...と題して、1月17日、小泉が、「発言力のある」AC長野パルセイロサポーターに企画書を示し協議しようと試みた事象をめぐるツイートをまとめた。次のアドレスがそれ。
    http://togetter.com/li/442025

    企画書はこちら。
    北信コラボ 
    https://docs.google.com/document/d/1AgAOqsivk2xNJ8ZE3N-2dg4T_Cb7_pYZUSo97a8RuBk/pub


    「AC長野パルセイロの偉いサポーターさんとお話する機会を得る。ブレイブウォリアーズやグランセローズとの連携の必要性を訴え、用意した資料をお見せすると激怒なされたが、その理由が不明。果ては小泉のツイッターの内容が気に入らない、20年の歴史を学べとのご教諭。その場を辞去し帰った」
    https://twitter.com/kazumakoizumi/status/291916067478061056


    との今月17日23時過ぎから始まるやりとりは、3日間で延べ閲覧数7000を超え、このブログ以上にアクセスを集めている(笑)。
    ごらんの通り、一部のパルセイロサポーターから小泉が快く思われていないことが察せられる。不徳の致すところだ。しかし、「小泉一真.net」読者からすると、これはやや意外なのではないか。南長野運動公園スタジアム整備とパルセイロについて、市民による議論の果ての理解を得るべく、情報提供と説明を繰り返してきた小泉を、読者はご存知であられる。
    今回ツイッター発言をまとめたのも、皆が見ている前で言いたいことを言い合い、その結果としての相互理解を求めたからだ。が、小泉に反発するサポーターたちの、表面上の反応は薄い。小泉に向けては反論せず、陰口を叩いている様子が、「まとめ」から読み取れるだろうか。
    陰口ぐらいなら可愛いが、この件を発信し始めた翌18日午前2時ごろ、サポーター団体と小泉の共通の知人を介して、ツイートをやめさせろと圧力をかけるための電話が掛かってきている。非常識な時間帯の電話には出なかったのだが、後から趣旨を確認したらそういうことだった。政治家の信念に基づく発言をストップさせようというなら、それ相応の理由が必要だ。陰で影響力を行使するのではなく、表で、たとえばツイッター上で、その理由を表明していただきたかった。

    ところで、ツイッター上で発言したように、件の企画書と同じものを、サポーター団体としてはいちばん大きいHinchada Naganoの代表古川康平氏に、手交してある。ツイッター上でも意見と協力を求めているのだが、今のところ反応はない。上を目指すチームのサポーター団体は、市民の一定の敬意と注目の対象であり、社会的責任があると思われる。協力したくないなら仕方がないが、その合理的理由ぐらいはアナウンスしていただきたい。
    http://twitter.com/kazumakoizumi/status/293029517616893956

    成り行き上、小泉が単独で企画実現の可能性について模索している。ツイッター上の反応は好意的だが、重要なのは各球団の意思で、それによっては実現できない結果も十分ありうる。

    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした
    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    ↑  CLICK!!   ↑
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/875-a10774a1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)