「城山公園自然生態観察園"ホタル公園"」(別名「下水道で作る親水の郷"善光寺ホタル郷")が、1億8千万円以上をかけて整備されながら、今では荒れ放題になっていると、以前に書いた。
    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-664.html

    その後、この件について触れる機会がなかったので、報告しておきたい。実は、活用再開は「ちょっと容易ではなさそうだ」と書いてしまった小泉だが、公園緑地課の対応は予想以上に早く、すでに見違えるようにキレイになっているのだ。
    写真は、今年10月19日、同課の手配で、現地を再び調査したときのもの。
    ホタル公園1

    ホタル公園3

    朽ちていた橋がすっかりきれいになり、ジャングルのように行く手を阻んでいた倒木が、片付いている。おかげで、7月の時点で進入できなかった、いちばん奥もみることができた。昆虫のレリーフを施した水辺の演出は見て楽しく、これが埋もれていたとは、まったく惜しい。
    ホタル公園2

    夏は、水辺と木陰の、いい涼み場になると思う。今後の活用について、12月議会で質問したところ、次のような答弁が返ってきている。

    ・平成25年度から一般開放する予定。ただし、夜間及び冬期間は安全確保が困難なことから閉鎖
    ・せせらぎが聞こえる水路を中心に整備された施設であることから、水と触れ合える親水空間として、また憩いやいやしの空間として利用されるよう、今後は維持管理に努める
    ・(学校教育と連携して、ホタルがとりもどせないかとの質問に)沢が深く、子供たちがホタルの生育に関わるには危険が伴い、場所として適さないのではないかと判断
     
    ...小泉も、すぐにホタルが戻るところまでは期待しないでおこうと思っていたのだが、あまりにきれいになったので、ぜひホタルに帰ってきてもらいたいと思うようになった。沢が深いというのは、堀切沢の部分で、親水公園の中の水路は、くるぶし丈くらいしか水流がない。何とかならないものかなあ。第一、名前に「ホタル」と入っているし、手すりとか歩道のタイルとか、付近は沢山のホタルのモチーフで飾られている。これでホタルがいなのでは、何か寂しい。いい知恵はないものか。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/848-bec23410
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)