17:44│編集
    民意様、コメントありがとうございます。
    > 自ら顔を付き合わせた市民の意見も聞かず、ネットでの情報を民意と判断してしまう議員がこの市にいるとは…。
    小泉の文章が、誤解をまねくものであったならお詫びしますが、もちろん、リアルな市民の声もお聞きしております。その上で言うなら、ネット上の世論をはじめとして、匿名の市民の声を無視した政治など、現代ではありえないものと思います。

    民意様とも、顔を突き合わせたこともないと承知していますが、ご意見は尊重し、意見交換させ頂いていることろです。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/01 13:39│編集

    自ら顔を付き合わせた市民の意見も聞かず、ネットでの情報を民意と判断してしまう議員がこの市にいるとは…。

    結論ありきだと言うことは分かっていたけど、議論ないまま、議会と行政が決断し、未来の子どもたちにツケを払わせることになるのだけは勘弁です。
    民意│URL│09/26 20:46│編集
    残念 さん、コメントありがとうございます。
    そのようなご批判は、当然ありうべきものと思いますし、甘んじて受ける所存です。
    小泉なりに民意の把握には腐心しており、このブログ、SNS、メールなどのご意見を参考にしています。明確にスタジアム整備は不要とするご意見よりも、市の説明責任の不備を咎めるご意見が多いと判断いたしました。今後は、一層強力に説明責任を果たすよう、市へは働きかけていきます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│09/25 21:34│編集

    特別な事情があれば賛成なんですか?充分議論されてないならば、反対若しくは棄権してほしかったです。今後は市議会=民意になるようご努力下さい(嫌みです)。
    残念│URL│09/25 21:03│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/753-dd9b4dd7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)