24日、南長野運動公園サッカースタジアム整備についての説明会・「『スポーツを軸としたまちづくり』市民会議」が、Toigoで開催される。主催は長野市・AC長野パルセイロ。小泉も参加。
    80億円を投じる整備が決まった以上は、クラブの運営に成功してもらわなくてはならない。そのためには、市とパルセイロが密に連携しなければならないと、小泉は9月議会討論で訴えた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-753.html

    また、パルセイロ自身が、市民に説明する必要があると、強調してきた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

    しかし。この日も、どうもチグハグな印象。市長はスライド映写と配布資料で説明したが、パルセイロは配布資料なし。市民に分かりやすく説明しなきゃならんから、配布資料も用意しようと、お互いに連絡をとりあってほしいところ。パルセイロは、発信力を高めていただきたい。
    さて、パルセイロ小池社長は、議会が示せと質した経営ビジョンを、スライドで図示しながら説明した。

    経営ビジョン

    J2昇格を2015年としているが、改修後のスタジアム供用開始は2016年ではなかったか。まあ鷲沢市長は、工期の短縮を示唆してはいるが、矛盾はないのかな。
    また、長野市の資料では、「Jリーグ昇格後のチーム運営のことも考慮すると、5,000人から6,000人の集客力が必要になります」とある。それに対し、図では、平均動員が2013年・2014年ともに3,000人となっている。J2昇格を予定する2015年の直前の2年間が、J2基準ぎりぎりの3000人というビジョンは、ちょっと消極的。長野市の要望に応えていただきたい。
    パルセイロのスポーツディレクターである足達勇輔氏による若年選手の発掘と育成の話は、聴衆を引き込む力があるものだった。

    足達氏

    こういう人物に、パルセイロのスポークスマンをやらせればいいのになあ。鷲沢市長に言わせると、足達氏の「(ユースの)スクールを3か所造るといった話は、初めて聞いた」そうだ。チームの強化・育成方針ぐらい、事前にレクチャーしてくれとかしましょうとか、言い合える関係にないらしい。
    市とパルセイロのトップが、ビジョンを共有できていないのではないかという小泉の懸念が、払拭される説明会でなかったのは、残念。しっかり連携していってほしい。

    議会で質されたパルセイロのJ2昇格に伴う経済効果について、市は「県内への経済波及効果は、年間13.6億円」との試算を公表した。だが配布資料への記載は、たった3行。そこで今朝、公園緑地課に請求して提供されたのが、次の資料。

    SCAN0002et.jpg
    SCAN0003et.jpg
    SCAN0004et.jpg

    こういう資料が出てきたことは、よいことだ。たたき台がないと、たたくこともできない。では、評価してみる。

    ●平均動員数は5,000人の前提で試算されているが、長野市自身が配った資料には、「J2発足以降にJ2に昇格したクラブの平均観客数は約4,500人」と書かれている。5000人という前提の根拠は何だろう...
    →これは、まだかわいい。

    ●5000人のうち10%に当たる500人もが宿泊すると見込んでいるが、過大ではないか。ちなみに、先にJ2に上がった山雅についての同様な試算では5%。
    ●「所属選手・スタッフによる日常的な消費」として、生活費1ヶ月20万円と見込んでいる。同じく山雅では15万円。パルセイロは、レディースの人数も合わせて算定しているので、馬鹿にならない
    ●トップチームがJ2に上がると、レディースも平均動員が300人から500人に上昇し、そのうちやはり10%が宿泊する...ホント?
    ●レディースだけでも9000万円の波及効果があるとしているが、適切なのだろうか。女性の競技を下に見るつもりはないが、興業として成立が難しいのは、現実だろう。

    「経済波及効果なんて取らぬ狸の皮算用なんだから、山雅とパルセイロの算定方法に細かい違いがあったって、しょーがないんじゃないの」

    そう思う読者は、ちょっと待ってほしい。実は、山雅とパルセイロの経済効果を試算したのは、SCOPと称する同じNPOが調査しているのだ。
    http://npo-scop.jp/
    山雅の経済効果試算の資料。

    SCAN0006et.jpg
    SCAN0007et.jpg

    山雅の調査は2011年12月。それから1年も経っていない。しかも、なぜか、どれもパルセイロの経済効果算定額が多くなる方向に違っている。不思議な現象で、どういう根拠でこうなるのか。
    と、疑問は感じながらも、貴重な資料であることには間違いない。精度が未詳であったとしても、割り引いて考えればいい。
    13.6億円という数字よりも重要なのは、現在の、JFL所属のパルセイロの経済波及効果との差だろう。ざっと8億5千万。この半分弱の4億円が、J2に上がったパルセイロによる、正味の経済波及効果と仮定してみよう。年利回りは5%となる。つまりこれが、80億円の投資効果ということだ。低金利の世の中にしてみれば悪くはないようにも見えるが、投資額を回収するのに20年かかり、その間に維持費・修繕費も発生するだろう。リスクを考えると、割に合うかどうか。

    ところで、80億円の財源構成は、次のようになっている。

    ・国からの交付金  38億円
    ・市債(公共事業等債)  32億円(交付税措置率20%→6億円)
    ・その他(寄付金等の民間資金)  6億円
    ・一般財源 4億円

    このうち、市が自分の財布から出す金は、ざっと次のとおり。

    ・【市債の償還(32億円-6億円)】+【一般財源(4億円)】=30億円

    この30億円をベースに考えると、年利は13.3%。投資額回収に、8年となる。それでも高リスクではあるが、パフォーマンスは悪くない。雇用も生まれる。SCOPの試算には、パルセイロがさまざまな媒体で露出されることで「長野」の知名度が向上する宣伝効果は含まれていないから、実質的な経済効果は、もっと高くなる要素もある。
    こうした考え方に対しては、いろいろな反論が予想されるが、長野市に強いサッカーチームがあるなら、街の活気に活かすべきだと、小泉は考える。
    しつこいようだが、パルセイロの本拠地整備に80億円を投ずることは、ハイリスクだ。それを十分に自覚し、リスクを乗り越えて絶対に成功さるという信念が、行政・パルセイロと、予算支出を認めた議会には必要だ。

    最後に、胸に強い信念を抱きつつ、市民の質問を、横むいて足を組みながら聞く、鷲沢市長の図。
    IMAG1440et.jpg

    お疲れ模様。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:

    ガンバ大阪が1億円しか集められなかったというのは虚偽ですね
    企業から95億
    個人から3億8000万集めてます
    書き込みなされた当時でも両方併せて90億集まってます
    国などからの補助金も文部科学省管轄のtotoから30億あります。
    長野も同様に補助されるでしょう

    批判するのであれば、まともな情報を持って批判しましょう
    ガンバの募金額│URL│04/21 20:14│編集
    長野市民様、コメントありがとうございます。
    ご理解いただきありがとうございます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│11/10 15:09│編集

    傍聴者ならリラックスしていいんですねぇ
    まことに身勝手な持論ですね
    批判だけしていれば市議会議員でいられると思っておいでのようですね、なぜ長野県庁で相手にされずにご退職になられたのかよく理解できました。

    あなたには謙虚さがない。
    長野市民│URL│11/08 23:51│編集
    赤猫様、コメントありがとうございます。
    情報ありがとうございます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│11/02 10:18│編集
    町田の観客数
    今年の町田の観客数は20試合の平均で3452人で、ここ数試合は2500人程度。詳しくはJリーグ公式サイトの公式データを参照ください。
    http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j2&genre=Cattendance&d=j2&t=c_visitor&y=2012
    赤猫│URL│10/31 19:37│編集
    赤猫 様
    町田の今年の動員は、どんななんですか?
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/30 22:54│編集
    (匿名)様、コメントありがとうございます。
    どの図面を見ておっしゃられたのかは分かりませんが、恐らくそれは参考程度のものだろうと思います。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/30 21:43│編集

    こんにちは、blogを興味深く拝見しております。
    町田ゼルビアのJ2昇格前に下記のような経済効果試算があったのをご存じですか?
    J2昇格により平均観客数が5千人で経済効果は13億4600万円
    http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000341112140001

    あまりにも長野市の試算と金額が近いのが気になります。
    また、町田の今年の実績は試算に遠く及ばないのもご存じの通り。
    今のままでは、町田の二の舞が目に見えるような気がしますが、大丈夫ですか?
    赤猫│URL│10/30 20:19│編集

    スタジアムの外観が公表されましたが、これをベースに試算されたんですかね。
    新スタジアムの割りには屋根の規定を満たしていないし、将来に向けての増築もできそうにない。
    何より旧態然の競技場の設計で、これじゃあ1万人の安定集客は難しいです。
    長野市は、今更こんな球技場を80億円もかけて建築するつもりなのでしょうか?
    現在の南長野球技場がベースなのは解りますけど。
    小泉一真.net 匿│URL│10/30 17:58│編集
    ysys様、コメントありがとうございます。
    そうですねえ。負の要素までプレゼンしてくれたら、たいしたものですが。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/29 19:25│編集
    埼玉県民様、コメントありがとうございます。
    南博氏の「プロサッカーチームが北九州市に与える経済効果に関する研究」を見つけまして、なかなか興味深かったです。
    http://www.hminami.jp/research.html
    県内人口と経済波及効果の相関性を論じている部分がありまして。読んでみてください。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/29 19:22│編集

    たいへん興味あるブログ、少々引用させてもらいました。多額の税金を使う以上、市民への説明は不可欠。でも、バラ色(オレンジ色?)の未来を強調したくなるのでしょうけど、やはり、良いところも悪いところも情報公開した上で計画を進めてもらいたいと感じました。どこの行政でも、計画説明って、どうしてこういう形になるんでしょうね?コンサルタント会社の介在の匂いがプンプン。
    ysys│URL│10/29 14:51│編集

    まー、下のコメントにもいろいろ書いてありますが、この試算は多分「全てが出来すぎなぐらいに上手く行って」この程度、と捉えるべきでしょう。実際の経済効果がどれくらいかは、J2の球団を持つ都市に問い合わせた方がいいかもしれません。

    ただ、遠方から通うアウェーの客からすれば、長野新幹線ある限り、長野市にあまりお金を落とそうとは考えないでしょう。
    例えば、東京を8時に出れば長野に着くのは10時過ぎ、13時キックオフのゲームに十分間に合います。また、長野発東京行きの新幹線の終電は21:46、18時キックオフのナイトゲームでも悠々帰ることができます。(19時キックオフでぎりぎり間に合うか?)
    パルセイロ昇格で最大の受益者はJR東日本、とかいうことになりそうですね。いっそ寄付はJRに問い合わせた方がいいのでは?

    それはともかく、国からの補助金38億を出す側(まだ決まったわけではないけど)としては、関係者以外の関心の薄さの方が気になります。「何か知らない間に箱物が建って借金だけ増えた」とブーたれられるなら、むしろ別のことに使いたいんですけど。震災だってまだ復興途上ですし。
    埼玉県民│URL│10/27 12:19│編集
    長野市民様、コメントありがとうございます。
    質問する市民に正対せずに横を向いたままの市長の姿勢は、質問への無関心を感じさせるに十分なものでした。フツー、質問を受ける側、主催者の側は、そういう態度はとらないものです。
    小泉は参加者ですから、多少リラックスしてても、許されたし。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/27 09:47│編集

    足を組んでふんぞり返って聞いていたのは何も市長だけじゃなく小泉さんも足組んでましたよね?
    やめましょうよ、そういうくだらない批判は。
    長野市民│URL│10/27 08:51│編集
    (匿名)様、コメントありがとうございます。
    > 荒唐無稽な計画が意外とすんなりと進んでいることは、逆に市民の長野パルセイロへの関心の無さの裏返しではないのでしょうか?

    おっしゃるとおりだと思います。説明会を20時50分まで延長して市民の質問に答えると、主催者は説明会の途中でアナウンスしました。が、20時40分ころに質問が出尽くしてしまい、閉会となりました。
    市長は、説明が不足しているようなら、2回以上説明会を開くと言っていましたが、これでは...

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-763.html
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/26 21:52│編集
    通りすがり 様、コメントありがとうございます。
    > 国土交通省の「都市公園事業費補助」という制度を利用するそうですが、南長野運動公園にはすでに都市公園法に定められた建蔽率を大幅に超える建築物がある事。

    この件、存じておりませんので、出典をお示しいただけませんか。市の改修検討業務では、法制上の問題はクリアできるとのことでした。
    すべからく事業には、大なり小なりのリスクを伴います。ですから、リスクがあること自体は、事業をするべきでないという理由にはなりません。
    小泉の考える「盲目的」とは、リスクがあることを理解せず、それに応じた策を取ろうとする意識を持たない人々のことです。事業を推進する立場にしろ、反対する立場にしろ、「盲目的」な人々はいます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/26 21:33│編集

    説明会への参加者が300名にも満たないことが驚きです。

    荒唐無稽な計画が意外とすんなりと進んでいることは、逆に市民の長野パルセイロへの関心の無さの裏返しではないのでしょうか?
    小泉一真.net 匿│URL│10/26 19:20│編集

    いや、十分「盲目的」だと思いますよ。

    例えば「その他」の部分の6億円。
    観客動員数年間平均16000人(2011年)のJ1ガンバ大阪も同様に新スタジアム建設に寄付金を募ったところ、1億円しか集まらなかった事。
    ガンバ大阪にはできないけどパルセイロには出来るという根拠っていったい何ですかね?

    さらに国からの補助金「38億円」の部分。
    国土交通省の「都市公園事業費補助」という制度を利用するそうですが、南長野運動公園にはすでに都市公園法に定められた建蔽率を大幅に超える建築物がある事。

    FC岐阜や町田ゼルビア、ガイナーレ鳥取など、経営的に苦しんでいるクラブからは聞き取り調査はしましたか?
    松本山雅はかなり特殊な例だと思いますが・・・
    観客もJ2の1年目は平均して4500人ぐらい入ってますが、2年目はどこも苦戦していて、JFL時代以下のところもありますよ。
    パルセイロには出来るという根拠ってどのあたりですかね?

    こんなの調べればすぐにわかる事だと思いますので当然ご存知ですよね。
    もしご存知なかったと仰せなら、そういうのを「盲目的」と言うのではないですかね。
    通りすがり│URL│10/26 19:04│編集
    ぷーすけ 様、コメントありがとうございます。
    経済効果試算は、あくまで試算。おっしゃるとおり、様々な方途を工夫して、実際の経済波及効果を高める努力をしていかなければなりません。そういう発想が、長野市には必要だと思います。
    市役所内外を含めた横断的なプロジェクトチームを作り、パルセイロ支援策と経済活性化策を協議していくような仕組みが必要。ただそういう組織があるというだけに終わらず、本気で取り組む覚悟も必要。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/26 13:41│編集
    非長野市民様、コメントありがとうございます。
    > 小泉議員もパルセイロについては盲目的に応援されているようですが、いつものように疑ってかかることも大事かと思います。

    盲目的って(絶句)。そうみえるのかしらん。AC長野パルセイロの件では、その成功如何に市議会の中でも最も危機感をもってチェックしていると、自負してるんですが。経済波及効果の積算根拠について、山雅のそれと比較してみるなんてことしてるの、日本中で小泉だけだと思いますよ(多分)。

    ただし、お言葉はありがたく受けとめ、今後の活動の糧とさせていただきますね。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│10/26 13:34│編集

    貴重な資料のご提示ありがとうございました。

    市単独や長野市内の企業による試算ではない分、
    信用性はあるのかなと個人的には思います。
    レディースを差し引けば、松本山雅より全体的に下回るので
    まぁこんなものかなという印象を持ちました。

    小泉さんがご指摘のような試算が下振れ要因もありますし、
    逆に上振れするものもあるかもしれません。
    宿泊客も宿泊客≒アウェイの観客とすれば、
    ある程度固定客なところもあるので、
    全体の観客数に見た比率ではなく、500人という数だけ見れば
    それなりに合理性もあるんじゃないかなと思います。

    サッカー、パルセイロばかり注目されていますが
    ラグビーやアメフトもできる球技場なのですから、
    他の球技での利用促進もあわせて考えて
    効率の良い投資回収につなげてほしいですね。
    ぷーすけ│URL│10/26 10:09│編集

    不思議な点がいくつか。

    ・国からの交付金38億円が必要な根拠と38億円が支給される根拠がまるでない
    ・宿泊客(おそらくアウェイサポーター)500人の根拠→松本と違い、新幹線が通っているため日帰り客はさらに多いのではないか?新幹線開通後の市街地の状況を知らないとでもいいんでしょうか?
    ・なぜ老朽化著しい東和田ではなく、完成して10年強しかたっていない南長野ほぼ新設状態で改修するのか。

    他にも8万数千人分というスタジアム改修請願署名の有効性や、現在の観客動員数(いろいろな噂あり)、パルセイロフロントの顔ぶれ(小泉氏がある意味喜びそうな経歴がわんさか)など突っ込みどころは満載ではありますが。
    小泉議員もパルセイロについては盲目的に応援されているようですが、いつものように疑ってかかることも大事かと思います。

    追伸:山雅については行政の視察は無意味と知り合いのサポーターが言っておりました。(サポーターから直接話を聞いたほうがいいらしいです)
    非長野市民│URL│10/26 09:03│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/782-099adad0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)