長野市民新聞10月30日号の投書欄に、「疑問を感じる80億円もの投資」との投稿。


    ある市議のブログによれば、市はパルセイロのビジョン、費用対効果など、税金を使うにふさわしいかいについて何ら情報を集めていないとも指摘している。


    ...これって、「小泉一真.net」のことだよね?


    8月6日付で小泉が情報公開請求したところ、「チームの経営・成績・強化に関するもの」及び「ホームゲームの観客動員数の実績及び今後の見込みに関するもの」等、死活的に重要な情報を、市は持っていなかった。
    そのため、市の通知書は「行政情報不存在決定通知書」とのタイトルで、「行政情報が存在しない」と書かれている。


    これらの情報については、9月議会でも明らかにされなかった。10月24日の市民会議で、パルセイロから明らかにされた。経済波及効果についても、長野市からも発表があった。





    だが、この図は過去のサポーターカンファレンス等で、すでにパルセイロが示したことがあるらしい。経済波及効果についても、パルセイロ独自の試算を持っていると、9月議会前の聴取で小泉は直接小池社長から確認している。
    80億円を投資する以上、市はパルセイロと連携を深め情報を共有せねばならないはずが、そうなっていないのが、小泉には歯がゆい。

    10月24日の説明会で、市長は「スタジアム整備に80億円を投資するのは、パルセイロのためではない。長野市の品格のためだ」との趣旨を、市民からの質問に対して答えている。詭弁であると同時に、当の小池社長の前で語るべき言葉でもない。AC長野パルセイロがなければ、スタジアム整備事業が行われなかったのは明らかだ。現にスタジアム整備の説明に際し、市長はパルセイロについて言及したし、説明会はパルセイロとの共催であり、市長に続いてパルセイロ社長とスポーツディレクターが講演した。

    「スタジアムはパルセイロのJリーグ挑戦を念頭に整備する。スタジアム整備はパルセイロに必要であり、パルセイロのJリーグでの活躍は長野市にとって必要である。だから投資する」


    小泉が市長なら、そう言い切る。スタジアム整備を決めておいて、予め責任の逃げ道を用意しておくとは何事か。決めた以上は、責任を負うのが市長の務めであり、市長の品格だ。スタジアム整備はパルセイロのためではないなどと目の前で言われては、小池社長だって立つ瀬がない。
    市長は、心のそこでは、パルセイロの活躍を信じていない。だからパルセイロのJリーグ昇格が難航した場合を想定して、パルセイロのためのスタジアムではないと言い、「これから3年間本当に今のチームを維持できるか心配している」などと軽々に言う。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-738.html

    市長は、パルセイロを信じろ。あなたがそんなことを言い続けていては、市民は80億の投資効果を信用できない。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑

    関連記事
    コメント:
    非長野市民 様、コメントありがとうございます。
    批判とは、根拠があってこそのものです。根拠のないものは、世の中では中傷と呼ばれています。
    きちんとしたロジックによるご批判は、喜んで承っております。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│11/02 21:53│編集

    安達氏のことは存じ上げません。いくら聖人君子でも属する組織によっていくらでも変わります。
    批判ととらえるなら結構。私の周りの長野市民が素朴な疑問を書いただけですが、それを批判として受け止められるのであるなら、このブログの意味などありませんね。
    あなたとは、議論を交わすつもりはないのでここへは2度と書きませんが、最後ににこれだけは言わせてください。

    「市民は市長とパルセイロを信用しない」

    2013年に箱モノ行政にピリオドを打つまっとうな市長が選ばれることを祈ります。
    非長野市民│URL│11/02 19:53│編集
    非長野市民様、コメントありがとうございます。
    小泉は、過去パルセイロの役員構成について、ブログ等を含めて見解を公表したことはありません。例外はスポーツディレクターの足達氏ですが。非長野市民様のご批判は、このことを仰っているのでしょうか。判然としません。日本国は憲法で言論の自由が認められていますが、他人を批判する場合は、根拠を示すのがマナーであると存知ます。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│11/02 10:24│編集

    残念ながらパルセイロの役員構成を見て何も思わないどころが、まさしく盲目的に応援されている小泉議員にも疑問を持たざるを得ません。
    社長が市からの天下りであることや役員の中に市長の子息がいることを見れば、ごく一般的な市民は「クラブと市長は裏で癒着してるんじゃないか」と訝しがることでしょう。

    小泉議員はその部分を追及するのではないかと期待しておりましたが、残念です。
    非長野市民│URL│11/01 20:53│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/789-fec3de3e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)