shootings.jpg

    「...まあ山雅のサポーターのために、15000席に整備するようなものですから...」
    https://mobile.twitter.com/kazumakoizumi/status/279385691140521984?p=p

    これは、昨年12月14日、小泉のツイッター上の発言からの引用。この発言の真意を問われたので説明したい。小泉も、そのうちに説明しようと思いつつ果たせていなかったので、ちょうどいい。
    初めに言っておくけど、これは飽くまで「ようなもの」というレトリック。南長野スタジアム(南長野運動公園総合球技場)は長野市の施設であり、長野市民のものであり、AC長野パルセイロがJリーグに昇格するに必要な基準を満たすホームスタジアムとして、80億円をかけて改修されるのである。...まー市長は「パルセイロに 80 億円をかけるのではない」と言っているが。
    http://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/43466.pdf

    市が、2011年に東和田の運動公園陸上競技場と南長野スタジアムを天秤にかけ、後者に場所を決定した当時は、1万人収容となっていた。これはJ1基準は満たさないが、J2基準には対応する。ところが、昨年6月議会で市が1.5万人収容案で検討していることが明らかに。8月には1.5万人収容が市の方針として定まり、補正予算案が9月議会で承認された。
    ところで、その1万5千人収容可能なハコが整い、J2に上がった暁に、我らがAC長野パルセイロはどの程度の動員力を有しているのだろうか。5千人と、球団は見込んでいる。
    ACNP資料7

    「中長期ビジョン成長概念図」では、2015年にチームはJ2に上がり、その最初のシーズンの平均入場者数を5000人としている。この点からすると、パルセイロがJ2に昇格したとしても、1万人収容規模で十分。1.5万人はオーバースペックともいえる。
    ただ、例外は先にJ2に上がった松本山雅との試合。1万人を超える収容力が必要とされる機会は、現在9千人というJ2屈指の動員力を有し、県内の比較的近距離にあるこのチームとの試合に、当面の間は事実上限られるのではないか。
    というわけで、1万人ではなく、1.5万人規模に改修するのは、山雅のサポーターを収容するためにそうするようなものであるというレトリックが成立することになる。
    山雅との試合では、ホーム側パルセイロの倍に近いアウェイ側サポーターを迎えての試合になる可能性がある。緑のユニフォームを着た観客の入場規制でも行うのなら、別だが。パルセイロの選手からしてみれば、ホームの試合ではあるが、アウェイでやるようなものだ。これは選手のメンタリティに不利な影響を与えるだろう。山雅サポーターにしてみれば、敵地を緑で埋め尽くした応援で圧倒して勝てば、これ以上うまい美酒は飲めないだろうと奮起することだろう。ますます山雅サポーターのための、1.5万人収容ではないか。

    そうならないように、あるいはそこから早く抜け出せるように、我々は努力していかなければならないのだ。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    匿名様、コメントありがとうございました
    > また個人的には
    > ツイッター上や小泉さんのブログのコメ欄などで
    > 色々と議論(喧嘩に近いかも?)がでてくる今のような状態は
    > 非常に大切な貴重なものだと思います。
    >
    > 賛成、反対、多種多様な意見をそれぞれぶつけあう
    > それが結果的にクラブへの愛着や、長野市への愛着へとつながっていくのではないでしょうか。

    ありがとうございます。ご説ごもっともです。摩擦がないと、歩いて前に進むこともできません。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│01/22 00:06│編集
    埼玉県民様、コメントありがとうございます。
    プロポーザルの選定が2月12日で、この時点でコスト面の大略は判明すると思われます。
    長野市が寄付金集めに本腰を入れるのは、それからになるようです。期限を設定するとか、スケジュール感をもってよびかけたほうがいいのではないかと考えていますが、さて。
    小泉一真(こいずみかずま:長野市議)│URL│01/22 00:02│編集

    >そうならないように、あるいはそこから早く抜け出せるように、我々は努力していかなければならないのだ。

    ホントそう思います。

    アルウィンも設立当初は無駄なもの・・・と思っていました。
    (実際、県の目安箱にもそのような旨の投稿がされていたと記憶しています。)
    それでも山雅のクラブやサポーター、
    関係者のみなさんの地道な努力でここまできて
    結果的には無駄なものとは言えなくなりました。

    南長野も同様だと思います。
    どうしたら球技場に足を運んでいただけるか
    またどうしたら来ていただいた方にもう一度来てみたいと思ってもらえるか
    そういったことをクラブやサポーター、スポンサー企業
    また積極的に長野パルセイロを支援しようとされている行政が
    同じような方向を向いて考えられたらいいですね。

    また個人的には
    ツイッター上や小泉さんのブログのコメ欄などで
    色々と議論(喧嘩に近いかも?)がでてくる今のような状態は
    非常に大切な貴重なものだと思います。

    賛成、反対、多種多様な意見をそれぞれぶつけあう
    それが結果的にクラブへの愛着や、長野市への愛着へとつながっていくのではないでしょうか。
    小泉一真.net 匿│URL│01/21 09:45│編集

    J2ならJ1から降格したチームが来るし、スタジアムの容量がでかくなれば新潟のような招待券戦術も使えますから、別に山雅だけに期待せずともいろいろやりようはあるでしょう。
    ただ、J2にカテゴリが上がっても、「観客動員が増えるとは限らない」ということについては注意が必要です。

    ところで、市議会議員の立場からすると、そろそろ建設費の工面が計画通りに行くか、というところを本気で心配する時間帯ではありますまいか。
    例えばTwitterで何度か言及されているようですが、募金で集める6億、これは市内企業を中心に、お金を集めるプロジェクトを大々的に進めなければいけないでしょう。ガンバ大阪が建設するスタジアムでも個人からの募金は1億3000万程度で、法人からの募金75億に遠く及びません。あまり一般からの募金をあてにしてはいけないのです(あてにしていないでしょうけどね)。
    検索すればすぐ出てきますが、一応ソースはこちら。
    http://www.field-of-smile.jp/

    国からの補助金も全額出る見込みがあるわけでもなし、募金も大したことがない、だから足りない部分は市債や県債で賄おう、とかいう方面に転ぶことを危惧します。外野からの意見ですけど。
    埼玉県民│URL│01/21 07:24│編集
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/870-88dd000d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)