3月議会最終日の25日、東京都のオリンピック招致活動を支援する決議案が提出され、小泉は賛成討論した。概要次のとおり。


    言うまでもなく、長野市は1998年冬季オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会のホストシティでありました。
    「オリンピズムとその諸価値に従いスポーツを実践することを通じて若者を教育し、平和でよりよい世界の建設に貢献する」とオリンピック憲章に規定されるオリンピックムーブメントは、ホストシティたる長野市が守り、広める責務があります。
    長野市の大会運営やボランティア活動における質の高いホスピタリティ等は、当時サマランチIOC会長から、冬季オリンピックとして最高の大会であると評価されたものであり、この経験を伝え生かす機会が身近にあるならば、長野市はそれに関わるのをためらうべきではありません。
    かの大会期間とその前後、日本の中心は、長野市でした。いや世界の中心として世界の耳目を集め、友好、親善、平和のセンターとしてアピールを発信し続けました。
    長野オリンピックから始まった一校一国運動は国際交流の道として高く評価され、その後のオリンピック大会に脈々と受け継がれております。また「長野オリンピックピースアピール」の運動により、対人地雷の廃絶と被害者救済を強く世界に訴え印象付けました。さらにオリンピック停戦により、大会期間中は軍事行動が回避されたと言われます。
    日本をとりまく諸状況を見ますと、領土を巡る諍いや、国際協調に背く兵器開発の疑い等による事象が、わが国のみならず周辺諸国にまで、不安と不信を及ぼしております。今、日本とその周辺地域に必要であるのは、まさにオリンピックの平和と友好の精神ではないでしょうか。
    このような時期において、東京都がオリンピック招致活動を行うのは真に時宜に適うものであり、長野市がこれを支援し、また全面的に協力するとの決議案には、全面的に賛成するものであります。


    共産党長野市議団による反対討論ばあったものの、決議案は次の通り可決された。


    第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会の東京招致を支援する決議

     オリンピック競技大会及びパラリンピック競技大会は、世界中から選手が集うスポーツ競技大会であり、参加する人々の交流を通して世界の友好と親善に大きく貢献してきた。また、そこで繰り広げられるスポーツに打ち込む選手のひたむきな姿や高い技術は、世界の人々に、夢と希望と勇気を与えてきた。
     本市では、1998年に第18回オリンピック冬季競技大会、第7回パラリンピック冬季競技大会を開催し、スポーツが人類共通のすばらしい文化であることを実感することができた。オリンピックの財産を後世に伝え、子供たちに夢と希望を与えるため、オリンピックムーブメントの推進を図っていくことがオリンピック開催都市としての責務である。
     我が国は、現在、東日本大震災からの復旧、復興に取り組んでいる。 2020年にオリンピック・パラリンピック両競技大会を開催することは、復興に向けて歩む人々にとって大きな力となるとともに、復興に向け全力で取り組んできた日本の姿を世界に示し、世界中から寄せられた支援に対し感謝の気持ちを表す機会ともなる。 
     よって、長野市議会は、2020年に開催ざれる第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会の東京開催を心から望み、招致活動を支援し、また全面的に協力するものである。 
      以上、決議する。   
     平成25年3月25日
                        長 野 市 議 会


    ただし、共産党の討論にも類似の指摘があったのだが、「大会を開催することは、復興に向けて歩む人々にとって大きな力と」なり、「復興に向け全力で取り組んできた日本の姿を世界に示し、世界中から寄せられた支援に対し感謝の気持ちを表す機会ともなる」というレトリックは、牽強付会じゃないかなあという気はする。東京都も被災したとはいえ、復興に向けて歩む人々の大部分は、ホストシティたる東京都の住民ではない。東京都のオリンピック開催が、彼らの大きな力となるというのは、本当だろうか。また、復興に向けて取り組んできた日本の姿を世界に示すというが、本来オリンピックは都市が開催するものであって、東京都の開催が即ち東北地方を含む日本の姿勢を示すことになるというのは、オリンピックの精神からしてどんなものだろうか。被災地の人々は世界に向けて謝意を述べたいかもしれないけれど、東京都にその役割を任せたのだろうか。招致活動に震災を政治利用することは適当だろうか。
    とはいうものの、小泉は東京招致自体には賛成だから、この論点には触れずに討論した。
    もっとも、このようなレトリックは長野市議会ではなく、東京オリンピック招致委員会の発案によるものだ。長野市議会は、東京都が利用しやすいように決議案を整えたに過ぎないと小泉は解釈している。
    http://tokyo2020.jp/jp/message/



    ご高覧ありがとうございます。お疲れさまでした。

    にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野(市)情報へ
    関連記事
    コメント:
    コメント:する












    管理者にだけ表示を許可する?

    トラックバック:
    トラックバック URL
    →http://koizumikazuma.blog.fc2.com/tb.php/944-64ed60d6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)